2012年12月21日

昔懐かしの中華そばを求めて その27「香の木」

今日の14時台に、幸か不幸かキャンセルが出て時間が出来ました。「幸」という事にしておくため?、この前の休みに行った伊勢町商店街で見つけた、「香の木」というお店に行ってみました。

13時45分に施術終了、次のお客さんは15時ご来店で直前まで出かけているという事を連絡ずみなので、14時45分ごろまでに戻ってくれば大丈夫です。

香の木に電話してみると、「14時30分には店を一旦閉めます」という事なので、自転車で大至急向かいます。競馬場の前の人だかりを強行突破し、点滅青信号から赤に変わったところも強行突破します。その甲斐あって、

KIMG0162.JPG

本町を出てからわずか7分で、「香の木」に着きました。最初こちらを見た時、洋食屋かと思ったのですが、中華料理店です。ではさっそく入ります。

「いらっしゃいませ!」。カウンターの向こうの厨房から、男性の声が聞こえてきました、こちらの店長なのかもしれません。

店内は小ぶりのカウンターとテーブル席が4つ、そして奥のほうにお座敷があるようです。テーブル席に空きがあったので腰掛けると、年配の女性の方がお水を持ってきてくれました、こちらのおかみさんのようです。メニューをみると、

KIMG0163.JPG

「オムライス ラーメン付き」に目がいきます、恐らくラーメンはミニサイズでしょう。先程のおかみさんに聞いてみると、+100円でラーメンを大盛りに出来るそうです、よし!これにしよう。

店内は落ち着いた雰囲気で、やはり中華料理屋というよりも洋食屋を思わせます。

KIMG0164.JPG

こういうインテリアも見受けられます。

今までいた3名くらいのお客が一斉にいなくなり、私だけになりました。まあ2時半までまだ20分以上あるから、慌てる必要はありません。それにしても、前回来た「平和軒」同様、郊外の商店街でも頑張っているところは頑張っています。

KIMG0165.JPG

来ました!、オムライスとラーメンのセット!。後からわかった事ですが、上の写真のオムライスは「ミニ」で、通常は大盛りに近い量だそうです。今回失敗したのは、セットでラーメンを頼んでしまった事です。写真を見るとわかりますが、今回のラーメンは「つけ合わせ」なので、具は海苔とネギ・メンマのみです、通常メニューの「ラーメン 500円」とは、量や具の内容が違っていると思います。

まあ麺とスープのデータは取れますから、さっそくラーメンからいただきます。

麺は私の好きな細縮れ麺で、茹で加減もいいです。やはり昔ながらの中華そばには、細麺が合っていますね、スープの味があっさりだから、太麺だとスープがよく馴染まないからです。

具はメンマ・海苔・ネギです。ただしさっきも申し上げましたが、私がラーメン単品を頼まずセットものにしてしまったため、あくまでも「つけ合わせ」のラーメンとしての具材です。単品で頼めば、チャーシューやナルトなど他の具材が加わる可能性はあります。

スープですが、これがどこかで味わった事があるような・・・ん?、この「煮干し」と「しょうが」の風味、これはまさしく「新潟ラーメン」の要素ではないか!?。これと似た味のラーメンは田中屋でよく食べていますが、今回の香の木のラーメンのほうが、味がはっきりとしています。こちらのオーナーは新潟と何か関係があるのか?、それとも単なる偶然か?

そんな疑問を抱きながら、スープ以外すべて食べ尽くしました。感動的なラーメンのスープは後にして、今度はオムライスをいただきます。

KIMG0166.JPG

ごらんください、チキンライスにはケチャップが濃厚なほど混ざっていますが、ベトベトした感じはありません。ただラーメンとのセットにしてしまうと、後回しになってしまい熱々さが半減してしまうので、やはり単品でいただくのがおすすめです。

ごちそう様でした、寂れゆく商店街にこんな美味い中華料理店があることに驚きです。今度また来て、今回頼み損ねた単品の「ラーメン 500円」と、ランチ限定の「餃子3個 250円」を注文したいと思います。

さきほどのおかみさんにお代を渡した後、さりげなく「今回食べたラーメンが、私の実家の新潟のラーメンの味に似ていたんですけど、こちらのお店は何か新潟とつながりがあったりしますか?」とお聞きしました。すると、

「私は、新潟の小千谷の出身なんですよ」

という答えが返ってきました。やっぱりそうだ!

話を聞くと、40年位前にこちらに出てきて、現在の場所でお店を始めたそうです。そして10年位前に、今のお店の建物に立て替えたそうです。10年も経っているにしては綺麗な店頭・店内です、ついついオープンしてまだ浅いのかと思っていました。

おかみさん、そして奥にいるご主人のご好意で、店内の写真を撮影させてもらえました。

KIMG0167.JPG

カウンター席は写ってませんが、こんな風に落ち着いた雰囲気の店内です、奥にあるのがお座敷です。21時までやっているので、今度は昼に来れない時は夜に来よう。

さあもう時間がありません、急いで帰らないと・・・。


〔 追伸 〕

伊勢町在住のお客さんからの情報では、ご主人は川崎大師の方だそうです。という事は、おかみさんがこちらに嫁いで、新潟の味も移植したという事ですかね???。まあいずれにせよ、しっかり移植できています。こちらをご覧の新潟出身の方、あの「青島食堂」と「来未」を掛け合わせたような味わいですよ。

〔 追伸2 〕

「ラーメン単品」情報は以下のブログで紹介してあります。
郊外の八百屋はこんな風に生き延びている


格安料金60分2000円で施術  {  指圧マッサージ サムライ  } 
川崎市 川崎区の 指圧マッサージ サロン



パソコン 川崎 指圧マッサージ サムライ メインHP 川崎 指圧マッサージ サムライ ispotページ



モバイル 川崎 指圧マッサージ サムライ メインHP 川崎 指圧マッサージ サムライ ispotページ



ブログの新作ご確認は、ツイッターが便利です
川崎 指圧マッサージ サムライ パソコン用ツイッター  川崎 指圧マッサージ サムライ モバイル用ツイッター
posted by サムライ斉藤 at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 昔懐かしの中華そばを求めて