2012年10月31日

そば屋とバーが一体化?、SOBAR「蕎麦の実」がオープンしました!

今日の夜は、また一段と冷え込みます。去年の10月11月は結構朝晩も暖かい日が多かったのですが、今年は朝晩に限らず日中も暖かい日が少ないように感じます。まあ、本来秋ってこういうものなんでしょうが・・・。

先日ご来店のお客さんから、さりげなく「チネチッタの近くに、お酒の飲める蕎麦店がオープンした」を聞かされました。まあそば屋は別にどうでもよかったのですが、「カレーもある」と聞いてちょっと気になりました。

そうです、そば屋のカレーって意外に美味しいところが多いのです。理由としてまず挙げられるのが、「仕込みにただの水ではなく、日本蕎麦を茹でた後のそば湯を使っている場合が多い」事、もう1つが「大手チェーンのような欧風の脂ぎった異常に茶がかったカレーではなく、学校給食で食べたような家庭的な質素なカレーが多い」事です。

本当は昨日の飲み会の後に足を運ぶつもりでしたが、ビールの飲みすぎで「もう食えねえ」信号が出てしまったので、今日に延期しました^^;;;

聞いていた場所ですが、チネチッタ入り口の「串カツでんがな」の隣あたりだそうです。あれっ?、このあたりって確か「大新楼」っていう中華料理屋があったはず、本店と別館の2箇所があったので、どちらかがそば屋に変わったのかな?

そんな事を考えながら閉店後の本日23時半、現地に向かいます。

銀柳街のアーケードを出てチネチッタ方面を見ると、

KIMG0093.JPG

何と!、「大新楼」の本店のあった場所に、ご覧のような新しい店が出来ています。いつの間に!?、ほんの半月ほど前にはまだなかったのに・・・。では「大新楼」の別館はどうなっているんだろう・・・。

KIMG0092.JPG

行って見ると、まだ営業していていい時間なのに、シャッターが下りていました。閉店したのでしょうか?。こちらへは2回くらい行ったことがあり、チャーハンとラーメンが結構美味しかったのを覚えています。ただ記憶が薄いので、「大新楼はいずこへ?」というようなブログを書く事も出来ません・・・。

さてここまで来て、中華料理屋の思い出にふけっている場合ではありません、「蕎麦の実」に入店します。

こちらのお店は、24時間営業だそうです。恐らくは24時間アルコール類も扱っているんでしょうから、24時間飲めるって事になりますね、川崎らしい営業展開です。

中はカウンター席が6つくらいと、テーブル席が3〜4席くらい、決して広い店内とはいえませんが、2階にも席があるのかもしれません。中華料理屋だった頃もこんなに狭かったんでしょうか?、本店へは1回も入った事がなかったので、今となってはわかりません。

メニューを見て、カレーを探す前に飲み物を見てみると、決して安いお値段ではありません。今回はカレーのために来たので、飲み物は頼まずカレーだけを注文する事にしました。

KIMG0094.JPG

メニューには「おうちカレー」と「トロカツカレー」とがありました、後者も捨てがたいですが、今回の目的「そば屋のカレー」のために前者を注文しました。

店内はそこそこ賑わっていて、カウンターの男女ペアのお客さんと店長らしき方が、店の事などについて話していました(こちらの内容については、翌日のブログで記載します)。雰囲気的にはテーブル席はそば屋、カウンターは居酒屋のイメージが強いように思いますが、入り口の手動の扉がなんともレトロです。

KIMG0095.JPG

これが「おうちカレー(500円)」です、見た感じ異常なまでの茶色味は無く、人参などの具材も見ただけでかなり確認できるので、家庭的なカレーなのが伝わってきます。しまった・・・、また福神漬け抜いてもらうのを忘れた(T_T)。仕方が無いです、「「秘技! さらば福神漬けどけどけ食い(?)」を使うしかありません(以前の「秘技! 福神漬けサヨナラ食い(?)」と何が違うのかと言う質問はご遠慮ください^^;;;)

味もこってり油っぽい感じは無く、辛さも普通で万人に受け入れられやすいと思います。肉は牛肉ではなく豚肉を使っているようなので、これもいい味出しています。

ただ1つ言わせてもらうなら、「カレーは美味しいんだけど、これとセットになるご飯がかなり柔らかすぎやしないか?」という事です。カレーに用いるご飯は、いくら日本式のドロッとしたカレーでも、やや堅炊きにするのがベストです。まあ、今回たまたま柔らかめだったのから仕方がないのですが・・・。

とはいえ、家庭的なカレーはやはりいいです。うちでも作りたいのですが、店内がカレー臭で充満してしまう恐れがあるので、出来ない状態です(カレーのにおいって、中々お香では誤魔化せないんですよね・・・)

お会計の時に、店長らしき方はお客さんを接客中なので、別の店員にカレーについて聞いてみました。

斉藤:こちらのカレーは、ここで作っているんですか?
店員:そうですね、奥に厨房がありますからここで・・・
斉藤:よく「そば屋のカレーは、そばつゆを使って仕込んでいる」と聞きますが、こちらもそうなんですか?
店員:それは、えーっと・・・(返答に困る)

・・・とその時、接客中だった店長らしき方がフォローに入ります、さすがですね。

店長:うちのカレーは、そばつゆは一切使っていないんですよ。
斉藤:では、何か特徴があるんですか?
店長:1人暮らしの方に、ご家庭で食べるような味を気軽に楽しんでもらいたい、そんなカレーを作ってています。
斉藤:なるほど、確かに家で作ったようなカレーです。

結局「蕎麦の実」のカレーは、「そばつゆを使ったカレー」ではなかったものの、もう1つの条件「家庭的な質素なカレー」の条件は満たしているんじゃないかと思いました。

カレーだけ食べて出てくるのは何とも忍びない気がしましたが、店長いわく「このカレーを目当てに来てくれる方も多いんですよ」という言葉を後押しに、堂々と店を出てきました。今度は、もりそばを食べに来たいですね。

KIMG0096.JPG

店舗脇には、このようにお持ち帰りコーナーもありますが、やはりそばは出来たてをすぐに食べたいものです。

さて、「蕎麦の実」を出ると、一路「一軒め酒場」に向かいます。安くて手っ取り早く飲みたいなら、やはりここが一番です。

KIMG0097.JPG

今回は「ほうれん草とベーコン炒め(280円)」と名物の「豚足焼き(200円)」、生中(340円)、グレープフルーツサワー(190円)です。おつまみは1本で充分だったのですが、カルシウム補給(?)のためにも豚足焼きも注文。

毎回もらえる50円の割引券を出して、お会計は約1000円でした。

いつもここに来て疑問に思うのですが、毎回お会計の際にもらえる50円引き券、有効期限もないので実質毎回50円引きになるって事ですね。


〔 追伸 〕

その後チネチッタ界隈へ行って見ると、

K3400205.JPG

「大新楼」の別館のほうは、営業していました^^

次の「昔懐かしの中華そばを求めて」は、こちらにしようかな^^;;;


格安料金60分2000円で施術  {  指圧マッサージ サムライ  } 
川崎市 川崎区の 指圧マッサージ サロン



パソコン 川崎 指圧マッサージ サムライ メインHP 川崎 指圧マッサージ サムライ ispotページ



モバイル 川崎 指圧マッサージ サムライ メインHP 川崎 指圧マッサージ サムライ ispotページ



ブログの新作ご確認は、ツイッターが便利です
川崎 指圧マッサージ サムライ パソコン用ツイッター  川崎 指圧マッサージ サムライ モバイル用ツイッター
posted by サムライ斉藤 at 23:49| Comment(0) | TrackBack(0) | どうでもいい話
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/59866752
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック