2012年08月19日

「納豆ダイエット」もあながち嘘ではないかも?

今回の土日も、満員御礼で休む間もない状況でした、まあこうやって無事終わってしまえばホッとします。

例によってお昼ごはんを食べてなかったので、いつものように繁華街に繰り出して・・・って思ったのですが、ここ2週間ほどちょくちょく暴飲暴食がおこなわれているので、今日はおとなしく家で健康的な夜食にします。

健康的と言われて私がパッと思いつくのは、やはり「納豆」ですね。良質なたんぱく質も補えるし、納豆菌は食べたものの糖質やたんぱく質も分解するので消化も助けます。そして、何と言っても「血液サラサラ効果」は絶大で、心臓の薬(血液抗凝固剤、ワーファリンとかですね)を飲んでいる方は食べれないほどです。

K3400213.JPG

今回は「おかめ納豆 4パック詰」2つを買ってきました、かなりの量があります。製品の納豆でいつも思うのが、「もうちょっと大きい容器に、まとめて入ったのが売ってないか?」って事です。少しずつ食べる方にはよいのでしょうが、私のようにまとめて使う場合は、1つ1ついちいち開けないとだめなので面倒です。

さあ、そんな面倒な思いをして、

K3400214.JPG

「納豆丼」を作りました!、入っているのは納豆オンリーです。私は付属のかつおだし味のタレは合わないので、丸大豆醤油で味付けします。

納豆8パックを使った納豆丼、食べ応えがありますが、納豆菌のおかげで翌日の胃もたれの心配もありません。ただ作るのが面倒なので、やはり超大パックの納豆をどこかで販売してくれないものですかねえ・・・。

さて、以前「納豆ダイエット」とか言って、スーパーから納豆が消えてしまう騒動がありましたね。まあこの騒動は、何でもかんでもマスメディアの言う事を鵜呑みにしてしまう大衆への警告としては、いい薬だったのかもしれませんが・・・。

今回の課題は、納豆でダイエット出来るというのは本当に「嘘」だったのか?ということです。

先程も記載しましたが、納豆の中の「納豆菌」は食物中の糖質(でんぷんなど)やたんぱく質を分解、すなわち栄養にして育ちます。さらには、脂肪分をも分解することができるとも言われます。

納豆菌に分解された糖質やたんぱく質・脂肪は、単糖類(ブドウ糖)や有機酸(クエン酸など)やアミノ酸に変わるので、胃腸での消化吸収が容易になります。吸収が容易になるということは、効率よく食べたものを体に取り込めることを意味し、少しの食べ物でも充分栄養になり、満腹感が得られるわけです。

そして、納豆菌は生きたまま大腸まで届き、便秘解消などにも効果を発揮します。また、大腸には良い筋ばかりではなく、あの「O157」のような「悪い菌」も存在しますが、納豆菌はこれらの「悪い菌」が栄養にする物質を先に奪い取ってしまったり、直接「悪い菌」を分解してしまったりもするので、腸内の健康にも役立ちます。

なので、「納豆ダイエット!」「納豆で痩せる!」なんていう確信的な表現さえ気を付けて、「納豆は食べたものを効率よく体に取り入れるのを助ける」みたいに、柔らかく報道すれば、あそこまで大騒ぎにならなかったんじゃないかと思います。

というわけで、納豆は「消化吸収を助ける」ことで「少しの食べ物でも満腹感に至る」ことにより「摂取カロリーを抑える」効果は期待できますが、必ずしも「ダイエットできる!」「痩せる事ができる!」わけではないのです。なので、今回の「納豆丼」のように、いくら納豆だからといって山盛りご飯じゃ太りますのでご注意を^^


格安料金60分2000円で施術  {  指圧マッサージ サムライ  } 
川崎市 川崎区の 指圧マッサージ サロン



パソコン 川崎 指圧マッサージ サムライ メインHP 川崎 指圧マッサージ サムライ ispotページ



モバイル 川崎 指圧マッサージ サムライ メインHP 川崎 指圧マッサージ サムライ ispotページ