2012年12月07日

昔懐かしの中華そばを求めて その25「大三元(蒲田)」

何度も記載しますが、今日は定休日です。珍しくお仕事の入ってない1日です(19時からご夫婦の施術をお受けしてますが^^;;;)

午前中に伊勢町の「平和軒」へ行った後、一旦自宅で諸務をこなし、13時過ぎに今度は蒲田へ向かいます。

これから向かうのは、西蒲田の「大三元」という中華料理店で、何と中華料理店なのにカレーが評判になっているらしいです。ただし、このカレーが食べれるのは水曜〜土曜だけなんだそうです。場所は南蛮カレーでお馴染み「すみっこ」に行く途中にあります。

KIMG0164.JPG

そんなわけで、あっという間に到着です^^。どう見てもただの中華料理屋、ここでオリジナルのカレーがいただけるとは普通は思いません。しかし、

KIMG0163.JPG

入り口脇にはちゃんと「カレーライスあります」と書いてあります、これで安心して入店できます、ではGO!

「いらっしゃいませ!」、こちらも伊勢町の平和軒同様、ご年配のご夫婦(こちらは間違いないです)が出迎えてくれました。店内はカウンターのみ、既に3名のお客がいました。

カウンターに腰掛けます、さてカレー並(700円)を頼もうか・・・しかしせっかく中華料理屋に来たんだから、醤油ラーメンも頼みたい・・・、こうなったら、

「すいません、ラーメンとカレーの並もらえますか」、これで無事?問題解決です^^;;;

注文する時、ご主人に「ここのカレーが結構有名なんで、川崎からやってきましたよ」と話すと、恰幅がよくてやや怖そうな外見とは裏腹に、「ありがとうございます」と優しそうに言ってくれました。

斉藤:こちらのカレーは毎日やってないんですか?
主人:そうですね、水曜〜土曜日だけなんですよ
斉藤:他の日はやらないんですか?
主人:他の仕込みもあるから、毎日カレー作ってるわけにもいかないでしょ
斉藤:じゃあやっぱり、ここのカレーは自家製なんですね
主人:もちろん

今回のブログは表向きは「懐かしの中華そば」に関するものなのに、今からカレーのほうが気になってしまいます。それにしても・・・

KIMG0160.JPG

店の奥にある「スープと飯」って一体何なんだ???、まさか「ぶっかけ飯(別名「猫まんま」)」じゃないでしょう?。しかし600円の猫まんまがあったら、これまた「卵かけご飯」みたいに話題になるかも^^

KIMG0161.JPG

ジャーン!、ラーメンにやや先行してカレーがまず登場、続いてラーメンも来ました。

KIMG0162.JPG

今回の(一応)主役であるラーメンをアップで撮影、見ただけじゃ分かりませんが、非常にどっしりしています。

もちろん、伸びないうちにラーメンから食べ始めます。

麺は細麺で、割りと柔らかめです、もちろん私の許容範囲内なので問題ありません。しかし、麺の量がやたら多い!、今頃になって「カレーは小盛りにすればよかったかな」と後悔します。まあ後悔先に立たず、ひたすら食うべし食うべし食うべし・・・

具はパッと見ると一目同然、メンマ・ネギ・ダブルチャーシュー(しかも厚め)・ワカメです。このチャーシュー、まるで豚の角煮を思わせるほど柔らかくで脂が乗っています。メンマは歯ごたえがあり、塩味もバッチリ!

スープはやや濃い目の鶏ガラベースの醤油味、特別何か引っかかる部分はありません。スープだけを飲むとややしょっぱいかなって感じですが、麺を食べながらだとちょうどいい味わいです。

チャーシューの旨味と麺の量に感動しつつ、スープ以外を完食、スープは後でデザート?としていただくとして、今度はカレーを食べ始めます、おっとまた福神漬け抜いてもらうの忘れた(T_T)

一見した段階での最初の印象「こっちも量が多い!」、やはり小盛りにすべきだった・・・でもこの具の多い家庭的な色合いのカレーを、残すわけにはいきません。こうなったら、ラーメンのスープを放棄する覚悟で挑むしかない!

そんな大げさなリアクションとは裏腹に、進むわ進むわ、あっという間に完食です。

このカレーの特徴は、ラーメンのチャーシューと同様の、豚の角煮を思わせるような豚肉がゴロゴロ入っている事です。もちろん、人参・玉ねぎなどの具もたくさん入っており、大手チェーン展開店のカレーに水をあけています。そして何と言っても、このボリュームでしょうね、恐らくは目と鼻の先にある「すみっこ」の南蛮カレーに対抗してのものと思われます。

しかし残念ながら、ラーメンの残りのスープは3分の2を残してしまい(食べ始めの時よりいっそうしょっぱく感じる・・・)、不本意な結果となりました。まあラーメンの麺と具材、スープの3分の1は美味しくいただけたんだから良しとしよう、そう自分に言い聞かせました。

ラーメンが確か550円か600円、カレー並が700円、合計1250円(あるいは1300円)。今度は万全なコンディションで、カレー大を食べに来たいですね、でもおそらく「すみっこ」に行ってしまうかも知れません^^;;;

カレーの美味い中華料理屋、川崎にもないですかね。


格安料金60分2000円で施術  {  指圧マッサージ サムライ  } 
川崎市 川崎区の 指圧マッサージ サロン



パソコン 川崎 指圧マッサージ サムライ メインHP 川崎 指圧マッサージ サムライ ispotページ



モバイル 川崎 指圧マッサージ サムライ メインHP 川崎 指圧マッサージ サムライ ispotページ



ブログの新作ご確認は、ツイッターが便利です
川崎 指圧マッサージ サムライ パソコン用ツイッター  川崎 指圧マッサージ サムライ モバイル用ツイッター
posted by サムライ斉藤 at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 昔懐かしの中華そばを求めて

昔懐かしの中華そばを求めて その24「平和軒」

今日は定休日です。

既に昨日のブログでも申し上げましたが、今日は本当は帰省するはずだったものの、実家の家族が風邪でダウンしてしまったので、帰省取りやめです。

急な事だったので遠くに出かける予定も立っていません、そのため今日は、以前から「蒲田でカレーが話題になっている中華料理屋」という情報が気になっていた、「大三元」へ行ってみる事にしました。・・・とその前にもう1ヶ所、当店にご来店の伊勢町在住のお客さんからお聞きした、「伊勢町に中華料理屋がある」という情報を元に、そこへ行ってみることにしました。

この「伊勢町」という地域ですが、当店のある本町から国道409号(大師道)に出て、「堀の内」→「旭町」の1つ奥、また市役所通りからの場合、「宮前」→「中島」→「藤崎1丁目」の左隣の地区です。当店の周囲とは対照的に、高層マンションなどはほぼ皆無で、一戸建て住宅で占められており、昔ながらの街並みが残っている地域です。

10時半に自転車に乗り本町を出発します、大師道を進み競馬場を過ぎて左手に「イトーヨーカドー」が見えてきたあたりで右折すると、伊勢町に入ります。しばらくブラブラすると、

KIMG0160.JPG

「伊勢町商店街」の入り口を見つけます。しかし、商店街とはいうもののやっているお店はほとんどありません、まあ郊外や地方の典型的な光景ですね。以前行った小田の商店街が賑やかなのに比べると、寂しい商店街です。

とはいえ、完全に寂れているわけではありません、現在も頑張って営業しているお店も多くありました。美容院・薬局・花屋・八百屋(ストアー?)・肉屋etc・・・。イトーヨーカドーや島忠などが進出して決して楽ではない経営を強いられる中、まだ地域密着でやっていけるのは、そこに住んでいる方々の理解力があってのことですね。

KIMG0167.JPG

パチンコ屋もあります^^;;;、ただ駐車場が近くにあるのかなあ・・・。

KIMG0168.JPG

醤油のいい香りがしてくると思ったら、「かつのや」というそば屋ととんかつ屋が一体になったようなお店に遭遇。手持ちのスマホで調べてみると、「食べログ」には結構好感を持った口コミがあります。「よし、近いうちにまた来よう」、そう思って「かつのや」を後にします。

伊勢町商店街を大師方面に進むと、

KIMG0166.JPG

やがて反対側入り口が見えてきます、ちなみに上の写真は正面から撮影したものです。ここを出たらすぐに右に曲がってしばらく進むと、

KIMG0164.JPG

中華料理屋を発見!、名前は「平和軒」で、11時から21時まで営業です。グッドタイミングで、11時ジャストに到着です。ちなみに、この「平和軒」の前の道を左にすーっと進むと、「川崎大師駅」があります。言い換えれば、川崎大師駅正面の道をまっすぐ進めば、右手に「平和軒」が見えてくるわけです。

KIMG0165.JPG

ランチメニューの紹介です、どうやらカレーもやっているようで、店の前もカレーの香りがプンプンします。しかし今日はこの後、蒲田の「大三元」までカレーを食べにいかないとなので、今回頼むのはラーメンだけです。

さっそく入店すると、既に2名のお客さんがおりました。11時ちょっと前からでも入れてもらえるのかも知れませんが、恐らくは常連の方で特別に入れてもらったのかもしれません。

「いらっしゃいませー!」。ご年配のご夫婦(恐らく)が出迎えてくれます、厨房はご主人(恐らく)、ホールは奥さん(恐らく)が受け持っています。本当はカレーのセットを頼みたいのですが、申し訳なさそうにただの「ラーメン(550円)」を頼みました。

店内はこじんまりとして特別派手さはありませんが、清潔感が漂ってきます。カウンター席が数席と、テーブル席が3ヶ所で、決して広くはないですが、地域密着で営業するには丁度いいかもしれません。ご夫婦(恐らく)も愛想が良さそうで、ご近所の方が「お米を頼んでほしい」と来られた時も(お米を入手できる人脈があるのでしょう?)、快く応対していました。

KIMG0162.JPG

メニューは壁にもありますが、テーブルの上にも用意してあります、恐らく内容は同じかと思います。それにしても、店内にも香りを振りまくカレーは、果たして自家製なのか?。レトルトならこんなに香りが漂うわけがないし、個人店なので大手牛丼チェーンみたいに外部から大鍋で運ばれてくるなんてこともないでしょう?

そんな勝手な想像をしていると、

KIMG0163.JPG

「ラーメンお待ちどうさま!」、奥さん(恐らく)が熱々のラーメンを運んできてくれました。

パッと見た感じは、決して綺麗な盛り付けとは言えませんが(チャーシューもナルトも沈没^^;;;)、カレーに負けないスープの香りがそれをカバーしてくれます。ではさっそくいただきます^^

麺は細麺、やや柔らかめですが、私にとっては許容範囲です。スープがよく絡んでいて、美味しくいただけます、これなら少しくらい盛り付けが不充分でも、マイナスには感じません。

具はメンマ・ネギ・チャーシュー・ナルトと、基本的なものはほぼ揃っています。さらに鮮やかな菜物が付く事で、イメージアップしています。チャーシューの味付けは、私好みでよかったです。

スープは典型的な「昔懐かしの中華そば」そのもので、ちょうどいい油の浮き具合と、鶏ガラだけでなく他の具材も使っているような(うまみ調味料なのかもしれませんが・・・、正体不明です)、ストレートに「うまい!」と言えるような味わいです。

ごちそう様でした!、30分近く強風の吹き荒れる中を自転車に乗り冷えた体も、充分ポカポカしてきました。それ以上に、伊勢町という閑静な地域でこれだけの中華料理屋が、まだ現役で営業している事実に興奮冷めやらぬ状態です(少々大げさかも^^;;;)

帰り際に奥さん(恐らく)にカレーが自家製なのかどうかお聞きすると、私の予想通り自家製でした。「本当はカレーも食べたかったんですけど、おなか一杯になっちゃって・・・」とごまかしつつ、「平和軒」を後にします。よし!、こちらも再訪問決定!、21時まで営業なのでまた来れる確率は充分あります。

さて、一旦本町に戻って洗濯物を取り込んだら、今度は蒲田に出発です。


格安料金60分2000円で施術  {  指圧マッサージ サムライ  } 
川崎市 川崎区の 指圧マッサージ サロン



パソコン 川崎 指圧マッサージ サムライ メインHP 川崎 指圧マッサージ サムライ ispotページ



モバイル 川崎 指圧マッサージ サムライ メインHP 川崎 指圧マッサージ サムライ ispotページ



ブログの新作ご確認は、ツイッターが便利です
川崎 指圧マッサージ サムライ パソコン用ツイッター  川崎 指圧マッサージ サムライ モバイル用ツイッター
posted by サムライ斉藤 at 22:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 昔懐かしの中華そばを求めて