2016年11月02日

今日のうちのごはん 平成28年11月2日

KIMG1047.JPG

今日の朝ご飯は、また久しくなってしまいましたがパン食です。近頃はご飯(米)が増えてきたせいか、パン食も麺類も珍しくなってしまいました。

KIMG1048.JPG

私の朝ご飯は薄切りの食パン4枚に、マヨネーズとケチャップを格子模様に絞り、オーブントースターで焼いた「オーロラトースト」です。2つの皿に分かれていますが、今朝は当店アシスタントが準備したため、1つの皿では落としてしまう心配があったため皿2つにしました。なのでどちらの皿も、内容は同じです。

KIMG1049.JPG

当店アシスタントの朝ご飯は昨日同様に、食パンにピザソースを塗って、モッツァレラチーズとスライストマトを乗せて焼いた「トマトピザ」です。買い置きのミニトマトが日にちが経ってしまい、生食だとやや心配なので、加熱調理に使いました。

KIMG1051.JPG

食後のデザートに、昨日OKで買っておいた「ラフランス」と、青汁をいただきます。

KIMG1052.JPG

こちらが「ラフランス」、いわゆる西洋梨の一種です。ラフランスって山形県原産って勘違いしてましたが、原産地はフランスなんです。ちなみに新潟県の名産「ルレクチェ」も、原産地はフランスです。

KIMG1054.JPG

今回は早すぎたのか、和梨の様にシャキシャキしていて、ラフランス特有のネットリした食感はなかったです。・・・まあ私としては、ネットリとかグジャっとした食感よりも、シャキシャキした食感のほうがいいのです。なので今回くらいの食感で、むしろ良かったですが・・・、正統派の西洋梨道家からすると邪道なんでしょうね・・・。

KIMG1053.JPG

青汁は水が多すぎると、青汁独特の「ます〜〜〜い!」味わいが薄らいでしまうので、最小限の水で溶かしています。なのでしっかりかき混ぜて飲まないと、コップの縁に青汁がこびりついてしまいます・・・。

KIMG1055.JPG

今日のお昼は時間が充分取れたので、やや豪勢なお昼ご飯です。

KIMG1056.JPG

まずは炊きたての山盛り白いご飯と、

KIMG1059.JPG

神州一味噌のしじみ汁です、ここまではよくあるパターンです。

KIMG1057.JPG

今日のお昼ご飯のメインディッシュは、この「カレイの煮付け」です。冷凍のカレイをそのまま鍋に入れ、水・醤油・酒・みりん・砂糖・塩を加えて、弱火で1時間くらい煮込んだものです。朝作っておいたので、しっかりと味が染み込んでいます。

KIMG1058.JPG

ちなみにこちらは、まいばすけっとで買っておいた『キーマ「カレー」』です(^^;;;;;。余ってたので出したのですが、偶然「カレイ」と「カレー」になりました・・・^^;。本当はカレー味のカレイにしたかったのですが、やや合わなそうだったので、別々にしました。

KIMG1060.JPG

当店アシスタントのお昼ご飯も、私とほぼ同じ内容です。カレイは分けるのが面倒なので、1つの皿に入れて分けて食べます。

KIMG1063.JPG

今回のカレイは身がしまって美味しかったのですが、骨が非常に固くて危ないです。イワシやサンマの骨ならまったく気にしないで、骨ごとでも食べれる私でも、今回のは遠慮しておきました。この骨がのどに刺さって死ぬって事はないでしょうが、しばらく痛い思いをしないとダメになるので、固い骨の魚を食べる時は気をつけたいものです。

KIMG1064.JPG

さて閉店を迎え、今晩は晩ご飯&晩酌タイムです。

KIMG1066.JPG

今晩のメインディッシュは、OKで500円くらいのが30%オフになっていた、「クジラベーコン」です。名前だけは何度も聞いていましたが、クジラベーコンを実際に食べるのは初めてです。・・・いやそういえば、もう7〜8年くらいも前に、とある居酒屋で頼んだことがあったかなあ・・・(町田のモンテローザ系列だったと思いましたが・・・)

何度かOKに行く度に、30%オフのシールが張ってあるのを目にし、買おうかどうか迷いながらやめるの繰り返しでした。・・・まあマグロの刺身を買ったと思えば、別に高い買い物じゃないんですが、今の日本では「鯨 = 高い」は定説になってますからね・・・。牛肉でも何でもそうですが、ピンキリですからね・・・^^;

KIMG1070.JPG

クジラベーコンとくれば、白いご飯を用意しないわけにはいきません。お昼に3合じゃなくて、4合炊いておいてよかったです^^

KIMG1067.JPG

こちらは名前は忘れたのですが、同じくOKで買ってきた、やはり30%オフのガンモドキのようなお惣菜です。安いとついつい、買い物かごに放り込んでしまってるので・・・^^;

KIMG1068.JPG

そしてこちらもOKで買ってきた、やはり30%オフの枝豆です。既に何度も買っていますが、OKの枝豆は美味しいです。冷凍食品の枝豆じゃ、ここまでいい食感になりませんから・・・。

KIMG1065.JPG

さて1杯目のドリンクは、昨日までよく出てきている、サントリーの「ホップタイム PM6:00」です。それではクジラベーコンに感謝して・・・じゃなくて、今日一日無事に終われたことに感謝して、乾杯!

KIMG1071.JPG

さっそくクジラベーコンを1枚取り、ご飯と共にいただきます。クジラ肉独特のクセのある味はほとんど感じられず、豚肉のベーコンにも劣らないくらいの、まろやかですっきりした味わいです。

子供の頃は鯨肉が苦手でしたが、成人を迎えてすぐの頃に酔っ払った勢いでクジラ汁を飲んだところ、「美!味!い!」という感動を覚えたのが、クジラ好きになったきっかけでした。しかしこの頃には不幸なことに、商標捕鯨は徹底的に槍玉に挙げられていたため、鯨肉の価格は牛肉をはるかに凌いでしまいました。おかげでここ10年くらい(町田の居酒屋の件が記憶違いでなければ8年くらい・・・)、鯨肉を口にしていませんでした。

KIMG1072.JPG

クジラベーコンばかり食べていられないので、今度はガンモドキのようなお惣菜もいただいてみます。中にひじきが入った、ふっくら柔らかめのガンモドキっぽい食品です。豆腐を加工しているのは、多分間違いないと思いますが・・・。

KIMG1073.JPG

今度は昨日も登場した、オリオンビールの「麦職人」です。写真には撮りませんでしたが、2本あけてしまいました。

KIMG1074.JPG

それにしてもクジラベーコン、脂肉なのにすっきりしているのはなぜでしょう???。それは鯨の脂肪って、魚の脂肪と同じく「人間の体の中で固まりにくい」からでしょう。よく「鯨を食べなくても牛肉や豚肉食べておけばいいんだ」という意見があるようですが、次のような理由から鯨肉の代用として陸上獣肉は向きにくいです。

牛肉や豚肉など陸上獣肉の元になる動物は、大抵体温が高いので、脂が固体から液体になる温度(「融点」といいます)が高いんです。この温度が人間の体温よりも高いので、人間の体の中(血管など)に入ると、液体から固体に変わりやすくなります(高脂血症など)。ところが魚や水中の哺乳類は大抵体温が低いので、脂の融点が低くなります。この温度は人間の体温よりも低いので、水中動物の脂肪が人間の体に入っても固まりにくいんです。

「じゃあ魚を食べればいい」という意見もあるようですが、実は魚肉と鯨肉とで決定的に違うことがあるんです。それは「鯨肉にはバレニンという物質が含まれている」という事です。この「バレニン」は疲労に打ち勝つための成分、要するにスタミナアップの成分のようですが、豚肉などには僅かに含まれているものの、魚肉にはほとんど含まれていません。

このように鯨肉には、「魚のように凝固しにくい脂肪分」「バレニンという魚肉や獣肉にはほどんどない成分が含まれる」のです。鯨肉が長い間食べ続けられてきたのも、鯨肉の持つ健康パワーを昔の人が知っていたのかもしれません。なのでこのような歴史ある食習慣を、よそ者の何らかの利権でガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタ・・・疲れた・・・、言われる筋合いはないのです。

・・・おっとこんな事を書いてしまうと、バクダンが送られてくるかもしれませんからこの辺で・・・。それにしても「鯨は友達」だよって言ってるのに、「牛は友達」「豚は友達」「羊は友達」になれないものなのでしょうか・・・。・・・まあまた近い将来、鯨肉がお手ごろで手軽に食べれるようになるといいですね。

KIMG1075.JPG

・・・さてもう一品、小さい器に入っていた黒い液体ですが、これは10月25日のブログに出てきた、「サンマの甘辛煮」の残り汁です。何か料理に使えるかと思って、冷蔵庫に保管していましたが、結局今日まで使わずじまいだったので、熱いお湯で薄めて飲みます。この中にもサンマの栄養分、特にDHAなどの魚油が大いに溶け込んでいますから、無駄なく飲み干します。

KIMG1076.JPG

さてアルコール飲料が底をついてしまったので、スジャータの「赤葡萄」のジュースを出してきて、ワインを飲んだ気分になりましょう。それでは次から次へと、恵まれた食生活に乾杯!

KIMG1077.JPG

さて昨日のブログでも予告しましたが、1リットルで300円近くもするスジャータの「赤葡萄」と、1リットル98円のスジャータ「グレープ果汁100%」を飲み比べてみましょう。どちらも同じメーカーのものですが、200円近い差がある理由とは、一体なんでしょう???

KIMG1079.JPG

まずは高い「赤葡萄」から、じっくり味わってみます。コップに鼻をつけた時、ワインのような独特の香りが伝わってきます。一口味わうとワインのようなややまろやかな舌触りと共に、アルコールだけ抜いた甘口ワインのような、ぶどう特有の渋みがうっすら感じられます。

KIMG1080.JPG

そして今度は安い「グレープ果汁100%」を、やはりじっくり味わってみます。コップに鼻をつけた時、ワインのような香りではなく、やや酸っぱみのある香りが伝わってきます。味わいもぶどうそのものなのですが、なんか水っぽくてワインの舌触りとは程遠いです。マスカット果汁が含まれているので、完璧に比べることは無理ですが、ワインとは別物の味わいがするジュースですね。

・・・まあ正直なところ、私は「グレープ果汁100%」も結構気に入っています。アップルジュースやオレンジジュースの安物はたくさんあれども、グレープジュース(果汁100%)はあまり見かけないからです。「ぶどうのジュースが飲んでみたい!」と言う方は、まず安物から初めて、その後で「赤葡萄」のような高級なものに進んだほうが、よりぶどうジュースを楽しめるかもしれません。

今日はグルメな1日になりましたが、あんまり食費にお金つぎ込まないように、注意しながら明日もやっていきます。それではまた明日^^


格安料金60分2000円で施術  {  指圧マッサージ サムライ  } 
川崎市 川崎区の 指圧マッサージ サロン



パソコン 川崎 指圧マッサージ サムライ メインHP 川崎 指圧マッサージ サムライ ispotページ



モバイル 川崎 指圧マッサージ サムライ メインHP 川崎 指圧マッサージ サムライ ispotページ



ブログの新作ご確認は、ツイッターが便利です
川崎 指圧マッサージ サムライ パソコン用ツイッター  川崎 指圧マッサージ サムライ モバイル用ツイッター
posted by サムライ斉藤 at 23:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のうちのごはん
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/177687580
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック