2015年08月01日

リラクゼーションに「免許」はない!?

いつの間にやら今年も、7ヶ月が過ぎ去ってしまいました。充実した日々が続く一方で、本来このブログの根幹であるはずだった「施術論」が、まったく記載されないままだった事に気づきました。これについては私も前々から遺憾と思っていました、頭の中で記載したい事がくすぶっているのにそれが書けない事は、充実した日々とは裏腹にストレスになってきます。

そんな訳で気分を一新し、今日から主にリラクゼーション業界にまつわる内容、特に私自身の脳裏でくすぶっている事に関するブログを、積極的に記載していく事にします。

さてさっそく本題に入りますが、今日当店に某中堅リラクゼーション会社が運営するリラクゼーションサロンに勤める、Eさんというお客さんがご来店されました。以前からご来店される度に、会社に対する不平不満をお聞きしていましたが、今日は以下のような事を訴えられました。

『××店(某中堅リラクゼーションサロン)はアコギだよ、安月給で散々こき使った挙句、人員整理だとかいって一気に首切ろうとする。その時に「うちで習った技術は絶対に他では使うな」「もし他で使ったりしたら、知的財産権侵害で訴える」とかいいやがる』『さっさと独立して自分でやりたいが、会社が「知的財産権」を出してくるから、どうも思い切った事が出来ない』

どうやらEさんは国家資格の「あん摩マッサージ指圧師」の保有者ではなく、まったくのゼロの状態から某中堅リラクゼーションサロンに入って、そこで「研修」と称するレッスンを受けたあと現場に入られたようです。どんなに指名を取って実績を上げても、時給制でまったくベースアップはなく、それどころか待遇はどんどん悪くなっていくそうです。Eさん自身は今の会社から早く縁を切って、独立してご自身のサロンを立ち上げたいと思っているようですが、会社から「知的財産権」という単語を出されてしまって、先に進む事が出来ないようです。

恐らく上記の内容の事は、意外と多くのリラクゼーション業界に携わる方々も、抱えている事と思います。国家資格ではないいわゆる「民間資格」の場合、それぞれのリラクゼーション会社が独自に「資格」を作ってしまうので、その会社に居ないと資格の効果がないと勘違いされている方も多いと思います。

しかしここで、はっきり言わせてもらいます。

「リラクゼーションには免許はありません」

上のフレーズが何を意味するか?の前に、「免許」と「資格」について記載しておきます。

「免許」というのは、本来は出来ない事を、特定の条件を満たした者に許可する事です。
「資格」というのは、特定の条件を満たした者に、その能力がある事を認めるものです。

日本の法律では、「マッサージ」「指圧」「按摩」という名前でマッサージ的な営業をする場合、「免許」が必要であるとされています。しかし「ボディケア」「ほぐし」「整体」など、先程の「マッサージ」「指圧」「按摩」以外の名称で営業をする場合、「免許」というものが存在しません。

「資格」というものははっきり言ってしまえば、「あってもなくても差し支えないもの」「あったほうが有利なもの」ですから、現状では「ボディーケアやほぐし・整体などといった名称で、リラクゼーション業をおこなおうとする場合、資格はいらない」という事になります。各リラクゼーション会社が独自に作っている資格の技術は、もともと国家資格である「あん摩マッサージ指圧師」の技術である、「撫でる」「押す」「揉む」「揺さぶる」「叩く」などの変法ですから、某中堅リラクゼーション会社が「知的財産権」を訴えたところで、説得力はありません。

要するに今現在、諸々のリラクゼーション店で雇われて理不尽な思いで働いている方は、税務署にさえ届出すれば、今日からでも「リラクゼーションサロン」を開けてしまうことになります。もちろん技術的な問題・お金の問題・開業しようとする勇気の問題などは、越えていかなければならないでしょうが・・・。

よく「資格もないのにリラクゼーションをやっていると逮捕される」と流布されているようですが、今のところ「資格がない」事だけで逮捕された人はいません。逮捕されているのは、不法就労の外国人を雇ったり、風俗営業の許可も取っていないのにHなリラクゼーションをやったりといった、「資格」そのものとは関係のない事によるものです。

それにもし仮に、「資格(ここではあん摩マッサージ指圧師の免許の事)がないのに逮捕される」としたら、大変な事になります。正確な数値は不明ですが、以前「整体師など非国家資格でリラクゼーション業に携わっている人は50万人くらいいる」と聞いた事があります。もし今日から仮に「国家資格がないのにリラクゼーションをやっていると逮捕される」事になったら、多くの方々が「怒る」事になります。暴力団構成員数(約5万人?)の10倍近い数の方々が、生活のカテを奪われた「怒り」は、時として大変な騒ぎにもなりかねません。

そんなわけで現状では、「身体に害を与えない癒しやリラクゼーション目的の行為は自由」になっています。そのためもし今勤めているサロンに不満を持っているなどして、ご自身で「開業」を志している場合、先程も申し上げた「技術的な問題」「お金の問題」「開業しようとする勇気の問題」さえ乗り切れば、目的を果たす事ができる事になります。

・・・とここまでの情報を、どのようにお使いになるかは、ご覧になられた方の自由です。私は別に「みんなリラクゼーションやろうぜ!」って言っているわけではなく、よい技術や発想をお持ちなのにも関わらず、業界内で理不尽な思いをされている方々に、ちょっと「無駄口」を叩いてみたかっただけです。

先程のEさんをはじめ、現状打破をお考えの非国家資格の方々は、今こそ「技術的な問題」「お金の問題」「開業しようとする勇気の問題」を乗り越えて、夢を実現してはどうでしょう?


格安料金60分2000円で施術  {  指圧マッサージ サムライ  } 
川崎市 川崎区の 指圧マッサージ サロン



パソコン 川崎 指圧マッサージ サムライ メインHP 川崎 指圧マッサージ サムライ ispotページ



モバイル 川崎 指圧マッサージ サムライ メインHP 川崎 指圧マッサージ サムライ ispotページ



ブログの新作ご確認は、ツイッターが便利です
川崎 指圧マッサージ サムライ パソコン用ツイッター  川崎 指圧マッサージ サムライ モバイル用ツイッター
posted by サムライ斉藤 at 23:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 施術論
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/162051313
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック