2018年03月04日

銭湯に行って来ました その5「ゆ〜シティ蒲田」(蒲田)

今日は当店の営業は、午前中で終わりです。たまには思い切って、土日祝日でも丸々1日休みにしたいのですが、先月のインフルエンザによる5日間の予期せぬ休業で、 パターンが狂ってしまったので、今月は午前だけはせっせと働くようになりそうです・・・。

さて午前の仕事が終わると、お昼ご飯を昨年何度かお伺いした、川崎DICE7階の「石庫門」で済ませます。その後一路、京急蒲田駅へ向かいます。今日はこれから、当店アシスタントがネットで調べた、「蒲田温泉」という銭湯料金で利用できる温泉施設へ足を運びます。

京急蒲田駅に着きましたが、私は蒲田温泉の場所を詳細に把握しておらず、何度か足を運んでいる当店アシスタントに任せることにしました。10分・・・いや15分くらい歩いたでしょうか、何か以前見たことのある橋を渡っている事に気付きます。でもあまり気にせずにそのまま進みました。そして到着したのが

20180304_143656848.jpg

蒲田温泉・・・あれ?、ここ「ゆ〜シティ」じゃん!。どうやら蒲田近辺の方の中には、ゆ〜シティを蒲田温泉だと思っている事も珍しくないようです、同じ黒湯で同じように大ホールや黒湯を備えているから、無理もないと思いますが・・・。

ところでなぜ私が、「ゆ〜シティ」を知っていると思いますか?。「ネットで調べたから」、いや違います(でも合ってはいますが・・・)。実はまだ私が実家の新潟にいた頃、就職先探しのため関東にやってきた時に、こちら「ゆ〜シティ」を何回か利用していたのです。もう13年くらい前になるでしょうか、ネットで駅チカの銭湯を探していた時に、偶然こちらがヒットして、カラオケも出来るホールで飲食も出来るという事で驚いていたものです(1度も利用してませんでしたが・・・)。そしてお風呂の質も、銭湯料金でここまでやるか!というくらい、質が高かったのを覚えています。

その思い出深い「ゆ〜シティ」に、どういう運命の誤算?かたどり着いてしまいました。今から蒲田温泉(真の)に行き直してたのでは時間の無駄ですし、先ほども記載したようにゆ〜シティの施設は素晴らしいです。なので今回は、こちらでゆっくり過ごす事にしました。

入り口を進むと、右手にフロント、左手には小規模ながら休憩所が用意してあります。フロントの奥に男湯と女湯への入り口があり、その脇の階段を2階に上がったところに、飲食コーナーを兼ねたステージ付きの大ホール(+お座敷席)があります。まずは1000円ずつ支払って、手ぶらセット(入浴料+サウナ利用料+フェイスタオル+バスタオル+シャンプー+リンス)をいただきます。30分後くらいに休憩所で待ち合わせにして、いざ入浴に向かいます。

ゆ〜シティの脱衣所は決して広いとは言えず、今日みたいに土日祝日で混み合っていると、自分のロッカーの両隣の方が着替え中など、立ち往生してしまうこともあります。ロッカーは100円リターン式で、後から100円玉は返ってきます。それでも一時的にごった返していたようで、ちょっとするとすいてきました。

浴室は露天風呂胃咳は、ごく普通の透明なお湯で、普通の浴槽・ジャグジー・ジェットバスなど定番の浴槽がそろっています。サウナの近くには水風呂が用意され、サウナは乾式で結構高温です。露天風呂・・・といっても屋内タイプで、広さもさほど広くもなく、狭くもないくらいです。この露天風呂の黒湯は、とにかく「真っ黒」と言えるほど黒々していて、その割にはヌルヌル度はそれほど強くないので、湯上りは比較的壮快です。

お風呂から上がった後は、2階の大ホールに向かいます。こちらでは

20180304_153525271.jpg

20180304_153515962.jpg

このような数多くのお食事や飲み物を、楽しむことが出来ます。また1曲200円で、カラオケを楽しむ事も出来ます。

20180304_154257297.jpg

まずは瓶ビールで乾杯です、こちらの特筆すべき点は、キリン・アサヒ・サッポロの瓶ビールを、3種類取り扱っているという事です。しかも氷点下ビール並みにギンギンに冷えているので、瓶でも美味しくいただけます。

20180304_155210326.jpg

20180304_163634334.jpg

お食事の様子は私の食べログレビューに譲りますが、とにかく銭湯の飲食スペースとは思えないほど、質の高い料理が提供されます。また

20180304_155608368.jpg

カラオケの設備もいい音が出せるものなので、お風呂以上にカラオケを楽しみに来られている方も多いかと思います。飲食は券売機での前払いなので、食事が済んだらまたお風呂に行って、上がったらまたホールに行くというのも、手軽に出来ます。

結局5時間くらい居座ってしまいました、それだけ時間を忘れてしまう居心地のよさです。駅から徒歩6〜7分(道が分かっていれば・・・)で着ける、お昼から夜中までやっている利便性、やはり素晴らしい施設です。次回は蒲田温泉(真の)へ行く事になりますが、また足を運びたい銭湯です。


指圧マッサージサムライは、業界最安値で最高に指圧マッサージを目指します!
{  指圧マッサージ サムライ  }川崎市川崎区の指圧マッサージ サロン

パソコン 指圧マッサージ サムライ メインHP 指圧マッサージ サムライ ispotページ

モバイル 指圧マッサージサムライ

ブログの新作ご確認は、ツイッターが便利です
指圧マッサージサムライ ツイッター

よりリアルタイムな情報は、フェイスブックが便利です(店舗用は未登録で閲覧できます)
サムライ斉藤Facebookページ(メイン)
指圧マッサージサムライFacebookページ(店舗用)
posted by サムライ斉藤 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 銭湯に行って来ました
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184312861
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック