2014年01月15日

タイマッサージ王国小岩の火付け役の老舗「ワラポーン」へ行って来ました!

昨晩からかつて掛け持ちでバイトしていた、小岩というところに来ています。既に日は変わっていますので、以降は1月15日深夜という設定で記載していきます。

ここ小岩は、なぜかタイ古式マッサージなどのいわゆる「タイマッサージ」の宝庫です。なぜ今回あえて「古式」を抜いて記載したかというと、私が約2年前のブログにも記載したのですが、巷で「タイ古式マッサージ」を標榜している所のほとんどは、「物まね」レベルだからです。

それはともかくとして、小岩のタイマッサージはどこも低価格です。60分あたり3500円のところがほとんどです。その中で私がよく利用していた、そして今晩お伺いする「ワラポーン」は、何と60分3150円です。しかもこちらの施術は、「物まね」ではなくまさに高レベルの「タイ古式マッサージ」そのものです。

この「ワラポーン」小岩には3件あり、北口に2件、南口に1件あります。駅からは南口の「ワラポーン3」が一番近くて、1分かからずに行けますが、ここは日によっては夜中でも結構混むようです。そのため今回は一番静かな(私がそう思っているだけかも・・・)、北口の「タンタワン」へ向かうことにしました。「タンタワン」とありますが、実質ワラポーン2の位置付けです、何でここだけ名前が違うんだろう?

私はマッサージなどを受けたりする前に飲酒するというのは控えているので、小岩に着いたらまずはマッサージを受けに行きます。北口を出てすぐの歩道を右側に歩いていくと、

KIMG0591.JPG

「日本海庄屋」が見えてきますので、ここのすぐ奥の道を左に曲がります。

KIMG0592.JPG

あとはこの通りをまっすぐに進むだけです、150m〜200mくらい歩いた右側に、

KIMG0593.JPG

このような店舗があります、スタッフの方がちょうど出てきました^^;。ちなみにもう200mくらい進んだ右側には、総合司令所とも言うべき?「ワラポーン1」がありますが、ここも比較的賑やかです。

KIMG0594.JPG

料金表示の看板があります、通常のタイ古式マッサージは格安ですが、オイルを用いる施術になるとどうしても値段が上がってきますね。これはどこでも同じなので仕方がありません、相場よりも低いだけでも良しとしましょう。

KIMG0595.JPG

階段を上って突き当たり右のドアを、「ノック」してから入ります、でもどこかにチャイムがあるのかもしれませんが・・・。正面はトイレです、突き当たり正面にトイレってのも凄い作りですね^^;

「いらっしゃいませ」、タイ人(恐らく・・・)女性セラピストが中に案内してくれます。「タンタワン」では入り口を入ると、まず右手のソファーに案内されます。靴は入り口すぐ右脇の靴入れに入れるようです。

今回はよく指名で受けていた、店長のハマさんはお休みのようです(T_T)。女性セラピストが電話で別のセラピストを呼びます、どうやら1名しかおらず施術中だったようです。

「お先にお着替えお願いします、終わったら少々お待ちください」、ソファーの正面にはカーテンで仕切られた施術空間があり、こちらに案内されてパジャマを渡されます。以前はタイ古式マッサージ特有の施術着で、特にズボンを履く時の紐の結びがやや大変でしたが、今回は普通の薄手のウェアーになっていました^^

しばらく待つと、別の女性セラピストがやってきて、奥でプットバスの準備をします。タイ古式マッサージでは、どこのお店でも大抵最初にフットバスがありますね、裸足で施術するから当然なのかもしれませんが・・・。私は足の裏のかさつきがひどかったので、この日のためにユースキンで数日かけて修復しました(^^;;;;;。このクリームをしっかり塗って厚手の靴下を履いておくと、結構修復効果ありますね。

フットバスが終わると、いよいよ施術が始まります。「ワラポーン」系列の施術は、仰向け→うつ伏せ→座りの順番で行われていきます。

今回もいつものように「首と肩」を重点的にやってもらうことにしました。日本にあるタイ古式マッサージでは、首や肩の施術は安全面を考えてお手柔らかになる傾向にありますが、その分今回は肘を用いた「これでもか」というくらいの対応をしてもらえました。そういえばタイ古式マッサージって、肘もよく用いますね、もちろん先の尖ったところだけでなく全体を用いるので、痛すぎることもそうありません。

60分の施術はあっという間に終わりました、その中で多種多様な術式を展開していくのですから、タイ古式マッサージはハードですね。本当はこの後、もう1件別のところを回るつもりで60分に抑えたのですが、結局ここだけで終わってしまったので、90分にしておけばよかったです。

今回の女性セラピストは、恐らくまだ経験は浅いと思うのですが、細かい術式にもしっかり対応できています。ただ最後のアクロバティックなブリッジ(私は飛行機と呼んでいますが・・・)はちょっとしんどかったようで、変法を用いていました。

施術後はお茶のサービスがあります、「温かいお茶冷たいお茶、どちらにしますか?」、こういう寒い日は当然暖かいお茶に限ります。タイマッサージ店だと大抵紅茶系が多いですが、今回は珍しく抹茶でした^^

本当は前金制で入店直後にお支払いをするのですが、今回は後払いになってしまいました。3150円ちょうど渡します、「ありがとうございます」、施術開始の時とお金を受け取る時は、セラピストは必ず合掌しますね。

こんな感じで、2年3ヶ月ぶりの小岩でのタイ古式マッサージは終わりました、もっと川崎から近ければ頻繁に来れるのですが・・・。

今回の「ワラポーン」が開店した頃は、まだタイマッサージ店は皆無だったようです。それがいつの頃からか増えに増えて、現在では30店近くにまで増えています。小岩はテナント料が安いから出店しやすいのかもしれませんね。或いはもしかすると、タイ人街みたいなところが、どこかにあるのかもしれません。

今度は次の目的地、ラーメン店(兼居酒屋)の「○信」に向かいます。


格安料金60分2000円で施術  {  指圧マッサージ サムライ  } 
川崎市 川崎区の 指圧マッサージ サロン



パソコン 川崎 指圧マッサージ サムライ メインHP 川崎 指圧マッサージ サムライ ispotページ



モバイル 川崎 指圧マッサージ サムライ メインHP 川崎 指圧マッサージ サムライ ispotページ



ブログの新作ご確認は、ツイッターが便利です
川崎 指圧マッサージ サムライ パソコン用ツイッター  川崎 指圧マッサージ サムライ モバイル用ツイッター
posted by サムライ斉藤 at 02:13| Comment(1) | TrackBack(0) | 川崎以外のリラクゼーション
この記事へのコメント
ワラポーン、懐かしい響きです。
深夜やってるマッサージ店が無かった時代有るのは韓国エステ等の風俗系が主流でした。
それはそれで良かったのですが体が痛い中探してたのがワラポーンです。
特有のマッサージにはまり良く通いました。
その内3店舗に成り繁盛してるなと思ってました。
暫く空いて仕舞いましたがどうしてるかなと検索したら此処に辿り着きました未だ頑張ってたんですね。
今は地元にもタイマッサージ店が出来まして行く機会も減りましたが何故か行きたく成りました。
Posted by wind at 2016年08月01日 17:48
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/85593894
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック