2014年08月26日

昔懐かしの中華そばを求めて その118「バーミヤン西六郷店」

皆様、ご無沙汰しております。連日猛激務の日々が続いており、ブログの更新が再び緩慢になってしまい、申し訳ございません。

近頃はブログの更新どころか、生活必需品の調達すら、日中におこなうのが厳しくなってきています。待合室のお菓子や飲み物・備品、果ては食料品に至るまで、多摩川を越えて東京都まで行き、マックスバリュエクスプレス六郷土手駅前店を利用する機会が増えています・・・。

今度の30日の定休日も潰れて、営業になってしまうかもしれなかったのですが、今回帰省できないと10月初めまで出来なくなってしまうので、何とか死守しました。しかし9月は、25日木曜日だけしか定休日がありません(27日土曜日は潰しましたT_T)

こんな調子で、その日の集客に悪戦苦闘しているサロンや治療院も多い中、1ヶ月以上先の心配までしなければならない有様です。まあ体力も精神力も、まだまだ余力たっぷりですから、安部さんが頑張ってくれているうちに、大いに動き回ってやります(^^)v

今日も閉店が遅くなり、日中も抜け出すチャンスがなく、OKに買い物に行けずじまいでした・・・。そんなわけで、今日もまたマックスバリュのお世話になります。でも腹減ったなあ、そういえば夕食まだでした^^;

そんなわけで今日は、マックスバリュから自転車で2〜3分くらいのところにある、

KIMG1841.JPG

ここ「バーミヤン 西六郷店」にやってきました。こちらは先日の買い物帰りに、ふと見つけて気になっていたところです。

バーミヤンはあのガストジョナサンと同じ、「すかいらーく」という会社のチェーン店です。

なので最初はブログで紹介する程じゃないと思っていましたが、先日1回お伺いしたろ頃、意外と料理の質や雰囲気がよかったので、今回中華そばブログネタの対象となりました。ちなみに川崎区にもあるのですが、市電通りの奥にあって行きにくく、うちからの場合は西六郷店のほうが便がいいです。

さっそく入店すると、先日はベテランと新人の女性店員が出迎えでしたが、今日は男性店員が出迎えてくれました。先日も今回も、落ち着いたトークで印象はいいです。禁煙席か喫煙席かを聞いてくるので、迷わず禁煙席をお願いしました。

店内はすべてテーブル席で、一応中華料理店という設定であるバーミヤンですが、高級レストランのようなたたずまいです。同じ系列でも、クイックガストの人でごった返している雰囲気とは、まったく正反対です。まあ川崎区の「天龍」も、アーケード角のところと本館とでは、雰囲気がまったく違いますが・・・。

メニューを取ろうとした時、

KIMG1832.JPG

しゃぶしゃぶの食べ放題のメニューがありました、何と大人1699円(税抜)です!。先日は気付きませんでしたが、安い!、7月下旬に行った「京やさいしゃぶしゃぶ」以下です。

KIMG1833.JPG

しかも牛肉・豚肉・鶏肉・野菜類はもちろんのこと、ライスやうどんから餃子やワンタンまで、「こんなにいいの?」って至れり尽くせりです。恐らくは期間限定なんだと思いますが、これは中華そばブログネタ仕入れを中止して、しゃぶしゃぶにしたほうがいいかもしれません^^;

備え付けの押しボタンで、店員を呼びます。

斉藤:すみません、このしゃぶしゃぶ食べ放題は、今日もやっているんですか?
店員:申し訳ございません、こちらが23時でラストオーダーになってしまいます
斉藤:そうなんですか・・・(今22時50分・・・T_T)

・・・というわけで、再び中華そばブログネタ仕入れに逆戻りし^^;

KIMG1834.JPG

いちばんスタンダードな「バーミヤンラーメン 399円」と、

KIMG1835.JPG

前回お伺いした時に気に入った「ベーコンと青菜炒め 399円」を注文します。

それにしても店名の「バーミヤン」って聞くと、あの石仏(今は壊されてありません・・・)で有名な、アフガニスタンの「バーミヤーン」が頭に思い浮かびます。この中華料理店となんら関係のなさそうな名称が、なぜ店名になったのか、その経緯が知りたいところです。

KIMG1839.JPG

もう1つ気になるのが、この「桃から生まれたバーミヤン」でもないのに、何で桃のマークなのかという事です。しかも葉っぱの反対側が青くなってるし・・・。それにしても、深夜2時まで営業しているから、当店の営業が日をまたいでしまっても、かろうじて利用できるのは有難いですね。まあそんなに遅くなったら、むしろ「香蘭本店」に行きますが・・・。

KIMG1837.JPG

まず「ベーコンと青菜炒め」が登場です!、いいですねえ青菜の青々した色合いが、期待感を高めます。味わいは私好みで、ほんのりにんにくソースが加わった、あっさりした味わいです。ベーコンはもちろんお気持ち程度ですが、このチョビットなベーコンも、青菜の旨みを引き立てています。

KIMG1836.JPG

そしてメインイベンターの、「バーミヤンラーメン」が登場です!。ただ出来れば、焼き海苔はもっと脇においてもらえると、他の具材が目立ってよかったのですが・・・(自分で脇に移せばよかったのですが・・・)

麺は細縮れ麺で、茹で具合はちょうどよく、プリプリ食感とまではいかないものの、比較的よい食感です。麺の量は399円のラーメンとしては、本来充分な量なのですが、同料金でラーメンを提供する「日高屋」とどうしても比較してしまうため、やや少なく感る錯覚に見舞われます。

具はメンマ・ネギ・ほうれん草・焼き海苔・チャーシューで、中々いい顔ぶれです。メンマはそれほど歯応えはありませんが、味付けはちょうどよく食べやすいです。ネギはお気持ち程度で、シャキシャキ感が乏しいのが残念です。ほうれん草も緑の色あいと食感が乏しく、時間が経っているのがうかがえますが、399円のラーメンで入っているだけ良しとしましょう。チャーシューは無難な塩コショウの味付けで、美味しかったです。

スープは鶏ガラベースと思われる醤油スープに、カツオの風味が効いています。一見日高屋のラーメンスープと似ているように感じましたが、バーミヤンのほうがマイルドながら、味わいはやや濃厚のように感じました。

ごちそう様でした、お値段リーズナブルでここまでやれれば、大したものです。でも先日食べたネギラーメンのほうが、もっとインパクトありますが・・・。近くにチェーン展開のお手軽な飲食店が少ない、六郷土手駅界隈にあって、バーミヤンは花形になりそう・・・ですね^^;

今度来るときまでに、しゃぶしゃぶの食べ放題があるといいなあ^^、とりあえずまた今度寄ってみます。


格安料金60分2000円で施術  {  指圧マッサージ サムライ  } 
川崎市 川崎区の 指圧マッサージ サロン



パソコン 川崎 指圧マッサージ サムライ メインHP 川崎 指圧マッサージ サムライ ispotページ



モバイル 川崎 指圧マッサージ サムライ メインHP 川崎 指圧マッサージ サムライ ispotページ



ブログの新作ご確認は、ツイッターが便利です
川崎 指圧マッサージ サムライ パソコン用ツイッター  川崎 指圧マッサージ サムライ モバイル用ツイッター
posted by サムライ斉藤 at 23:20| Comment(1) | TrackBack(0) | 昔懐かしの中華そばを求めて

2014年08月16日

昔懐かしの中華そばを求めて その117「楓(かえで)」(雑色)

今日は閉店後、昨日に引き続き東京都大田区まで足を運びます。京浜急行雑色駅から程近いところに、そこそこ美味しいラーメン屋があると言う情報をいただいたので、はるばる出かけて行こうと思います。

今回向かうのは、雑色駅近くの「楓(かえで)」というラーメン専門店です。川崎からは国道15号線(第1京浜)を、蒲田方面にひたすらまっすぐ行けばいいだけなので、説明は割愛させていただき、

KIMG2070.JPG

雑色駅までワープさせてもらいます(^^;;;;;

ちなみにご存じない方もおられるかもしれないので、記載しておきますが、「雑色」は「ぞうしき」と読みます。私はしばらくずっと、読み方を「ざっしょく」だと勘違いしていました。そして本来の「ぞうしき」の漢字表記を、「蔵敷」とか「造織」とか勝手にイメージしていたので、「雑色=ぞうしき」になったのは比較的最近です^^;

余談ですが、当店にご来店のお客さんで、「京急の駅は、変な駅名のところばっかりだ!」とぼやいていたお客さんがおりました。そう考えると、今回の「雑色駅」も「変な駅名」になってしまうのかもしれません・・・^^;

雑色駅前は非常に開けていて(六郷土手駅前と比べた場合・・・)、飲食店などが結構ひしめき合っています。駅から非常に近いところには「さがみ湯」という、この辺に根を張っている銭湯があるらしいので、今度こちらにも足を運んでみたいです。

KIMG2071.JPG

駅前のアーケードを右に曲がって、しばらくまっすぐ行くと第1京浜との十字路があり、その左前方に

KIMG2065.JPG

今回の目的地、「楓」があります。ちなみに楓の1軒右隣には、

KIMG2066.JPG

別のラーメン店があります。この写真だけでは、何ていうラーメン屋なのかまったく分からないので、食べログページを貼り付けることが出来ません・・・^^;。それにしても、2軒隣同士でラーメン店があるってのは、どちらかが喧嘩を売るが如く、ドーン!と店を構えてしまったといういきさつがありそうに思えますが・・・。

KIMG2067.JPG

夏限定メニューで、生ビール中ジョッキが100円オフの、350円になっています。でも自転車で来たことだし、またあまりアルコール欲がなかったので、見るだけで楽しみました^^;。それではさっそく、そこそこおいしいラーメン店に入店します。

「いらっしゃいませ!、奥のほうへどうぞ!」、今風のイケてる(っぽい?)ラーメン店スタイルの若い男性店員が(若くもないのかも・・・)、声をかけます。店内は逆「L」字型のカウンター席のみで(確か・・・)、こじんまりしていますが、店内は23時間近にもかかわらず大盛況です。

KIMG2068.JPG

今回はこの「醤油ラーメン 650円」を注文します。モヤシの部分が「○」でピックアップされていますが、写真を見ただけでは何か分かりません^^;

今回足を運んだ雑色駅界隈には、先程の名も無きラーメン屋(もちろんちゃんと名前はあるはずですが・・・^^;)の他のも、何件かのラーメン店・中華料理店があるらしいです。閉店後のサイクリングも兼ねて、この界隈の散策をしてみるのもいいと感じました。

KIMG2068.JPG

「醤油ラーメンお待たせしました!」、おおっ!、写真よりインパクトある!。ではさっそく、いただいてみましょう^^

麺は中太ストレート麺で、茹で具合はちょうどよく、もともとコシのある麺のようで、食感はよかったです。麺の量は650円のラーメンとしては、若干物足りなさを感じたものの、こういう今風のラーメン専門店では、やむを得ないのかもしれません。麺の色がやや茶色がかっているのは、恐らくはスープに入っている魚粉のためと思われますが、適度なので気になるものではないです。

具はメンマ・ネギ・焼き海苔・チャーシュー・モヤシで、焼き海苔が中央にドーン!と陣取っていて、やや場違い感を感じたので、縁に移動しました。メンマは適度な味付けですが、お気持ち程度です。ネギも「入っている!」事は分かりますが、こちらもお気持ち程度って感じです。モヤシは詳細については忘れてしまったのですが^^;、丸印でピックアップするような、特別なインパクトは無かったです。チャーシューはスモークハムのような食感で、脂身も適度で味付けはマイルドなので、美味しかったです。

スープは鰹(カツオ)の味わいの強い、あっさり醤油ベースのスープです。魚粉が入っていますが、適量なのでくどくなく、塩加減もちょうどよいです。つけ麺屋のラーメンとしては、比較的すっきり美味しくいただけます。

ごちそう様でした、雑色で今もっとも注目されている(らしい・・・)ラーメン店のラーメンは、予想以上にあっさり美味しい逸品でした。今度はこちらでもっともウリの(らしい・・・)、味噌ラーメンを堪能してみたいですね。

というかその前に、隣の名も無きラーメン店(何度も申し上げるように、ちゃんと名前はあるのでしょうが・・・^^;)にも、足を運んでみたいと思います。


[ 追記 ]

六郷にお住まいのお客さんのお話では、楓がオープンして隣のラーメン店のお客が流れてしまったために、店名を変えてしまったようです(オーナーも変わったかは不明)


格安料金60分2000円で施術  {  指圧マッサージ サムライ  } 
川崎市 川崎区の 指圧マッサージ サロン



パソコン 川崎 指圧マッサージ サムライ メインHP 川崎 指圧マッサージ サムライ ispotページ



モバイル 川崎 指圧マッサージ サムライ メインHP 川崎 指圧マッサージ サムライ ispotページ



ブログの新作ご確認は、ツイッターが便利です
川崎 指圧マッサージ サムライ パソコン用ツイッター  川崎 指圧マッサージ サムライ モバイル用ツイッター
posted by サムライ斉藤 at 23:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 昔懐かしの中華そばを求めて

2014年08月15日

昔懐かしの中華そばを求めて その116「宴客」(六郷土手)

今日は閉店後、京急本線「六郷土手駅」界隈に来ています。今日は六郷の花火大会のため、この界隈は人通りが多く、自転車にもかかわらず、中々前に進めません。

先程「大田屋」というラーメン店に入った後、今度は逆に六郷土手駅の右手に向かいます。「くいどころ」という飲食店を過ぎたところに、

KIMG1796.JPG

本日2軒目の訪問先、「宴客」という中華料理店があります。夜中にマックスバリュへ買い物に来た時、いつも電気がついているので、日をまたいでの営業かと思ったのですが、閉店は深夜0時のようです。

さっそく入店しましたが・・・中から群衆の雄叫びが・・・、おおっ!!!、混んでる!!!。入り口側の席は、すべて人・人・人で埋め尽くされています。

それでも奥のテーブルに空きがあるので、群衆をよけながら奥の席に向かい、腰掛けます。程なくして中国系のオッチャン・・・店員が、お冷やを持ってきたので、間髪いれずに「ラーメン」「餃子」を注文します。

出来上がるまで座って待っていましたが、群衆が宴会する音が凄まじく、このまま数時間いたら難聴になってしまうかもしれません!?。でもパチンコ屋とかゲーセンなんて、これくらいの騒々しさですから、大丈夫か・・・。あいつもはこれほど凄くはないんでしょうけどね、やっぱりハナキンでおまけに花火大会の後の日ってのは、避けておくべきでしたね^^;

お冷やのお代わりをもらおうかと思って、テーブルに置いてあるポットを持ち上げると・・・空っぽでした(^^;;;;;。替えをもらおうにも、これだけの大盛況の中でオッチャン1人で切り盛りしているので、とても頼めず他のテーブルのポットと摩り替えました。

それでも比較的早い時間で(私感覚で・・・)、

KIMG1793.JPG

ラーメンが登場です!

麺は細縮れ麺で、茹で具合はやや柔らかめかと思ったのですが、麺自体はしっかりしているので、麺の性状がそれほどコシがないもの(そうめんのような)なのかもしれません。ラーメンの値段はこのブログを書いている段階で忘れてしまったのですが、恐らく480円〜520円の範囲と思われ、お値段の割に麺の量は多めかと思います。

具はメンマ・ネギ・ゆで卵・わかめ・チャーシューで、全体的に具の量は多いです。メンマは薄味でまろやかな味わいですが、歯ごたえがもう一息ってところでしょうか?(私感覚で・・・)。ネギはみじん切りのものが、お気持ち程度に入っていて、歯ごたえはまずまずってところです。わかめは結構多めに入っていますが、恐らくは乾物を戻したもののようで、柔らかい食感です。適度な硬さのゆで卵は味付けはなく、スープを絡ませて食べると美味しくいただけます。チャーシューは脂身が適度のものが2枚入っていて、塩コショウベースの落ち着いた味付けですが、端で持つと崩れやすいくらい柔らかです。

スープは恐らくはとんこつベースと思われる醤油スープに、やや甘めの味わいを感じます。この甘さは何とも言いようのない、醤油スープによくマッチした甘さです。浦島太郎の「絵にも描けない美しさ」を絵で表現するのと同様に、この美味しい甘さを文章で表現するのは難しいです^^;

KIMG1794.JPG

餃子も登場です!

比較的大きめな餃子は、にんにくが適度に効いていて、野菜の食感もよく感じられます。ブログを記載している段階で、餃子のお値段は忘れてしまいましたが、300円〜350円の範囲ですから、このお値段でこれだけの餃子を提供できれば上等です。

ごちそう様でした、群衆に酔ってしまいましたが、ラーメンも餃子も比較的美味しかったです。

お会計をしようとレジに向かいますが、オッチャン・・・店員は電話中で、レジスターに表示されている「830円」を指し示しています。830円って事は、「ラーメン500円+餃子330円」、あるいは「ラーメン480円+餃子350円」、あるいは他の組み合わせなのかはわかりませんが、割とリーズナブルです。

しかしこれだけの群衆をオッチャン・・・店員1名で捌くってのは、いささか無謀かと思います。こちらは飲み物なんかもお手頃価格なので、人員削減で乗り切っているのかもしれません。しかし今日は、群衆で酔いました・・・^^;

今回の六郷界隈には、他にもよさそうなお店があるので、少しずつ開拓していきたいと思います。


格安料金60分2000円で施術  {  指圧マッサージ サムライ  } 
川崎市 川崎区の 指圧マッサージ サロン



パソコン 川崎 指圧マッサージ サムライ メインHP 川崎 指圧マッサージ サムライ ispotページ



モバイル 川崎 指圧マッサージ サムライ メインHP 川崎 指圧マッサージ サムライ ispotページ



ブログの新作ご確認は、ツイッターが便利です
川崎 指圧マッサージ サムライ パソコン用ツイッター  川崎 指圧マッサージ サムライ モバイル用ツイッター
posted by サムライ斉藤 at 23:53| Comment(1) | TrackBack(0) | 昔懐かしの中華そばを求めて

昔懐かしの中華そばを求めて その115「大田屋」(六郷土手)

今日は閉店後、久しぶりに外食でラーメンを食べに行きます。

先月の4日に川崎駅西口にある「新洪記」へいった時以来、1ヵ月半ぶりです。近頃は中々、中華そばネタ仕入れが滞っていたため(それ以前に外食の機会が激減してます・・・^^;)、すっかりご無沙汰していました。

本当は「新洪記」のほうを先に完成させるべきなのですが、最新の情報を楽しみにしている方もいるので、1つ飛ばしてしまいました・・・。もちろんその114も、出来るだけ早く完成させていきます。

さて今回足を運ぶのは、先日「マックスバリュエクスプレス 六郷土手駅前店」に行った時に見つけた、「大田屋」というところです。場所は比較的わかりやすく、マックスバリュと道を挟んで反対側です。

さて閉店後、自転車で一路六郷土手駅界隈に向かいます。途中の道がいつもより人が多いのは、今日が六郷の花火大会だからです。うちにも音だけは、しっかり聞こえてきましたが・・・。

KIMG1787.JPG

こちらが今回お伺いする「大田屋」です、平日は深夜0時までやっているのに対して、土日は21時で閉店してしまうので、注意が必要です。今回は自転車で来ましたが、電車の場合は六郷土手駅を出て、左にまっすぐ進めばあります。

自転車は脇にある階段を下りた、小道の脇に停めさせてもらいました。もちろんここは正式な駐輪場所じゃないですが、大通りに堂々と停めるとか、買い物もしないのにマックスバリュに停めるよりはマシです。

入店しようとすると、中から大勢がごった返す音が聞こえてきます、さあ座る場所あるかなあ・・・。とりあえず、中に入ると、「いらっしゃいませぇ〜!、奥のほうへどうぞ〜!」、奥の厨房からこちらの若主人らしき方が、奥へと導きます。

店内は入り口から見て、いきなり手前に大きなテーブル席が2つあります。その奥は、右側にカウンター席と厨房、左側に2人がけのテーブル席が2つあります。大きいテーブル席は満席でしたが、奥のカウンターや小テーブル席はガラガラだったので、安心してカウンターに腰掛けます。

・・・うーん、でも目立つ・・・、手前のテーブル席で団体様ご一行がワイワイやっている奥で、私が一人でポツンと腰掛けているのですから(^^;;;;;。ハナキンで花火大会の後だから仕方ないですが、やはりこういう日は避けるべきだったか?。まあ私はこういうシーンも、それほど気にしませんが。

KIMG1788.JPG

めげずにメニューを拝見します、全体的に割りといいお値段です。いちばん安い

KIMG1789.JPG

「醤油ラーメン」でも650円です、今回はこれにしましたが、私は塩も好きなんですねえ・・・^^;

待っている間、団体様ご一行のワイワイ弾む会話を聞きながら、今まで撮りだめした写真の確認をします。これ見ていると、すぐにでもブログにしたいものがたくさんあります、そのうちゆっくりと^^

団体様ご一行の注文品が続々運ばれていき、約8分後に

KIMG1791.JPG

「醤油ラーメンお待ちどお様です!、熱いんでお気をつけください!」、ホール係の男性が、運んできてくれました。まあ熱々とまではいかないものの、熱気とほのかな醤油の香りが伝わってきます。

麺は中太麺で、茹で具合はちょうどよく、食感は比較的よいです。麺の量は650円のラーメンとしては、若干少なめに感じますが、今回のような日本人経営のラーメン専門店では、普通なのかもしれません。

具はメンマ・ネギ・モヤシナルト・焼き海苔・チャーシューで、懐かしいラーメンの要素がしっかり揃っています。メンマはやや甘めの味付けの食感のいいものが、お気持ち程度に入っています。ネギはみじん切りのものが、スープの表面にたくさん浮いて、結構シャキシャキ感がありよいです。モヤシはほとんどオマケみたいな感じで、お気持ち程度です。焼き海苔はおにぎりを包むくらいのだだっ広いものが1枚、どーん!と奥にそびえています。チャーシューは味付けが淡白で、脂身が適度なものが1枚入っていて、美味しくいただけます。

スープは恐らくは鶏豚混合と思われる、やや生姜が効いているような、あっさり醤油スープです。醤油の味わいはしっかりしているものの、塩加減は決して強くないので、すんなりと飲み干せました。

ごちそう様でした、特別劇的な感動があったわけではありませんが、1回食べておいて損はない逸品でした。今日はワイワイガヤガヤでしたが、普段は落ち着いた雰囲気の店内だと予想できます。

こちらで気になったのが、「お冷やがぬるい!」って事ですね。ご丁寧に提供してくれるのはありがたいのですが、3分位しか経ってないのにぬるい!ってのは、氷を入れてないからか、それ以前に水自体がぬるい!って事です。追加でお冷やを提供してくれたのはさらにありがたいのですが、提供後すぐに飲んだものまでがぬるい!ってのは、人によっては罰ゲームととられてしまいます・・・。

ネット情報によると、こちらでは「六郷チャーハン」なるものが、名物になっているようです。機会があれば、このチャーハンも味わってみたいものです(「普通のチャーハンでした」という意見もありましたが・・・^^;)

さてお次は、同じ大通沿いにある、「宴客」という中華料理店に向かいます。


格安料金60分2000円で施術  {  指圧マッサージ サムライ  } 
川崎市 川崎区の 指圧マッサージ サロン



パソコン 川崎 指圧マッサージ サムライ メインHP 川崎 指圧マッサージ サムライ ispotページ



モバイル 川崎 指圧マッサージ サムライ メインHP 川崎 指圧マッサージ サムライ ispotページ



ブログの新作ご確認は、ツイッターが便利です
川崎 指圧マッサージ サムライ パソコン用ツイッター  川崎 指圧マッサージ サムライ モバイル用ツイッター
posted by サムライ斉藤 at 23:39| Comment(1) | TrackBack(0) | 昔懐かしの中華そばを求めて

2014年06月28日

昔懐かしの中華そばを求めて その113「開拓」

今日は20時台・21時台で空きが出来たので、夕食がてらに中華そばブログネタ仕入れに、鋼管通りまで来ています。

先程「中国料理隆華」へお伺いしたのですが、雨の降りが強くなってきてしまいました・・・^^;。それでもまだ許容範囲内なので、鋼管通りを産業道路側に進んでみます、これ以上雨脚が強くならないのを願います。

KIMG1578.JPG

しばらく進むと今度は通りの左側に、中華料理店のような飲食店があります、「開拓」と書いてあります。食べログでは情報を見た事がありますが、ここにあったんですね。

先程よりもさらに雨脚が強くなってきました、このまま外にいたんじゃまずいです。本日2軒目のネタ仕入先として、こちら「開拓」に入店します。

「いらっしゃいませぇ!」、ご年配の女性店員が、出迎えてくれます。店内は左側にテーブル席、右側がカウンター席で、その奥がオープンな厨房です。店内は3名の先客がおり、みなさんカウンター席に腰掛けています。

先程の女性店員の他に、厨房を仕切っている50代前半くらいの女性店員と、ホールと厨房の双方を行ったり来たりしている若い女性店員がいます。食べログ情報では男性のご主人がおられるようですが、今日は不在でした。

KIMG1579.JPG

KIMG1580.JPG

さてラーメンは・・・、あった!「ラーメン 500円」です。でも他に、「正油ラーメン 600円」ってのもあります、どう違うのでしょう?

まあ今回はとりあえず、普通のラーメンを注文します。本当はここで「餃子」も頼もうかと思ったのですが、雨が収まって余裕があれば3軒目を回ろうか考えていたので、頼まずじまいでした・・・。

KIMG1581.JPG

「お冷やをどうぞ」、今度は若い店員がお冷やを持ってきてくれました。こちらも先程の「隆華」同様、お絞りはないようです・・・って別にいいんですが、ただここの所おしぼり提供店が続いていたので(^^;;;;;

ラーメンを待っていると、また新たにお客が入店してきました、雨の日でも入るところは入るんですね。3名の女性店員は、落ち着きながらもてきぱきと動いています、こういう光景は好印象です。

それにしても「開拓」というネーミング、どういうきっかけでこのようにしたのでしょう?。「開拓」と言えばどうしても北海道の「開拓使」が頭に浮かびます。もしかするとこちらのお店は、味噌ラーメンが売りなのかもしれません、でもそれは札幌を基準にした話で、旭川は醤油系統、函館は塩系統なんですが・・・。

・・・とこちらのお店を勝手に、北海道ゆかりのラーメン店に仕立てているうちに、

KIMG1582.JPG

「ラーメンお待ちどう様です」、今度は厨房の中年店員が、カウンター越しにラーメンを渡してくれました。おおっ!、見た感じ鮮やかです、ナルトが半没(半分沈没)しているのが惜しいですが・・・。

麺は細縮れ麺で、茹で具合はバッチリちょうどよく、食感もぷりぷりとした感じ・・・とまではいかないものの、比較的弾力があってしっかりしています。麺の量は500円のラーメンとしては、妥当・・・いやそれ以上かもしれません。

具はメンマ・ネギ・ほうれん草・ナルト・チャーシューで、昔懐かしのラーメンのキャスティングは完璧です。メンマは薄味でコリコリ食感が強く、良好な味わいです。ネギは切りたてとはいきませんが、新鮮なものが適度に入っていて、歯応えがいいです。ほうれん草は鮮やかな緑色・・・とまではいかないものの、量も適度に入っており、ラーメンの鮮やかさを醸し出しています。ナルトは広く薄く切られており、特別いい味と言うわけではないものの、懐かしラーメンの陰の立役者?たる堂々ぶりです。チャーシューはモモ肉と思われ、脂身は少なく噛み応えのある食感ですが、ストレートな塩味と言う感じの味付けで、マイルドで美味しくいただけます。

スープはあっさり醤油味で、豚骨ベースと思われますが、生姜が隠し味に使われているようです。醤油の味わいは強いものの、塩分は控えめなので、すっきりといただけます。生姜のおかげか、豚臭さ・生臭さは感じられません。

ごちそう様でした、シンプルイズベストで、良好な1杯でした。ここで餃子を頼めなかった(頼まなかった?)のが、心残りです。まあ機会があれば、先程の600円の「正油ラーメン」と共に、頼んでみたいと思います。

外は雨の降りが、一層激烈になってきています、どうやらやむ気配はありません。こちらで待っているわけにもいかないので、3軒目のネタ仕入れを断念して、土砂降りの中を帰路につきます(T_T)

こんな事なら、餃子頼んでおけばよかった、後悔先に絶たず・・・。

施術開始には余裕で間に合ったものの、結局ずぶ濡れで到着しました(T_T)。やはり雲行きが怪しい時は、遠出するもんじゃありませんね^^;


格安料金60分2000円で施術  {  指圧マッサージ サムライ  } 
川崎市 川崎区の 指圧マッサージ サロン



パソコン 川崎 指圧マッサージ サムライ メインHP 川崎 指圧マッサージ サムライ ispotページ



モバイル 川崎 指圧マッサージ サムライ メインHP 川崎 指圧マッサージ サムライ ispotページ



ブログの新作ご確認は、ツイッターが便利です
川崎 指圧マッサージ サムライ パソコン用ツイッター  川崎 指圧マッサージ サムライ モバイル用ツイッター
posted by サムライ斉藤 at 23:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 昔懐かしの中華そばを求めて

昔懐かしの中華そばを求めて その112「中国料理隆華」

今日は20時半からご予約のお客さんが、渋滞に巻き込まれて遅れてしまうため、22時20分からとなりました。そのため、20時台・21時台は空き時間になってしまいました。

せっかく空き時間が出来たので、夕飯がてらに中華そばネタ集めでも・・・と思ったのですが、今日の夜の雨の確率は80%です・・・。でも今のところ雨は降っていません、もしかするとこのまま降らずに、終わってしまうかもしれません。

そんなわけで、途中で雨が降ってくるのを覚悟で、20時ちょっと過ぎに自転車に乗って出かけました。まあ途中で怪しい状況になったら、引き返そうと思います。

今日向かうのは、知る人ぞ知る名店揃い?の、「鋼管通り」という通りです。まずは旧東海道を新川通までずーっとまっすぐに進み、紳士服のコナカで左に曲がり、しばらくまっすぐ進みます。

KIMG1560.JPG

国道15号線との交差点も直進します、左前方の建物は、「新川橋病院」です。さらにさらに直進し、

KIMG1562.JPG

追分交差点(五叉路)までやってきます。大通りの左手に

KIMG1561.JPG

デニーズ」のあるところです。

さて先程の追分五叉路、まっすぐ進むと「中華ハナ」などがある浜町方面に向かい、左へ曲がると藤崎方面へ、右に曲がると田島町から小田栄を経て、小田方面に向かいます。

KIMG1563.JPG

そして交番の左を右斜め前に伸びる

KIMG1564.JPG

この道路が、先程出てきた「鋼管通り」です。この鋼管通りとは、道路の名前だけではなく、その辺一帯の地名にもなっていて、かなり広い地域です。

この地名としての鋼管通りには、朝早くから営業している飲食店をはじめ、独特な雰囲気のお店が揃っている・・・というのを、よくお聞きしています。私自身、この界隈に足を運ぶのは、1回くらいしかありません・・・。今回は道路としての鋼管通りを前進して、中華そばブログにふさわしい飲食店を、探してみようと思います。

KIMG1565.JPG

しばらく進むと、左手にローソンがあります。ここを過ぎて前進すると、右手に

KIMG1566.JPG

住吉家」というラーメン屋があります。名前があの葛餅でお馴染みの「住吉屋」と混同しそうですが、ネーミングから家系っぽいぬが伺えるので、後回しにします。

KIMG1567.JPG

もうしばらく前進すると、やはり右手に中華料理店が現れます、「中国料理 隆華」と書いてあります。本日1件目のネタ仕入先は、こちらにしたいと思います。

おっと!、ここで雨がポツポツと降ってきてしまいました、なんてこった・・・。まだ傘がいらないくらいの降り方ですが、これ以上降ってこない事を願います。

KIMG1568.JPG

店頭にはこのように、写真を交えてイチオシメニューをアピールしています。「スタミナバッチリ!!」の「煮込みラーメン」も捨てがたいですが、今日のお目当てはあくまでも「中華そば」なので、涙をのんで・・・^^;

KIMG1570.JPG

アルコール飲料+小皿2品で1000円の、「よりみちセット」なんてのもあります。軽ーく一杯・・・といきたいところですが、「中華そば」優先・・・以前に自転車乗ってきたので、涙をのんで・・・^^;

KIMG1569.JPG

それにしてもこの「定食メニュー」の、「ラーメン・半チャーハン」のセット、700円で1人前のラーメンが出てくるのでしょうか?。とりあえず、中に入ります。

「いらっしゃいませ」、中国系の若い男性店員が、出迎えてくれます。天気が悪くなるのを見越してからか、先客はいません。店内は横長で、手前にテーブル席、奥に横一列のカウンター席があります。カウンター席のど真ん中に、腰を下ろします。

KIMG1573.JPG

「お冷やです、どうぞ」、お冷やが来ました、残念ながらおしぼりはないようです^^;。まあいいか・・・、さてメニューを見ると、

KIMG1571.JPG

「ラーメン 680円」がありました。ん!?、まてよ・・・、

KIMG1572.JPG

さっきの「ラーメン・半チャーハン」のセットが、700円で「スープ・デザート・お新香つき」、ラーメン単品と20円しか違わないんです・・・。これでどっちも同じラーメンが、出てくるとはとても思えません、恐らく単品のラーメンは、セットのものよりも具が充実しているのかもしれません。

完璧なスタイルでのご紹介をするために、またまた「涙をのんで・・・」、セットではなく単品のラーメンを注文しました。

KIMG1574.JPG

前方の棚には、マンガ本と共に、焼酎の空き瓶がインテリア代わりに置いてあります。この「JINRO(ジンロ)」って、焼酎の中では比較的飲みやすいです、やや甘口ですが・・・。

KIMG1575.JPG

「ラーメンです、どうぞ」、おおっ!来ました、680円で具が充実した・・・それほどでもなさそうです・・・。ごく普通の見た目なのですが、期待を膨らませ過ぎてたのでやや拍子抜けしてしまいました、まあいただいてみます^^;

麺は細めのやや縮れ麺で、茹で具合はちょうどよく、食感は比較的良いです。麺の量は680円にしては、やや少なめに感じました。

具はメンマ・ネギ・もやし・チャーシューで、キャスティングはいい線いっています。メンマはコリコリ食感は比較的よく、味付けもちょうど良かったのですが、3本とお気持ち程度です。ネギも切りたて同様で見た感じは多めでしたが、実際はお気持ち程度です。もやしもシャキシャキしていますが、こちらもやはりお気持ち程度です。チャーシューは2枚入っていて、脂身が適度で味付けもまろやかで、他の具財の不足分を一心に背負っている?のか、具の中ではもっともボリューム感があります。

KIMG1576.JPG

スープはとんこつ系の醤油スープで、やや白濁感はありますが、あっさりしています。生臭さや油っぽさは感じられず、美味しくいただけます。

ごちそう様でした、懐かしの中華そば的な超あっさりとはまた違うのですが、無難に美味しくいただけました。

1つ課題となったのは、先程の700円のラーメン半チャーハンセットの、もしかすると今回の単品のラーメンと、同じものかもしれません。そうなると、断然セットで頼んだほうが「お得」です。こちらにお伺いしてラーメンを注文するご予定のある方は、セットのほうを頼んでみるのも良いでしょう、もしかすると「お得」になるかもしれません。

お会計を済ませようと店員を呼ぶと、もう1名別の中国系の女性が、会計に出てきました。どうやら最低3名のスタッフ(ホール2名、厨房1名以上)がいるようです。土曜の夜だし、雨さえ降ってこなければ、もう少し賑わっていたかもしれませんね。

さて店を出ると、先程よりもやや雨脚が強くなっています、傘がないと徐々に濡れていく位の降り方です。でもまだ余裕があるので、もうちょっと鋼管通りを奥に進んでみます。


格安料金60分2000円で施術  {  指圧マッサージ サムライ  } 
川崎市 川崎区の 指圧マッサージ サロン



パソコン 川崎 指圧マッサージ サムライ メインHP 川崎 指圧マッサージ サムライ ispotページ



モバイル 川崎 指圧マッサージ サムライ メインHP 川崎 指圧マッサージ サムライ ispotページ



ブログの新作ご確認は、ツイッターが便利です
川崎 指圧マッサージ サムライ パソコン用ツイッター  川崎 指圧マッサージ サムライ モバイル用ツイッター
posted by サムライ斉藤 at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 昔懐かしの中華そばを求めて

2014年06月23日

昔懐かしの中華そばを求めて その111「金華楼」(幸区中幸町)

今日は閉店後、昨日に引き続き

KIMG1846.JPG

JR川崎駅西口近くの、「西口大通り」までやって来ました。今日お伺いするのは、昨日もご紹介した、大通りの右歩道沿いにある

KIMG1858.JPG

金華楼」です。このまままっすぐ向かってもいいのですが、今日は時間があるので、大通りの左歩道沿いを散策してみようと思います。

十字路の信号を渡って、最初に遭遇するのは

KIMG1847.JPG

麺屋一番星」です。「一撃必殺 濃厚みそらーめん」という、過激なフレーズの掛け看板から、味噌ラーメンが売りだというのが伺えます。でも以前お伺いした「くまごろう」のように、「味噌ラーメンが美味しければ、醤油ラーメンも美味しい」可能性は、充分あります。ここもそのうち^^

KIMG1848.JPG

しばらく進むと、「マキタ」へお伺いした時もご紹介した、「らあめん花月 嵐」の川崎西口店があります。私はずーっと「花月」が店名かと思ってましたが、「花月 嵐」なんですね^^;。ただこちらの店舗はいくつかチェーン展開しているので、お伺いするとしたら川崎区にある榎木町店ですね。

KIMG1849.JPG

もうちょっと進むと、これまた「マキタ」の時にご紹介した、「新洪記」という中華料理店があります。食べログページを見ると、「中国家常料理」ってなってますが、この「家常」って何なんでしょう???。ここもそのうち^^

こちらの「新洪記」からやや進むと、

KIMG1850.JPG

先ほどからお伝えしている、「マキタ」があります・・・が、もちろん既に閉店しています。こちらのお店、閉店後は一層、場所がわかりづらくなります^^;。こちらもまた、お伺いしたいですね^^

KIMG1851.JPG

「マキタ」のちょっと先には、「柳町整体院」なるものがありました。深夜1時まで営業しているようですが、

KIMG1852.JPG

「全身整体60分 3980円」だそうです。もうちょっとプライスダウンなら、「川崎にも激安整体上陸」で紹介できるのですが・・・。あれ?、HP2年以上更新されてないみたいですね^^;

さて西口大通りの左側はここまでとして、一路大通り右側の

KIMG1858.JPG

KIMG1522.JPG

「金華楼」へやって来ます。上の写真のように置き看板があるので、すぐに分かります。

KIMG1521.JPG

「お得メニュー」にも魅かれますが、今回はラーメンと餃子を頼むと決めているので、浮気はしません。では、さっそく入店します。

「いらっしゃいませぇ!」、女性店員が出迎え、手前側のテーブル席に案内してくれます。そして、「今メニュー持ってきますね」と言うと、メニューを持ってきてくれました。

「あそこにもお勧めメニューあるよ」と言う店員には申し訳なくも、「ラーメン 450円」と「餃子 380円」を注文します。「ありがとうございます」の声とともに、写真を撮り終えてないうちに、メニューを回収されてしまいました(T_T)。せっかく写真付のメニューだったのですが・・・、撮影せずじまいました・・・^^;

KIMG1861.JPG

店内の入り口側には、このような小規模のテーブル席が並び、奥のほうには大きな円卓がいくつかあります。

KIMG1860.JPG

おしぼりとお冷やと共に、餃子用の小皿が早々登場です。

店内はとても広々して、落ち着いた雰囲気です。女性店員も今回は中国系の方ですが、応対はとてもいい感じです。全体の雰囲気は、桜本の金華楼と非常によく似ています、もしかすると姉妹店なのかもしれません。

KIMG1862.JPG

「ラーメンと餃子、お待たせしました」、おおっ!、見た感じ桜本のほうよりも鮮やかぁ!

まず餃子を1口、いただいてみます。

ニンニクとニラが結構効いていて、外側の皮はやや厚めで、中はジューシーで熱々です。やや大きめで食べ応えのある餃子は、出来立てで熱々をいただくのがベストです。

餃子を2つだけいただき、今度はラーメンに移ります。

麺はやや細めの縮れ麺で、茹で具合はちょうどよく、食感も比較的良好です。麺の量は比較的多いですが、かき混ぜが不充分なのか、ややほぐれ不足です。まあ単にかき混ぜればいいだけの事なので、それほど影響はありません。

具はメンマ・ネギ・チンゲン菜・ほうれん草・チャーシューで、野菜2種類が加わることで、結構鮮やかです。メンマは凄く薄味の割にはコリコリ食感が強く、歯ごたえがいいです。ネギはみじん切りのものが、お気持ち程度に入っているのみです。チンゲン菜は茎の部分のみのようで、大きめに切られていて、シャキシャキしていいです。ほうれん草は最初、チンゲン菜の葉の部分かと思ったのですが、どうやら違うようでした。チャーシューは八角で味付けがしてあり、薄味なのですが、私としてはストレートの塩コショウ味のほうが、どちらかと言えばよかったです。

スープは恐らく鶏豚混合のあっさりスープと思われ、ややこってり目なもののマイルドで、塩分は控えめで美味しくいただけます。

ごちそう様でした、こちらの「金華楼」はコストパフォーマンスはやや高めで、味わいも比較的良いです。ややリーズナブルな分だけ、桜本のほうよりも上回っている・・・と思います。

お会計のついでに、さっきの店員に、視点があるか聞いてみる事にします。

斉藤:ごちそう様でした、こちらのお店は、駅の向こう側にもお店出していますか?
店員:いいえ、うちはここだけですよ
斉藤:そうですか、駅の向こう側にも、こちらと同じ名前のお店があったので・・・
店員:そうなんですね、知りませんでした
斉藤:こちらのほうが美味しかったですね
店員:そうですか、ありがとうございます

・・・まあ味はどちらもいい線いってるんですけどね、お値段で差をつけています、さすがにここまで話しませんでしたが・・・^^;

というわけで、中幸町の「金華楼」、桜本のほうとはまったく関係ないようですね。恐らくは、よくある店名なんだろうと思います。

西口大通りには、まだまだ訪問先はあります、しばしお別れして再びやって来たいと思います。


格安料金60分2000円で施術  {  指圧マッサージ サムライ  } 
川崎市 川崎区の 指圧マッサージ サロン



パソコン 川崎 指圧マッサージ サムライ メインHP 川崎 指圧マッサージ サムライ ispotページ



モバイル 川崎 指圧マッサージ サムライ メインHP 川崎 指圧マッサージ サムライ ispotページ



ブログの新作ご確認は、ツイッターが便利です
川崎 指圧マッサージ サムライ パソコン用ツイッター  川崎 指圧マッサージ サムライ モバイル用ツイッター
posted by サムライ斉藤 at 23:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 昔懐かしの中華そばを求めて

2014年06月22日

昔懐かしの中華そばを求めて その110「香港厨房」

今日は閉店後、久しぶりに中華そばブログネタ仕入れに出かけます。6月は季節がら?か、外食欲が下降気味だったため、今日からまたぼちぼち「夜遊び?」に精を出したいと思います^^;

さて今日はまず、

KIMG1512.JPG

JR川崎駅にやって来ました、こちらは西口(幸区)側です。といっても、ラゾーナには入りません、左の階段を下りて一路

KIMG1513.JPG

「西口大通り」までやって来ます。左手には

KIMG1515.JPG

「ミューザ川崎」が、右手には

KIMG1514.JPG

「東芝ビル」があります。

西口大通りに来るのは、3月に「マキタ」に行った時以来です。今日は西口大通りの、右側の歩道を歩いてみたいと思います。

KIMG1516.JPG

まず最初に、「金麟」という中華料理店があります。でも暗いので、今日は休みなのかもしれませんね・・・。ここもそのうち^^

KIMG1517.JPG

また少し歩くと、今度は「長城」という中華料理店があります。実はこちらには、川崎に越してきたばかりの頃(3年ちょっと前)に入店したことがあるのですが、内容は「記憶にございません・・・」。ここもそのうち^^

KIMG1518.JPG

さらに進むと、「金華楼」(幸区中幸町)という中華料理店があります。桜本商店街ののブログで出てきた「川崎駅西口の金華楼」というのは、こちらの事です。ここもそのうち^^

「金華楼」(幸区中幸町)を過ぎると、直進しても何もない地帯(実際はありますが^^;)になってしまうので、

KIMG1520.JPG

この「ホテルリブマックス川崎駅前」を、右に曲がります(写真写り最悪・・・)

KIMG1519.JPG

まず左手に、「麺屋めんりゅう」というラーメン店があります。ここもそのうち・・・と思ったら、家系の店のようですね。話のネタ仕入れとして、気が向いたらそのうち^^;

KIMG1523.JPG

少し歩くと、同じく左手に「香港厨房」という、中華料理店と居酒屋が合体したようなお店があります。何か大発見の予感がします、ここもそのうち^^

KIMG1524.JPG

さらに進むと、今度は右手に「美山飯店」という中華料理店があります。ここもそのうち・・・といいたい所ですが、実はこちらは至る所に支店があるのです(今回の「美山飯店 中幸町店」も支店です・・・)。こちらは川崎区にある「美山飯店 大島店」を、後日訪問したいと思います。

ちなみに先程の「美山飯店」ですが、どこが本店なのか見つけ出すことが出来ませんでした。また読み方ですが、私は以前「びざんはんてん」だと思っていたのですが、どうやら「みやまはんてん」と読んでいる所が多いようです。

・・・そんなわけで今日は、

KIMG1523.JPG

こちら「香港厨房」にお邪魔することにしました。要するに、早く食いたかっただけ・・・。

KIMG1536.JPG

店の前にはこのような、電気のついた看板がありますから、うっかり通り過ぎることもないと思います。では、さっそく入店します。

「いらっしゃいませ!」、中国系の女性店員が、お出迎えです。店内はテーブル席オンリーの、比較的落ち着いた空間です。男女のペアが1名と、男性が1名、先客でおりました。

KIMG1529.JPG

「どうぞ〜」、先程の女性店員が、メニューとおしぼり、そしてポットと共にお茶を持ってきてくれました。このお茶、ジャスミン茶ですね、ありがたやありがたや^^

さてメニューの麺類のコーナーを見ると・・・あっさり中華そばに匹敵するものはなさそうですねえ^^;。仕方がありません、番外編用として一番美味しそうだった

KIMG1530.JPG

この「台湾辛口ラーメン 680円」を注文しましょう。それにしても、「香港」厨房なのに「台湾」辛口ラーメンなんですね(^^;;;;;

先程の女性店員に注文の品を伝えて、もう1回メニューを見ていると・・・

KIMG1531.JPG

「元祖醤油麺 580円」んんんん・・・・、これってあっさりらーめんじゃあ・・・。このメニューだけ料理写真がないので、うっかり見逃していました(T_T)

さあ今からじゃもう、注文訂正は出来ません、こうなったら今日来店した分は、無かったことにしよう・・・。改めて後日再来店して、今度は「元祖醤油麺」を頼むことにしました^^;

そんなことを考えているうちに、

KIMG1533.JPG

「台湾辛口ラーメンですね、どうぞ!」、モノが来てしまいました!。テーブルに置かれた瞬間、チリペッパーのような食欲をそそるような香りが、鼻元に伝わってきます。また大量のもやしが、ひと際目立っており、食欲をそそります。これはやっぱり、データ取っとこう。

麺は中太縮れ麺、茹で具合はやや堅めで、私としてはナイス!な食感です。麺の量は680円としては、妥当かと思われます、麺が太い分で量を多く見せられるようです。

具はもやし・ニラ・にんにくの芽・豚ひき肉で、何ともスタミナの付きそうな顔ぶれです。にんにくの芽は太く歯応えも良好で、力がつきそう!な予感がします。ニラも青々して、食感がよいです。もやしは太めのシャキシャキしたものが、多く入っています。豚ひき肉には特別味付けはしていないと思いますが、スープが絡んで美味しくいただけます。

KIMG1534.JPG

スープは豚骨ベースの醤油味と思われるスープに、適度な辛味が加わり、色の割にはものすごく辛いまではいきません。油の浮きが結構多いので、こってり感が強いですが、気持ち悪くなるようなことはありません。むしろ適度な辛さとまろやかさが合わさり、すーっと飲み干せます。

スープを半分くらい飲んでいる時、ふと「これはもう1杯いける!」と、頭によぎりました。そんなわけで、先程の女性店員に「元祖醤油麺」を注文してしまいました(^^;;;;;。最初は亜全として聞き返してきましたが、注文に間違いないことがわかると、奥の調理係に伝えにいきました。

さあ、何かわざとらしい?展開になりましたが、「長崎屋」にひき続き、1回の訪問で2杯のラーメンを食べる事になりました。

KIMG1532.JPG

こちらは「生ビール中ジョッキ」が380円です、まあまあ安いほうですね。無事「元祖醤油麺」が中華そばブログのネタとなるようなら、再びこちらに来て、今度はこの生中で乾杯するとしましょう。

KIMG1535.JPG

「元祖醤油麺ですね〜、どうぞ」、おおっ!、見た目は良好です、味玉まであるし・・・。ではさっそく^^

麺はやや細めの縮れ麺、茹で具合はやや堅めで、食感はバッチリです。麺の量は580円のラーメンとしては、妥当かと思います。

具はネギ・もやし・味玉・菜物・チャーシューで、全体にバランスの取れた具のバランスです。菜物は最初「ほうれん草」かと思ったのですが、ちょっと違うみたいです、青々してシャキシャキ食感が良好です。ネギは細いものが、輪切りになって入っています。味玉は黄身がまろやかで、味わい抜群です。チャーシューは肉質と脂身のバランスがよく、薄味でまろやかです。

スープは豚骨ベースのややこってりした、醤油味のスープで、生臭さなどはまったく感じられません。ラーメン2杯目のスープですが、まろやかさが際立ち、すーっと抵抗無く飲み干せます。

ごちそう様でした、2杯のラーメンを食べたにもかかわらず、気分は良くすがすがしい?気分です。残念だったのが、「長崎屋」の時のように器2つ重ねを撮影したかったのですが、1杯目の器は回収されてしまいました^^;

斉藤:ごちそう様でした
店員:大丈夫ですか?
斉藤:美味しかったです、今度はビールでも飲みに来ます
店員:ありがとうございました、また来てください

さあお約束の通り、今度は「ニラレバー炒め」なんかをおつまみに、ビールでも飲みに来たいと思います。その前に、西口大通りの店を制覇しなければ・・・。

しかし満腹になっちゃってどうすんだ・・・、こりゃもう寝るしかないか・・・^^;


格安料金60分2000円で施術  {  指圧マッサージ サムライ  } 
川崎市 川崎区の 指圧マッサージ サロン



パソコン 川崎 指圧マッサージ サムライ メインHP 川崎 指圧マッサージ サムライ ispotページ



モバイル 川崎 指圧マッサージ サムライ メインHP 川崎 指圧マッサージ サムライ ispotページ



ブログの新作ご確認は、ツイッターが便利です
川崎 指圧マッサージ サムライ パソコン用ツイッター  川崎 指圧マッサージ サムライ モバイル用ツイッター
posted by サムライ斉藤 at 23:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 昔懐かしの中華そばを求めて

2014年06月17日

昔懐かしの中華そばを求めて その109「満留賀」(川崎区伊勢町)

今日はお昼に時間を作って、外食する事にしました。近頃はまた、お昼の外食の回数が減ってきていますが、それでも何とか月2回くらいは実現できています。

今回足を運ぶのは、昨年の1月にお伺いした、伊勢町の「満留賀」という、大衆食堂的なそば店です。昨年お伺いした時、ほんの僅かの差でまだラーメン類の提供が再開されておらず、カレーのみ注文しました。今回は待望の、大衆食堂(的そば店)のラーメンを^^

12時ちょっと前に出発し、一路伊勢町商店街のほうまで向かいます(商店街内ではないのですが・・・)。今回はルート説明は、割愛させてもらいます、こちらをご覧ください。

KIMG1483.JPG

さてやって来ました、自転車を脇に停めます。もう既に、「冷やし中華」がお目見えしています、まあ今の時代は、下手すれば1年中食べれる所もありますからねえ・・・。あれ?、前通った時は暖簾が青かったのに、白に変わっています。暖簾も衣替えなのでしょうか?、でも昨年の1月にお伺いした時は、白い暖簾だったのですが・・・^^;

まあ暖簾の事はどうでもいいので、入店します。「いらっしゃいませ!」、前回と同様に、やや恰幅のいい女将さんがお出迎えです。お昼時とアって、数名の先客がおります。

こちらはすべてテーブル席なのですが、それほど広々とはしていません。

KIMG1485.JPG

このようなテーブル席が、数席あるのみです。新聞が置いてあるので、どなたか先客がいるのか?と思ったのですが、空いているそうなので、この一番入り口側の席に腰掛けます。

さて今回は、ラーメン類のメニューはあるでしょうか?。上の壁メニューを見ると、

KIMG1486.JPG

前回空白だった所に、「中華ソバ 四八〇円」「みそラーメン 六五〇円」の記載がありました!

さっそく注文します、この調子だと5分くらいはかかるかもしれません。まあ今日は、ゆとりを持って時間を確保してあるので、慌てる事はありません。もしこちらでスムーズに事が進んだら、もう1軒くらい回れそうです^^

それにしても、前回こちらにうかがって、もう1年5ヶ月も経つんですねえ・・・。前回の頃はまだ、このブログもやっと1年を迎えるという段階で、やっと軌道に乗ってきたという頃でした。今まで記載してきたブログに、時々目を通す機会がありますが、色んな事があったなあって思います。改めて、このブログを続けて来た、真の意味合いというものを実感できます。

KIMG1487.JPG

「はい中華ソバですねえ、どうぞ〜」、おおっ!、なぜか鮮やかな中華そばとともに、「冷奴」が付いています!

麺は細縮れ麺で、茹で具合はちょうどよく食感もいいのですが、もともとの麺の性状がやや柔らか目かと思われます。麺の量は480円としては、妥当だと思います。

具はメンマ・ネギ・ナルト・ワカメ・チャーシューで、昔懐かしの要素が勢ぞろいです。メンマは薄味で、適度な歯ごたえがあります。チャーシューはとろけるとまではいかないものの、脂身がよく目だつ薄味の軟らかめな味わいです。ネギとワカメも適度に入っていて、陰ながら鮮やかさを醸し出しています。

スープは鶏豚混合と思われるあっさり醤油スープで、醤油の味わいはしっかりしているものの塩分は控えめで、生姜の味わいも加わりすっきり美味しくいただけます。油の浮きはそれほど強くないので、よりすっきりといただけます。

ごちそう様でした、冷奴があると、より食後は爽快なさっぱり感です。でももう、「冷奴」が違和感ない基節になったんですねえ・・・。

斉藤:冷やし中華はいつから始まったんですか?
女将:冷やし中華は、もう5月のうちからやってるんですよ
斉藤:入り口の暖簾も、その頃に白に変えたんですか?
女将:暖簾は今月の初めですね
斉藤:ごちそう様でした、また来ます
女将:ありがとうございました

こうして、1年5ヶ月ぶりの「満留賀」を後にします。今度はいつ来れるかわかりませんが、また時々ブログ内で紹介していきたいと思います。

今回の「満留賀」という名前のお店、実はいたるところにあるようです、幸区のほうにもあれば、横浜鶴見区にもあるようなので、小規模なチェーン店なのかもしれません。あちこちの「満留賀」を回ってみるのも、面白いかもしれません。


格安料金60分2000円で施術  {  指圧マッサージ サムライ  } 
川崎市 川崎区の 指圧マッサージ サロン



パソコン 川崎 指圧マッサージ サムライ メインHP 川崎 指圧マッサージ サムライ ispotページ



モバイル 川崎 指圧マッサージ サムライ メインHP 川崎 指圧マッサージ サムライ ispotページ



ブログの新作ご確認は、ツイッターが便利です
川崎 指圧マッサージ サムライ パソコン用ツイッター  川崎 指圧マッサージ サムライ モバイル用ツイッター
posted by サムライ斉藤 at 23:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 昔懐かしの中華そばを求めて

2014年05月26日

昔懐かしの中華そばを求めて 番外21「野郎ラーメン 川崎東口店」

今日は閉店後、先日「とんちゃん」という居酒屋へ行った帰りに「発見」した、銀柳街アーケード脇の「37番街」にある、

KIMG1408.JPG

野郎ラーメン 川崎東口店」にやって来ました。

この「野郎ラーメン」は、川崎ではこの東口店のほかにも、以前から「アゼリア店」がありましたが、「どうせ行っても番外編確定」と言うことで、来店する機会はありませんでした。今回単なる「興味本位」という事だけで、来店してみる事にしました。

KIMG1409.JPG

さあでは、一番スタンダードな、「野郎ラーメン 700円」にしてみましょう。

KIMG1411.JPG

店頭にあるタッチパネル式の券売機で、「野郎ラーメン 700円」の食券を購入します。麺の太さを「極太」「中太」のどちらか一方から選べます、今回は無難に「中太」にしました。

KIMG1410.JPG

食券を渡す時に、「麺の茹で具合(固い・柔らかい・普通)」「味の濃さ(濃い・薄い・普通)」「油の量(多い・少ない・普通)」を指定できるようです。これも今回は、スタンダードな状態で味わいたかったので、何も伝えない事にしました。指示無しだと、通常はすべて「普通」として扱われます。

食券を買い終わると、「いらっしゃいませ!」、女性店員が既に入り口で待機していました(^^;;;;;。そういや、選んだり写真を撮ったりしていて、入店までに4分くらいかかってますから^^;

女性店員に食券を渡すと、中に誘導されます。店内は縦長のカウンター席が、奥までズラァァァァっっと続きます、入店率は50%ってとこでしょうか?

入り口から見て左側に厨房があり、男性店員2名が調理をおこなっています。カウンター席の真ん中当たりに腰掛けると、「いらっしゃいませぇ!」、お二人とも良い掛け声です。こういう接客こそ、「野郎」ラーメンにふさわしいあり方ですね。

ラーメンを待っている間、色々観察させてもらいました(暇なんで・・・^^;)

KIMG1412.JPG

目の前には、セルフサービスのお冷やが用意してあります。でも氷がみんな溶けているので、ポットの横の部分を触ってみると、やっぱりぬるかった^^;

・・・と思っていた所へ、さっきの女性店員がやって来て、「お冷や交換いたします」と、新しいギンギンに冷えた冷水入りポットに取り替えていきました。さすがは野郎ラーメン、こうやって頻繁に交換して、常に冷え冷えのお冷やを提供するんですね。

KIMG1413.JPG

「麺の種類によって、提供の順番が前後します、ご了承ください」との事です。確かに中太麺より極太麺のほうが、茹で時間がかかりますから、これは仕方ないですね。こういう事情を知らないと、トラブルにもなりかねないので、張り紙でも告知はしておいたほうがいいですね。

KIMG1414.JPG

「・紙エプロン ・ヘアゴム ・わりばし あります スタップにお声かけください」との事です、こちらもいいサービスですね。でもちゃんとした箸(洗浄してある再利用のもの)があるのに、割り箸を要求するお客の心理って?、「不潔恐怖症」ってのでしょうかねえ???。でもそこまで気にするような場合、外食で食事は出来ないのではと思いますが・・・。

KIMG1415.JPG

「味を濃くするパンチ汁」と「お酢」も用意されています、これを器に投入して、よりグレードの高い?味を作るあげるってことでしょうか?。でもラーメンに「お酢」って・・・、サイドメニューに餃子とかは無かったはずだし・・・、意外と酸味が効いて美味かったりして^^;

まあ私は、スタンダードな味付けを楽しみたいので、パンチ汁もお酢も^^;使わないでおきます。

KIMG1416.JPG

KIMG1417.JPG

厨房では男性店員が豪快に、野菜の炒めや麺の湯切りをおこなっています。こういう豪快な仕事ッぷりを目の前で見れる、ある意味「ショー」ですね。これ以上カメラ目線を上げてしまうと、いくら男性でも肖像権侵害になりかねないので、フルでご覧になりたい方は、直接足を運んでください^^;

この「野菜の炒め」という工程こそ、野郎ラーメンが単なる「ラーメン二郎の真似」ではない事を示す、1つのポイントとなっています(ラーメン二郎では野菜は茹でてます)

7〜8分くらい経った頃、

KIMG1418.JPG

「野郎ラーメンです、どうぞ」、男性店員の1人がカウンター越しに、渡してくれました。おおっ!、ボリューム感タップリの外観です!。不覚だったのは、真横から撮影を忘れてしまってて、この山盛り度をお見せ出来ない事です(T_T)

麺は先程注文したように、湯で具合い普通の中太麺で、やや堅めの食感にも感じますが、私はむしろ好感持てます。麺の量は700円にしては、文句なしで「多い」と言えます。

KIMG1419.JPG

麺の色はご覧のように、やや茶色がかっています。これは元々の麺の色なのか、スープが染み込んでのものなのかはわかりませんが、食感には影響ありません。むしろ太麺にありがちな、「味のない麺だけ食べている」感も、全く感じられないので、あらかじめ麺に味付けがされているのかもしれません(真相は不明・・・)

具はもやし・キャベツ・ニラ、あと豚バラ肉と思われるものが1枚、・・・いや1つ入っています。野菜類はまとめて、大きい鍋で炒められた後、適宜振り分けられているようで、味付けはマイルドで良好です。豚バラ肉も特別、香辛料などが効かせてあるわけでもなく、まろやかで良好です。野菜類は二郎並み・・・とまでは行かないものの、「野菜マシ」くらいの量はあるのではと思います。

KIMG1420.JPG

スープは「背油とんこつ」という感じの醤油味で、やや甘みを感じるものの塩分はちょうど良いので、スープを飲むのに難はありません。まろやかで比較的美味しいスープなのですが、やはり甘みはもうちょっと抑えられていたほうが、私好みだったと思います。

KIMG1421.JPG

ごちそう様でした、番外編確定とわかりつつ入店した「野郎ラーメン」でしたが、いい結果と言える逸品でした。正直私は、「ラーメン二郎 京急川崎店」のものよりも、こちらのほうがまろやかで食べやすかったです。

食べ終えた器の底に、何か書いてあります・・・。

「我々が作る渾身(こんしん)の一杯と、精一杯のおもてなしの心で、お客様の笑顔を一杯にしよう」

・・・なるほど、今回お伺いした「川崎東口店」からは、これが充分伝わって来たように思いました。

せっかくあの川崎の老舗「松直」の跡地に、縁あってオープンしたわけなので、この器に記載の如く、今後も長く営業していただきたいと思います。


格安料金60分2000円で施術  {  指圧マッサージ サムライ  } 
川崎市 川崎区の 指圧マッサージ サロン



パソコン 川崎 指圧マッサージ サムライ メインHP 川崎 指圧マッサージ サムライ ispotページ



モバイル 川崎 指圧マッサージ サムライ メインHP 川崎 指圧マッサージ サムライ ispotページ



ブログの新作ご確認は、ツイッターが便利です
川崎 指圧マッサージ サムライ パソコン用ツイッター  川崎 指圧マッサージ サムライ モバイル用ツイッター
posted by サムライ斉藤 at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 昔懐かしの中華そばを求めて