2012年04月28日

この1年を振り返って

今夏用のフェイスタオルを2時間ほど高温乾燥して、カラッとさせています。待っている間に、開店してからのこの1年を振り返ってみます。

開店する事になった昨年4月は、東日本大震災がらみの自粛ムードもあり、派手な宣伝を打てる雰囲気ではありませんでした(それほどでもなかったのかも・・・)。HPの「パンフレット博物館」を見ていただけば分かりますが、オープン告知パンフレットはフルカラーにせず、わざわざグリーンスケール(緑系の色のみで構成)にして印刷しました(理由は「自粛」というより、店内での施術風景を撮影したカラー写真が無かっただけなのですが・・・)


開店から現在までを振り返ると、3ヶ月ごとに4つのシーンに分ける事が出来ます。


開店から3ヶ月間は、「試練の時期」です。

開店当日の昨年4月29日は、祝日ということもあって、5名の方が来店されました。初日から「お茶を引く(お客ゼロ)」事にならなくてホッとしたのを覚えています。「この調子で、うまくいくかも知れない!」、そう思いました。

ところが、翌日から約3ヶ月間は赤字続きでした。お茶を引く日も珍しくなく、お客が入っても1日1名〜2名、多くても3名です。「これではいかん!」、パンフレットを作成し、街頭で配布する事を決意します。

警察の許可が必要だったり、100人に声をかけて受け取ってくれたのは20〜25人くらいだったりと何かと大変でしたが、いい経験になりました。この時パンフレットを受け取ってご来店された方の中には、現在もご来店されている方も10名ほどはおられます(当人の関係者の方も含め)

また、HPを積極的に更新したり、無料のマッサージ関連ポータルサイトに片っ端から登録した甲斐があって、インターネットを経由してのご来店者も、少しずつ増えていきました。

運転資金が豊富にあったので、この3ヶ月間は基礎的な経営手腕を学ぶいい時間になりました。3ヶ月目の7月中は、1日平均の来店者数が3名に達し、この時期にしては上出来(?)な結果が出るようになりました。


オープン3ヶ月記念の昨年7月29日から3ヶ月間は、大々的な宣伝告知により、大幅に来店者芻を増やす時期でした。

この時期、川崎区の一部地域に合計3万部のパンフレットをポスティングします。時を同じくして、インターネットの有料ポータルサイト「ispot」の利用を開始します。

サービス面では、施術コースを30分・45分・60分・75分・90分の5つとし、選択範囲を広げました。また、平日午後1時までは施術時間が50%アップするサービスなど、現在のサービスの基本となるものが生まれます。

そして、この時期に「平日すべてが22時までの営業」となり、また一歩利便性が高まります。


オープン半年記念の昨年10月29日から3ヶ月間は、「店舗スタイルの確立」の時期です。

開店当初から誤解を受けやすかった「男性専門サロン」「激強押し御用達」「女性・高齢者は危険」といったイメージを払拭するため、「レディースデイ」の実施や「70歳以上割引」の大々的な告知、ご利用ルールの厳格化などをおこなっていきます。

また、土日の22時までの営業が増え、平日午前中に施術時間が3分の1アップするサービスもこの頃にスタートします。

今年1月からは、22時までの営業日は終日90分コースまでご利用できるようになり、わかりにくい施術時間制限も少しは改善されます。


そして最後の3ヶ月間は、「締めくくり」です。

川崎区のうち、パンフレット未配布地域への3万部のポスティング(一部配布済み地域あり)をおこない、川崎区での宣伝活動を終了します。

施術室の温度管理も、1年間営業してきた事でつかめてきました。

ブログを開始し、今までは見えずらかった「サムライ斉藤」の雰囲気がつかめやすくなりました。

今までは重要視していなかった「口コミ投稿」の価値を見直し、割引サービスを設けることによって大幅に投稿数を増やしました。これをご覧になった方が、安心してご来店されるきっかけとなり、さらに新規の来店者が増えていきます。


そして明日でちょうど1年、当店も随分成長したものです。


2年目は、当店の経営思想をさらに広範囲に広め、リラクゼーション業界・手技療法業界の改革を促すとともに、巷で横行している「不正整骨院の健康保険濫用手抜きマッサージ行為」と真っ向から太刀打ちしていく次第です。


格安料金60分2000円で施術  {  指圧マッサージ サムライ  } 
川崎市 川崎区の 指圧マッサージ サロン



パソコン 川崎 指圧マッサージ サムライ メインHP 川崎 指圧マッサージ サムライ ispotページ



モバイル 川崎 指圧マッサージ サムライ メインHP 川崎 指圧マッサージ サムライ ispotページ

posted by サムライ斉藤 at 02:05| Comment(0) | TrackBack(0) | どうでもいい話
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/55558351
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック