2018年03月02日

カラスやハトは捕まえられない?「鳥獣保護法」とは?

もうすぐ春を迎えますが、春が近づくとゴミ捨て場などに、時々カラスを見かけるようになります。当店近くのゴミ捨て場にはネットがないため、カラスがゴミ袋を破って中の物が散乱している光景も、時々見かけるようになります。

昨年のブログにも記載しましたが、当店入居ビル前の教会には桜の木があり、この木の上のほうにはカラスの巣があるのです。この巣でも春が近づくと、繁殖のためカラスの行き来が活発となります。今までカラスに突つかれた!とか、カラスに糞を落とされた!なんて被害はないですが、こう身近にカラスがうようよ出没スすると、もしもの事をつい想像してしまいます。

そんな昨日、ご来店のお客さんとの会話で、ゴミ捨て場にカラスが出るようになるという話題になりました。そこで私が「カラスを駆除したりは出来ないものか?」と話をしたところ、カラスに限らずハトやスズメなどその辺にいる動物類の多くは、勝手に駆除したり捕まえたり出来ない法律があるというのです。これがいわゆる「鳥獣保護法(正式名称は「鳥獣の保護及び管理並びに狩猟の適正化に関する法律」)」というもので、大元になった法律は明治時代からあるんだそうです。

この「鳥獣保護法」の主な役目は「野生動物(主に鳥類と哺乳類)」で、むやみに動物を捕まえたりして生息数が激減するような事のないようにするのが狙いのようです。そのため何かと問題になりやすい、カラスやハトなどの被害に遭っていたとしても、それを理由に勝手に駆除したり殺したり出来ないんだそうです。もし規定されている鳥獣類を勝手に駆除したりすると、罰則の対象になるようです。

この「鳥獣保護法」によって許可無く駆除などが出来ないものには、カラスやハト・スズメの他、キジ・イタチ・ハクビシン・アライグマなど数十種類が挙げられています。時々ご家庭内に出没したりする、ドブネズミやハツカネズミなどは、駆除は出来るものの許可がいるんだそうです(誰も許可なんて取ってないんでしょうが・・・)

さて野生動物(鳥獣)の保護という聞こえのいい主旨の「鳥獣保護法」ですが、激烈な被害、例えば「ハトに集団営巣されて糞まみれになっている」「カラスに通るたびに突かれそうになる(突かれた)」「スズメに家庭菜園(あるいは普通の畑)で植えてあるのを持っていかれた」などに遭っておられる方々からすると、厄介な法律ではないかと思います。特に「人体への危害が及ぶ」「衛生面で問題になる」「経済的に打撃を受ける」場合、スピーディーに事が解決してもらわないと死活問題です。

免許を受けた業者などにより、鳥獣保護法に規定されている動物でも駆除は可能な場合もありますが、その業者も決して多くは無く、問題が起こってから解決に至るまでに相当時間がかかったり、或いは解決に至らず現状を忍ぶ事になるかもしれません。そのためこの「鳥獣保護法」をもっと緩和し、駆除できる業者をもっと増やすべきではないかと思います。

動物愛護は結構な事ですが、そのために「人間の生活や健康や生命に危害が及ぶ」のでは、何にもなりません。うまく両者を両立して、やっていけないものでしょうか?




川崎「指圧マッサージサムライ」は、業界最安値で最高の指圧マッサージを目指します!
川崎市川崎区の、低価格と高品質を融合する格安リラクゼーションサロン


公式HP
川崎 指圧マッサージ サムライ メインHP 

旧ISPOT掲載ページ(現在でも基本情報や過去の口コミなどは見れます)
川崎 指圧マッサージ サムライ ispotページ

当店のジモティーページ
川崎 指圧マッサージ サムライ ジモティーページ

ブログの新作ご確認は、ツイッターが便利です。
斉藤貴史個人ツイッター

当店の公式ツイッターです、時々頻繁に?ツイートしてます^^;
川崎 指圧マッサージサムライ 公式ツイッター

よりリアルタイムな情報は、フェイスブックが便利です(店舗用は未登録で閲覧できます)
サムライ斉藤Facebookページ(メイン)
川崎 指圧マッサージサムライ Facebookページ(店舗用)

こちらも時々更新している、インスタグラムです。
斉藤貴史 個人インスタグラム
川崎 指圧マッサージサムライ インスタグラム

Google版ページ
川崎「指圧マッサージ サムライ」川崎の格安リラクゼーションサロン
オーナー斉藤貴史の、googleマップ口コミ

オーナー斉藤貴史の食べログレビューページ
食べログレビューページ
posted by サムライ斉藤 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | どうでもいい話
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186048763
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック