2013年03月02日

痛いだけのマッサージは地獄への道?

昨日の施術論では、マッサージや整体などにおいて巷に蔓延している「嘘」の1つ、「強い施術は全部ダメ!」みたいな事について記載しました。今日はもう1つの嘘である、「マッサージや整体は、強ければ強いほど、痛ければ痛いほど効く!」を、突き崩していこうと思います。

昨日のブログで、「筋肉の緊張をほぐすには、それなりの強い圧が必要」という事を述べました。この事は実際に施術を受けられている方なら、経験的にご理解いただけているでしょうし、施術をおこなう立場の方も、(素直に認めたくない方もいるでしょうが)承知している事と思います。

ただ、どういうわけかリラクゼーション業界はもとより、「治療」を標榜している「先生方」の間においても、

「マッサージなどの刺激は、強くすればするほどよく効く!」

という間違った理論が、一部で流布しているようです。そして、こういった間違った理論に基づく施術によって、特にご高齢の方や体力の低下している方が、犠牲となっています。

施術者の中には、受け手(お客、患者)が「痛いので、もうちょっと緩めてください」と言っているにも関わらず、「ここを何とかしないとなので、我慢してください!」と聞く耳を持たず、過剰な力を加えた施術を続ける者がいます。こういうのを俗に「荒療治」というのですが、体ががっちりして体力のある方に対しては、効果的な場合もあります。

しかし、大抵の方、特にご高齢の方・体力が低下している方にとっては逆効果になってしまい、体調を崩されたり精神的にも不安定になってしまう場合もあります。そして、このような荒療治を継続して続けていれば、健康増進どころか寿命を縮めかねません。

なぜ容赦のない荒療治は、害になるのでしょう?

「自律神経」という言葉を聞いた事があると思います。人間(おそらく他の哺乳類も)は生命維持に関わる部分(心臓の拍動の調節、無意識での呼吸、体温調節、胃腸の働きの調節など)を、自律神経によって調節されています。自律神経には、「交感神経」と「副交感神経」という2種類があり、それぞれ以下の事を促します。

〔交感神経〕
心臓の拍動を高める、呼吸を速くする、脈を速くする、血圧を上げる、胃腸の働きを抑える、精神的に興奮させる、筋緊張を高める

〔副交感神経〕
心臓の拍動を抑える、呼吸を遅くする、脈を遅くする、血圧を下げる、胃腸の働きを高める、精神的に落ち着かせる、筋緊張を緩める

「痛い!」という刺激が体に与えられると、交感神経の働きが高まります。例えば、眠い時にほっぺたを思いっきりつねると、「いたたた!」という感覚と共に交感神経の働きが高まって、血圧が上がって眠気が覚める、といった具合です。

この「痛い!」という刺激が、強すぎるマッサージといった感じで持続的に加えられると、交感神経も持続的に高まり続けます。そうすると、血圧は上がったままとなり、逆に胃腸の働きは弱ったままとなります。こういうのが、本来の意味の「ストレス」です。ストレスが加えられ続ければどうなるか・・・お分かりですね。

ご高齢の方や体力の低下している方は、ストレスの影響を受けやすいので、より悪影響が出やすく、病気に対抗する免疫系の働きも弱ってしまいます。「治療」するはずが「病気」にしてしまったんじゃ、元も子もありません。

当然の事なのですが、受け手が求めている力加減を一方的に逸脱して、施術を進めるなど論外です。これで怪我でもしたりした場合、立派な「傷害罪」です。荒療治をおこなうなら、それを求めている方だけにおこなうべきです。

ちなみに申し上げておきますが、私は「荒療治」はおこないません!

今回の文章も、本当はHPの「同業者の方用ページ」用に作成したものでしたが、お客さんの立場の方々のご理解が不可欠であるため、施術論として公開しました。整体やマッサージなどの施術をお受けになられる皆さん、ご自身の身の危険を感じたら、速やかに退散しましょう^^;


格安料金60分2000円で施術  {  指圧マッサージ サムライ  } 
川崎市 川崎区の 指圧マッサージ サロン



パソコン 川崎 指圧マッサージ サムライ メインHP 川崎 指圧マッサージ サムライ ispotページ



モバイル 川崎 指圧マッサージ サムライ メインHP 川崎 指圧マッサージ サムライ ispotページ



ブログの新作ご確認は、ツイッターが便利です
川崎 指圧マッサージ サムライ パソコン用ツイッター  川崎 指圧マッサージ サムライ モバイル用ツイッター
posted by サムライ斉藤 at 23:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 施術論
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/64132653
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック