2015年08月13日

整体マッサージ業に「体力は必要ない」のか?

今日ご来店のお客さんから、次のようか事を聞かれました。

『今度会社を辞めてまったく違う職種を考えているが、整体の仕事が気になっている。学校のHPを見ていると、「誰でも簡単に出来る」「体力の無い方でも問題なく出来る」って書いてあるので、あまり体力に自信のない私にも出来るかもしれない』

実際にインターネットで整体やリラクゼーション系のスクールやセミナーを調べると、所々で「誰でも出来る」「体力がなくても出来る」といった記載が見受けられます。ご丁寧なところでは付け加えで、「体に負担のかからない手技を用いる」とか、「当スクールだけのオリジナルの手技を用いる」などとも書かれています。

ここで思うのですが、「誰でも簡単に出来る」なんてのはともかくとして、よく「体力がなくても出来る」なんて大ボラが吹けるなあと思って、別の意味で感心してしまいます。そもそも巷で「整体」とか「リラクゼーション」と言われているものは、ほとんどが手などで相手に圧力を加えて施術をおこなうものです。実際に施術をおこなった事がある方はもちろんの事、施術を受けた事がある方なら、その受けた刺激が「体力がなくても出来る」と思われるでしょうか?

こういう「体力がなくても出来る」が蔓延するのは、単に民間資格スクールやセミナー主催者による、受講生獲得第一主義に他なりません。もし実際の現場で見られるような、「体力が無いときつい」「疲れる仕事」「時として重労働」なんて事を受講生が知ったら、受講する人が減ってしまいます。「体力がなくても出来る」という甘い歌い文句さえ出しておけば、整体やマッサージの実情を知らない受講生は易々と騙されてしまうというわけです。

こうして甘い歌い文句に唆されてしまうと、まずスクールやセミナーの受講段階で、早くも脱落してしまいます。余程悪質なスクールとかで無い限り、実技の練習がありますが、練習とはいえほとんどのマッサージ系の手技は体力を使います。練習でバテているようだと、実際の現場では勤まりません。

そして無事?にスクールを修了しても、練習台の受け手と実際の現場のお客では、立場も体格も圧に対する感受性も違います。練習で楽々施術できたからといって、それが実際の現場で通用するなんて保証は、どこにもありません。場合によっては、相当体力がある施術者でも大変な思いをするようなお客だって、いくらでも現れるのです。

お客さんの立場の方々としても、「体力を使っていない」施術を受けたいと思うでしょうか?。お客さん一人一人のニーズをしっかり受けるためには、「体力を使っていない」施術では無理です。

・・・とあまり長い文章にしても、「体力がなくても出来る」と本気で信じている方には意味が無いと思いますので、この辺で終わります。私の結論としては、「マッサージや整体を業とするには、それなりの体力は必要」という事です。

夢を壊してしまいかねないですが、安易に「楽して手っ取り早く稼げる」と食いついて現場に入ったものの、すぐに脱落して煙の如く消えていく施術者が多いのも事実です。何回かリラクゼーション店に受けに行ったら、毎回施術者が変わっていたなんて事からも、それが伺える事でしょう。

これから整体系のスクールやセミナーの受講を考えておられる方は、主催者側の甘い歌い文句に惑わされる事が無いのを願っております。


格安料金60分2000円で施術  {  指圧マッサージ サムライ  } 
川崎市 川崎区の 指圧マッサージ サロン



パソコン 川崎 指圧マッサージ サムライ メインHP 川崎 指圧マッサージ サムライ ispotページ



モバイル 川崎 指圧マッサージ サムライ メインHP 川崎 指圧マッサージ サムライ ispotページ



ブログの新作ご確認は、ツイッターが便利です
川崎 指圧マッサージ サムライ パソコン用ツイッター  川崎 指圧マッサージ サムライ モバイル用ツイッター
posted by サムライ斉藤 at 23:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 施術論