2012年12月18日

昔懐かしの中華そばを求めて その26「大新別館」

今日は一応「定休日」です、しかし午前中と18時台はお客さんをお取りしてしまったので、中途半端な休みです。

お昼にせっかく時間があったので、前に行っておこうと思いつつ後回しになっていた小川町の「大新別館」へ、いつもの如くラーメン探訪をしに行きました。

K3400205.JPG

こちらです。「大新別館」とありますが、本店である「大新楼」がすでに

KIMG0093.JPG

このような「蕎麦の実」というそば屋に変わっているので、事実上「大新別館」が本店のようなものです。

さっそく入ります。

「いらっしゃいませぇぇぇぇぇ!」、中国人のお姉ちゃんの威勢のいい声が聞こえてきます、よし合格!

13時現在、店内のお客はまばらです。この様子なら、本館と別館の2つも要らないですね、駅前はテナント料高いですから。それにしても、川崎市は中華料理店数日本一だけあって、ここ小川町界隈も「犬も歩けば・・・」ではないですが、中華料理屋だらけですね・・・。これではいくらかつて一世風靡した「大新楼」でも、押されてしまうわけです。

まあそれはさておき、「ラーメン(確か500円?)」を注文します。こちらは以前お伺いした時、チャーハンが美味しかったので今回も一緒に注文したかったのですが、今晩久しぶりに「大和路」へしゃぶしゃぶを食べに行くので、ラーメンだけにしておきます。

店内を見渡すと、結構年季が入っています。私は川崎に長く住んでいるわけではないので、こちらのお店の6年以上前の様子は分かりませんが、今でいう「天龍」くらいの活気はあったのでしょうね。

KIMG0134.JPG

「おまちどおさまでぇぇぇぇぇぇすぅ!」、さっきのお姉ちゃんの威勢のいい掛け声と共に、ラーメンが登場です、よし合格!

麺は細くてやや縮れています、茹で具合はやや柔らかだったかなあ、まあ許容範囲内です。500円だけあって、麺の量はそんなに多くないです。

具はメンマ・ネギ・ナルト、そしてやや小ぶりで厚みのあるチャーシューです。昔懐かしの中華そばの要素が全て揃っていますが、盛り付け方の問題なのか色鮮やかさが今一つといった感じです。でも具そのものの味わいはしっかりしていました、特にチャーシューはいい味出てます。

スープは安心できる鶏ガラベースの、やや濃い目であっさりした味わいです。こういう味のスープって、インパクトこそ薄いものの、好き嫌いが少なくて無難なのかもしれません。逆に「濃厚背油豚骨スープ」ともなると、嫌いな方はとことん嫌うけれども、好きな方は熱狂的信奉者に変貌してしまうくらい好む傾向にありますね。

ごちそうさまでした、この店がまだ現役で残っていて良かったです^^。さて、お会計するか・・・。

「ありがっとおございましたぁぁぁぁ!、またお待ちしておりますぅぅぅぅぅ!」、最後も威勢のいいお姉ちゃんで終わりました、よし合格!

今度また来てチャーハン食べたいけど、他に回りたい店もあるし、来年になるかなあ・・・。


格安料金60分2000円で施術  {  指圧マッサージ サムライ  } 
川崎市 川崎区の 指圧マッサージ サロン



パソコン 川崎 指圧マッサージ サムライ メインHP 川崎 指圧マッサージ サムライ ispotページ



モバイル 川崎 指圧マッサージ サムライ メインHP 川崎 指圧マッサージ サムライ ispotページ



ブログの新作ご確認は、ツイッターが便利です
川崎 指圧マッサージ サムライ パソコン用ツイッター  川崎 指圧マッサージ サムライ モバイル用ツイッター
posted by サムライ斉藤 at 23:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 昔懐かしの中華そばを求めて
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/61157971
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック