2015年08月02日

本格的な日本そばをお手軽に食べれる「ゆで太郎」へ行ってきました!

今日の朝ご飯は、何も用意していませんでした。

KIMG3870.JPG

KIMG3879.JPG

昨晩は2回も晩酌をおこなったせいか、その後の買い物がおろそかで、食材の買い置きが欠乏していました。近くの100円ローソンで食材調達でも良かったのですが、今日は昨日当店アシスタントが足を運んで好評?だった、

KIMG3885.JPG

たちばな通りにある「ゆで太郎 砂子店」へやって来ました。好評?だったのは注文したもりそばもさることながら、

KIMG3886.JPG

このノボリにもあるように、「生ビール220円フェア」をやっている事のようです^^;。実は私もゆで太郎は、小川町店に何度か足を運んだ事があり、夏の時期に生ビールフェアの恩恵を受けた事もありました。

もう数年ぶりになるゆで太郎にさっそく入店して、

KIMG3887.JPG

この券売機で「大もりそば 420円」の食券を購入します。あと当店アシスタントだけお休みなので、「生ビール 220円」を注文しました。

奥の受け渡し口まで食券を持っていくと、「生ビールはいつご提供しましょうか?」と聞かれたので、すぐに出してもらいました。

KIMG3889.JPG

まず生ビールだけ受け取って、カウンターの奥のほうの席に腰掛けます。ビールの銘柄はサッポロビールで、量は普通の居酒屋で出てくる中ジョッキと、ほとんど大差ないくらいでした。以前の生ビールフェアでは、確かエビスビールが出てきたような気がしましたが、気のせいだったかな???

KIMG3888.JPG

腰掛けたカウンター席のまん前には、何と!製麺室がありました。こちら「ゆで太郎」では、どうやら各店舗ごとに製麺をおこなっているようで、チェーン展開店としては比較的打ちたてのそばが食べれるようです。

KIMG3890.JPG

比較的早い時間で大もりそばが出来上がり、席まで運びます、420円にしては量は結構あります。よくお伺いする「増田屋」の大もりそばが、確か620円くらいで今回よりやや多い量なので、コストパフォーマンスは結構高いです。

KIMG3891.JPG

麺は細い割にはコシがあって、のどごしもよく味わいも比較的よいです。そばつゆも特筆するほどではないものの、スッキリした味わいでそばの味わいを引き立てています。ただもうちょっとそばつゆが欲しかったです、大もりにしては食べ終えることには、そばつゆがほぼ無くなっていましたから・・・。

以前ゆで太郎に入った時は、ここまで美味しいとは思わなかったのですが、恐らく超多忙なスケジュールで、寝不足気味の時だったからかもしれません。それでもまあまあ美味しいと思っていたから、早朝には時々お伺いしていたのですが・・・。

ところでこちら「ゆで太郎」のそばは、そば粉がどのくらい使われているか?気になったので、ちょっと調べてみました。その結果こちらの方のコメントによれば、そば粉55%だったようです。

この「55%」という数字は、人それぞれ感じ方は違うかもしれません。ただ日本そばは、「そば粉がたくさん入っていればいるほど美味しい」とは限らず、小麦粉など他の材料の配合具合によって、食感に影響が出ます。また茹で加減や麺の仕込み具合によっても、食感は変わってくるでしょう。よく聞く話ですが、「十割りそば(そば粉100%のそば)はボソボソして不味い」というのは、「そば粉がたくさん入っていればいるほど美味しい」とは限らない現われです。

またこれもよく勘違いされているのが、「茶色い日本そばほど質がいい」というものです。これは「小麦粉の割合が多いから、茶色くなくて白っぽいんだ!」という誤解で、私自身そう思っていた頃もありました。ところが実際はまったく逆で、蕎麦の実そのものは白っぽく、茶色いのはいわゆる「そばガラ」なのです。それに茶色い色が必ずしも「蕎麦由来」とは限らず、色素で着色されている事も考えられます。

よくよく考えると、比較的高級な日本そば(たとえば先日お伺いした「しのはら」など)は、ほとんど茶色がかっていません。まあ意図的にそばガラを残して、茶色く見せているところもあるし、小麦粉ばっかりの日本そばも出回っているようですから、一概に「白っぽい日本そばは高級」とも言えないのはもちろんですが・・・。

ごちそう様でした、お手頃価格で結構お腹いっぱいになります。

もちろん食べようと思えば、あと大もり1人前くらいは入りそうですが、きりが無いのでこれで終わります。いくらお手頃価格とはいえ、たくさん食べようとすると、外食ではやはり高くついてしまいます。家で日本そばを茹でれば、250円くらいの乾そばを買ってきても、今回の大もり2人前くらいは楽勝で食べれます。そば茹でに自信がある大そば食いの方は、家で食べたほうが断然お得です。こう考えると、立ち食いそばを毎日利用しているってのも、もったいない話ですね。

今回の砂子店は朝6:30〜夜23:30までの営業ですが、小川町店をはじめ多くの店舗は24時間営業なので、思いついた時にいつでもそばが食べれるからいいですね。飲酒後の〆なんかのように、「家に帰って茹でるのも面倒くさい」なんて時は、非常に重宝しそうです。

生ビールフェアが続いているうちに、もう1回くらい足を運ぼうかと思います^^


格安料金60分2000円で施術  {  指圧マッサージ サムライ  } 
川崎市 川崎区の 指圧マッサージ サロン



パソコン 川崎 指圧マッサージ サムライ メインHP 川崎 指圧マッサージ サムライ ispotページ



モバイル 川崎 指圧マッサージ サムライ メインHP 川崎 指圧マッサージ サムライ ispotページ



ブログの新作ご確認は、ツイッターが便利です
川崎 指圧マッサージ サムライ パソコン用ツイッター  川崎 指圧マッサージ サムライ モバイル用ツイッター
posted by サムライ斉藤 at 23:29| Comment(0) | TrackBack(0) | どうでもいい話
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/162992838
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック