2014年01月06日

当店では施術者の募集はしていません!

KIMG0952.JPG

先程ベッドが2台ある事で、「施術者が2名いる」という誤解が生じてしまう事をお伝えしましたが、この件に関連してもう1つ気になっていることがあります。

それは当店が、なぜか「施術者を募集している」「施術者を欲している」というように思われているらしく、今までに十数件も施術者募集に関するお電話やメールが来てしまいました。もちろんHPなどで求人を募ったことはないですし、求人サイトなどに募集を出した覚えはないです。どうやらHPなどの写真にベッドが2台写っているのに、「施術者は1名です」という記載があるので、この空きベッドを利用したいということらしいです。

それにしても何で当店なんだろう?と思います、巷にはもっと立地がよい儲かってそうなサロンなんかが多いのに、うちに白羽の矢が立つのは、ネット検索の結果で上位に来るところを狙っているのかもしれませんね。

もちろん当店では、施術者の募集などはおこなっていませんし、今後もそのつもりはありません。当店の施術室は狭いので、2名が施術するのはまず無理です。それにもし充分な広さがあったとしても、私は求人を募ってまで雇用をしようとは思いません。単に面倒くさいという理由もありますが、不特定多数から求人を募っても、よい人材は得られないと言うことがわかっているからです。

今まで求人に関するお問い合わせが来た時、私は「求人はおこなっていない」ということを伝えると同時に、「大手チェーン店の整体などは、常時求人募集をおこなっているところが多い」という事もよく伝えます。それに対して多くの場合返ってくるのは、

「大手のところは大変な割に給料が安いから嫌だ」

という言い分です。

確かに大手チェーン展開のリラクゼーションサロンに限らず、巷で求人募集をしているサロンは、低賃金なところばかりです。しかもガラの悪いお客や酔っ払い客を相手にしなければならなかったり、体力的にきついお客を施術しなければならなかったり、せっかく指名を取っても何の見返りもないどころか、そのお客を他の施術者に回されて別の店舗に飛ばされるなど、理不尽(不条理)なことが多いのも確かです。

当店の場合、泥酔した方は絶対に入店させませんし、女性のお客さんも多いし(女性客=楽、ではないのは勿論ですが)、また店舗は今の1ヶ所しかないので、勤め先としては最適な場所に思えたのかもしれません。

しかし、こういう「おいしい仕事」ばかり求めるような部類の話を聞くと、私はますます人を使うのを嫌になってきます。どんな職種でもそうですが、雇用されていればいいことばかりではなく、当然ながら理不尽なことも多くあります。その理不尽な中から活路を見出していくのが、本来のあるべき姿です。特に理容(美容)・エステ・リラクゼーションなど、「技術」を身につける「職人」の世界では、そこが「稼ぎ先」であると同時に「修行の場」ですから、そんな思ったような額の収入を得るなんて事は期待できなくて当然です。

今のマッサージやリラクゼーションの現場では、ちょっと気に食わない事があったり大変なお客を充てられると、すぐに「帰る!」「休む!」「辞める!」、挙句は「ボクの(私の)生活を保障しろ!」。こんな事があちらこちらで見受けられるから、毎回行くたんびに施術者がコロコロ変わってたりするんです。これでは安心して、人を雇えないですね。

マッサージやリラクゼーションなどで営業されているサロンのオーナーは大抵そうでしょうが、当店の営業も決して順風満帆なんて事はありません。忙しければ休みも削って対応しなければなりません。予約がビッチリ入ってるなんていったって、それがすべて施術に繋がるとは限りません、様々な諸策を講じたおかげですっぽかしやドタキャンこそ減ったものの、体調不良や急用で白紙になる事だってあります。自分に都合のいいお客ばかりがご来店されるわけではなく、場合によっては「もう来るな!」と言いたいお客だって当然いますし、対応していかなければなりません。外部(他業者)とは常に競争にさらされ、神経を尖らせて行かなければなりません。自分がこういう立場なのに、「おいしい仕事」を求めるような人は要らないんです。

・・・っとここは「同業者の方用ページ携帯版)」ではないので、これ以上はやめておきますが、以上のように私は大方の業界関係者に強い不信感を抱いておりますので、当店では今後も施術者の募集はありません。そのため今後の予約枠の窮乏は必至です、何とかせねば・・・。

もしこんな景気の悪い時(これでも良いそうなのですが・・・)でも「スタッフ募集」しているところがあるなら、そちらを当たってみたほうが先は開けます。後は「やる気」次第ですね。

今回の内容は本来「同業者の方用ページ」に書くべきことでしたが、ご来店のお客さんでも施術者雇用を促す方がおられたので(真意ではなく軽い助言なのでしょうが)、あえてブログで記載しました。



川崎「指圧マッサージサムライ」は、業界最安値で最高の指圧マッサージを目指します!
川崎市川崎区の、低価格と高品質を融合する格安リラクゼーションサロン


公式HP
川崎 指圧マッサージ サムライ メインHP 

当店のジモティーページ
川崎 指圧マッサージ サムライ ジモティーページ

ブログの新作ご確認は、ツイッターが便利です。
斉藤貴史個人ツイッター

当店の公式ツイッターです、時々頻繁に?ツイートしてます^^;
川崎 指圧マッサージサムライ 公式ツイッター

よりリアルタイムな情報は、フェイスブックが便利です(店舗用は未登録で閲覧できます)
サムライ斉藤Facebookページ(メイン)
川崎 指圧マッサージサムライ Facebookページ(店舗用)

こちらも時々更新している、インスタグラムです。
斉藤貴史 個人インスタグラム
川崎 指圧マッサージサムライ インスタグラム

Google版ページ
川崎「指圧マッサージ サムライ」川崎の格安リラクゼーションサロン
オーナー斉藤貴史の、googleマップ口コミ

オーナー斉藤貴史の食べログレビューページ
食べログレビューページ

posted by サムライ斉藤 at 23:47| Comment(2) | TrackBack(0) | 施術論

施術室の奥側ベッドの撤去を検討しています

KIMG0952.JPG

当店の施術室には、ご覧のようにベッドが2台あるのですが、このうち奥にあるベッドを今年中に撤去することを考えています。理由としては、奥のベッドはここ2年くらい「施術用」として使っていないのと、ベッドが2台あることにより「2人同時に施術できる」という、誤解を与えてしまうからです。

開業当初、お客さんが立て続けにご来店された場合、2台のベッドをうまく利用して、前後のお客さんの対応をしようと考えていました。しかし6畳の施術室ではあまりにも狭く、奥のベッドでの施術は至難を極めたため数ヶ月で断念し、その後「第2待合室」が完成したことで、完全に頓挫してしまいました。そして奥のベッドは約2年近くの間、荷物置き場という利用法のみに使われ、邪魔な存在となっていました。

また、このベッドが2台ある写真をHPなどに載せているため、これをご覧の方が「施術者が2名いる」「2名同時に施術できる」といった勘違いをしてしまい、そのままご来店されてしまったというトラブルが、今までに数件起こってしまいました。1年以上前から2名でのご予約時に、「施術者は1名しかいない」事を伝えているので、先程のようなトラブルは起こっていませんが、未だに「2名同時にお願いします」というお問い合わせがあるので、やはりベッドが2台ある事が問題なんだろうと思います。

まあ撤去すると言っても数十キロあるものですから、簡単に処分することは出来ません。インターネット上の中古整体用品サイトに問い合わせたりなどで、手続き上の手間がかかったり、送料などでかなりの金額が予想されます。脚を畳んで奥の部屋に片付けておくにも、もうこれだけ大きなベッドを、片付けておくスペースはありません。

そのため応急処置として、HPやispotの施術室写真を、ベッドが1台しか写ってないものに差し替えようと考えています。これだけでも「2名同時に出来る」といった勘違いは、なくなると思います。

施術室のベッドが1台になればかなりの空間が出来るので、ウォーターサーバーを施術室脇に持ってくるようにして、第2待合室からでもお湯や冷水の調達が出来るようにしていきたいです。まあいつになることやら・・・。


格安料金60分2000円で施術  {  指圧マッサージ サムライ  } 
川崎市 川崎区の 指圧マッサージ サロン



パソコン 川崎 指圧マッサージ サムライ メインHP 川崎 指圧マッサージ サムライ ispotページ



モバイル 川崎 指圧マッサージ サムライ メインHP 川崎 指圧マッサージ サムライ ispotページ



ブログの新作ご確認は、ツイッターが便利です
川崎 指圧マッサージ サムライ パソコン用ツイッター  川崎 指圧マッサージ サムライ モバイル用ツイッター
posted by サムライ斉藤 at 23:06| Comment(1) | TrackBack(0) | どうでもいい話