2015年08月12日

オーナーたるものは「平常心」が必要!?

昨日のブログ『マッサージ系セラピストは「不足」している!?』を記載ていて、ふと新たなブログテーマが頭に浮かびました。

昨日ご来店のお客さんのお話の中に、足を運んだ整体店のオーナーの事についてのものがありました。店が暇な事に対する愚痴を、あろう事かお客に対してしてしまうというものです。お客に対して同情を求めていたのか、或いは自然と愚痴ってしまったのか、それは分かりません。

しかしもし私がお客の立場で、「店が暇だ!」とか「施術者が増えすぎだ!」といった愚痴を聞かされたら、同情どころか「ここ大丈夫か?」って思いますね。それ以前に、「知るか!」って思いますけどね^^;。お客に対して自画自賛ばかりしているオーナーもさることながら、あまりにも弱気になり過ぎている場合、大抵は引かれてしまうでしょう。

私は前々から思っているのですが、

「店舗を構える者は、お客に対して弱気な姿勢を見せてはいけない」

と思います。

仮に毎日お客がゼロ続きだったり、借金に負われる毎日だったり、体力的に死にそうな場合だったとしても(これはどうかな・・・)、それをお客に「察知」されてはいけないのです。ましてや自分からペラペラ喋ってしまうなんてもっての他です。

自分がどういう状況に置かれていようとも、「平常心」を保つ事が必要ではないでしょうか?。オーナーたるもの、強がるくらいの意気込みでいかなければなりません。それができずに弱音ばかり吐いていると、真っ先に同業者に食いつかれてしまうでしょう。もちろん単に「平常心」でいるだけでは、現状は何も変わらないので、現状を変える努力は必要になってきます。しかし弱音を吐いている場合とそうでない場合とでは、取り組み方にも違いが出るのではと思います。

そんな訳で私は、今後もお客さんに対しては「平常心」で望もうと思います。まあ「第三のビールが値上がりしそうだ」とか「パソコンがガタがきてる」とか、どうでもいいような事は言ってしまうでしょうが・・・。


格安料金60分2000円で施術  {  指圧マッサージ サムライ  } 
川崎市 川崎区の 指圧マッサージ サロン



パソコン 川崎 指圧マッサージ サムライ メインHP 川崎 指圧マッサージ サムライ ispotページ



モバイル 川崎 指圧マッサージ サムライ メインHP 川崎 指圧マッサージ サムライ ispotページ



ブログの新作ご確認は、ツイッターが便利です
川崎 指圧マッサージ サムライ パソコン用ツイッター  川崎 指圧マッサージ サムライ モバイル用ツイッター
posted by サムライ斉藤 at 23:47| Comment(1) | TrackBack(0) | 施術論