2014年05月21日

昔懐かしの中華そばを求めて 番外20「太陽のトマト麺 京急川崎店」

今日は閉店を21時ちょっと過ぎとして、これから京急川崎駅近くの「ヨドバシアウトレット」へ、除湿機を購入に行って来ます。

当店には冷風の出る除湿機が1台置いてあるのですが、今年の梅雨が長いという情報もあるので、万全な湿気対策のため、もう1台補助的に置く事にしました。まあここまでやらなくてもいいと言われそうですが、当店店内ではいつ何時でも、湿度を65%以上に上げないのを理想としています。

京急川崎駅界隈は現在、再開発工事をおこなっている関係で、今までのようにスムーズに「ヨドバシアウトレット」にたどり着く事が出来ません。どうやら再開発は中々進んでないようなので、しばらくこういう状況が続くのではないでしょうか?

KIMG1374.JPG

まずは駅の脇の道を、まっすぐ奥に進みます。

KIMG1376.JPG

右に曲がる所があるので、ここを右に曲がります。ここで左側を見ると、

KIMG1383.JPG

何と!、あの「鳥貴族」がここにも出来ていました。こちらの店舗は、まったく把握していませんでした・・・、いつ出来たんだろう???

KIMG1377.JPG

「鳥貴族」はあとでゆっくり確認するとして、さっきの場所を右に曲がったら、突き当りまで進んで左に曲がります。前方突き当りには、「韓の台所 京急川崎店」という焼き肉屋があります。

KIMG1379.JPG

この「韓の台所」、川崎には新川通り沿いにもあります。いつもこの「山形牛一頭買い」というフレーズを見て、「米沢牛ではなくて山形牛」なんだなっって、どうしても思ってしまいます。「魚沼産コシヒカリじゃなくて、新潟産コシヒカリなんだな」ってのと、似ていますね^^;

ただ私は、やたらブランド化されて持ち上げられているものをあまり好まないので、むしろ「山形牛」の「韓の台所」、ブログネタとして一度は来店してみたいと思っています。

KIMG1378.JPG

さて突き当たりの「韓の台所」を左に曲がり、あとは突き当たりまで行けば、「ヨドバシアウトレット」があります。

KIMG1381.JPG

ここです、やってくるのは、昨年除湿機を購入した時以来です。とはいっても、ここには冷風の出るものが無く、結局駅前のルフロン店まで行く羽目になったのですが・・・。

しかし何か変・・・、扉が閉まってる・・・。近づいてみると、

KIMG1382.JPG

「よる9時」で終わってるし・・・(T_T)

駅前のルフロン店が22時までなので、こちらもそうなんだな?と、勘違いしていました^^;。今から駅前まで行ってももう間に合わないので、今日は諦める事にします。まあそんなに急いで購入しなければってものじゃないし、後日ゆっくり購入しようと思います。

さてせっかくここまで来たのに、このまま帰っていいものか?、いいわけないでしょう!。ここで右側を見ると、

KIMG1380.JPG

太陽のトマト麺」という、ちょっと変わったラーメン店があるのです。何と!、トマト使ったスープでラーメンを堪能するという、今までにない発想のスタイルを売りにしている所です。

こちらの京急川崎店ですが、再開発により何度も閉店の危機を迎えているものの、未だに営業を続けています。店頭にも、

KIMG1386.JPG

「祝 営業延長決定!!!」「記念SALE実施中!!」の張り紙で、告知されています。さあ今後、どのくらい持ち続けることが出来るでしょう?。まあこの店舗周辺が再開発の対象になるまでは、ずーっと続けられるはずですが・・・。

KIMG1384.JPG

店頭にはメニューがあります、どれもトマトスープを基本にしています。

KIMG1385.JPG

また、「ぷりぷり海老のクリームトマト麺」がおすすめのようですが、今回は無難に、スタンダードな「太陽のラーメン 730円」にする事にしました。

KIMG1387.JPG

店内の上のほうには、トマト缶がズラッと並んでいます。調理に使うものというよりは、恐らくは飾りでしょうね、中は空っぽなのか?

写真を撮っている間に、行列が出来てしまっていました(^^;;;;;、この調子だとちょっと待つかもしれません。まあ乗りかかった船、今更引き上げるのも嫌なので、列の最後列に並んで待ち続けます。

10分位して、「お待たせいたしました、中の空いているお席へどうぞ」、女性のアルバイト店員(恐らく)が、店内へ迎え入れます。店内はカウンター席のみで、ポツポツと空いている席の1つへ腰掛けます。

KIMG1390.JPG

メニューを見て、

KIMG1388.JPG

まずは先程も申し上げたように、「太陽のラーメン 730円」と、

KIMG1391.JPG

「名物らあリゾ 150円」も注文します。別の説明書きプレートによれば、この「らあリゾ」を食べ終えてスープだけになった器に放り込み、かき混ぜて食べるんだそうです。何の事はない、私が常日頃やっている、汁ぶっ掛け飯みたいなものですね。

KIMG1392.JPG

カウンター前方には、冷え冷えのお冷や・・・いや超薄いながらもウーロン茶が用意してあります。食べ終えるまでは飲まないでおこうと思ったのですが、時間がかかりそうなので一杯、ほんのりお茶の味わい^^;

約10分少々待ち、

KIMG1393.JPG

「お待たせしました、太陽のラーメンです」、男性店員が運んできてくれました。凄いインパクトのある、トマト色のスープと、上に浮いている野菜の数々に期待が高まります。

麺は極細に近い細縮れ麺で、茹で具合はちょうどよく、極細の割にはしっかりした食感です。麺の量は730円としては、やや少なめに感じますが、麺が極細なのでボリューム感が出しにくいので仕方ないでしょう。

具はチンゲン菜・キャベツ・鶏肉・トマトで、トマトはスープに溶け込んでいるものがほとんどですが、固形物として残っているものも僅かにあります。鶏肉は恐らくは、ムネ肉のような脂身が少ない部分かと思われ、仕込によるものなのかスープが染み込んでいるものなのかは分かりませんが、薄味で美味しくいただけます。チンゲン菜は葉の部分と茎の部分で、分けて使っていると思われます。

スープは醤油ベースのあっさりスープに、トマトそのものの酸味と、ビネガーによる酸味が程よく加わり、あっさりしつつも酸味の利いた刺激的な味わいになっています。生臭さを感じないので、恐らくは鶏ガラなどで出汁を取っているのではと思います。

KIMG1394.JPG

スープだけになったところで、この「らあリゾ」を器に放り込みます。

KIMG1395.JPG

そしてこのように、適度にかき混ぜれば、「トマトリゾット」の出来上がりです。スープの酸味がご飯の投入で緩和され、ちょうどいい味わいでいただけます。

ごちそう様でした、小さなブームになっている(らしい・・・)「太陽のトマト麺」に、ようやく足を運ぶ事が出来ました。

今回の「太陽のラーメン」、独創性な逸品で美味しくいただけたのですが、あっさり中華そばからはちょっと外れているため、番外編となりました。まあ最初から、番外編入りを承知の上での訪問だったのですが・・・。

不思議な味わいのこのラーメン、一度はご賞味される価値はあると思います。再開発により閉店してしまう前に、ぜひご来店してみてください。


[ 追記 ]

除湿機は無事、5月28日に購入しました。


格安料金60分2000円で施術  {  指圧マッサージ サムライ  } 
川崎市 川崎区の 指圧マッサージ サロン



パソコン 川崎 指圧マッサージ サムライ メインHP 川崎 指圧マッサージ サムライ ispotページ



モバイル 川崎 指圧マッサージ サムライ メインHP 川崎 指圧マッサージ サムライ ispotページ



ブログの新作ご確認は、ツイッターが便利です
川崎 指圧マッサージ サムライ パソコン用ツイッター  川崎 指圧マッサージ サムライ モバイル用ツイッター
posted by サムライ斉藤 at 23:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 昔懐かしの中華そばを求めて

2014年05月20日

昔懐かしの中華そばを求めて その108「金華楼」(川崎区桜本)

今日は定休日ですが、諸々の事情で外出が夕方になってしまいました。今日は「桜本商店街」までやってきて、先程「新駒」という飲食店にお伺いしました。

KIMG1705.JPG

再び商店街の入り口ゲートまで戻ってきて、今度は右側の道を、奥に進みます。しばらくまっすぐ進むと、右側に

KIMG1665.JPG

「金華楼」という中華料理店があります。建物の脇に自転車がたくさん停まっているので、そこに便乗駐輪させてもらい(もしや違法駐車か!?)、さっそく入店します。

「いらっしゃいませ!」、ご年配の女性が出迎えてくれ、テーブル席への着席を促します。恐らくはこちらの女将さんと思われますが、人当たりの良さそうな方(に思えた・・・)です。

店内はテーブル席だけ・・・のようですね(しっかり観察しませんでした・・・)、先客はまだいません、まあ17時半くらいだから、これからでしょうね。

KIMG1668.JPG

メニューを拝見すると、おおっ!バラエティーに富んだ顔ぶれです。さてお目当ての、あっさり中華そばに匹敵するものは・・・、「ラーメン 550円」ありました!

ここでラーメンだけ注文してもいいのですが、せっかくまだ胃袋に余裕があるし、今回の「金華楼(桜本)」はまだネット上に情報が無いので、餃子も一緒に頼みたいところです。これだけバラエティーに富んだメニューを揃えているので、もしかするとセットメニューがあるかもしれません。

斉藤:すみません、ラーメンと餃子をもらいたいのですが、セットとかってないんですか?
女将:申し訳ございません、当店ではセットものはやってないんですよ・・・。
斉藤:いやいや大丈夫です、それじゃあラーメンと焼き餃子をもらえますか?
女将:ありがとうございます、お待ちくださいね

残念ながらこちらでは、ランチ時であってもセットメニューは無さそうです。まあそれぞれ単品で頼めばいいだけなのですが、「ラーメン」が550円に対して、「焼き餃子」も何と!550円なのです。500円を越える餃子を注文するのは、今回が初めてです、500円ジャストってのは、蒲田の「味の横綱」でありましたが・・・。

店内は広々した、落ち着いた雰囲気です。先程お伺いした「新駒」とのギャップを感じているせいか、いっそうそのように感じます。先程の女将さんの印象とあわせ、空間的には抜群です。さああとは、料理がどうかですが、まあそれなりに期待はしています。

KIMG1669.JPG

「お待ちどう様でした、ラーメンです」、まずはラーメンから登場です。お盆の中には餃子用の小皿も入っていますが、餃子はまだ時間がかかりそうです。待っていると麺が伸びてしまうので、先にいただきます^^

麺は細縮れ麺で、茹で具合はちょうどよく、食感も比較的良いです。麺の量は550円のラーメンとしては、妥当かと思われます、器が一回り小さいので、錯覚からか?より麺の量を多く感じます。

具はメンマ・ネギ・ナルト・チャーシューで、先程の「新駒」同様、懐かしの中華そばの要素が揃っています。メンマは太くて長く、歯応えも抜群なのですが、やや甘みを感じます。ネギはシャキシャキしていいのですが、お気持ち程度です。ナルトは薄く大きい、しっかりしたものが入っています。チャーシューはモモ肉のようで、味付けはマイルドで適度な歯応えでよいです。

スープは鶏ガラベースのあっさり醤油味と思われ、特にピックアップするべき事は無いものの、無難に美味しくいただけます。

KIMG1670.JPG

ラーメンがスープだけになる直前に、「焼き餃子です!」、今度は550円の焼き餃子が登場です。

KIMG1671.JPG

テーブル脇には手作りラー油があるので、こちらを使用します。あれれ、手が汚れてしまった^^;

餃子はにんにくが効いているので私好みです、手作りラー油をしっかり漬けて、美味しくいただきました。あの「天龍」と互角なくらいでしょうか?

ただ具の量は全体的にそれほど多くは無く、そもそも餃子そのものの大きさが、若干小ぶりです。同じ「ラーメン 550円」と比べると、コストパフォーマンスはそれほど高くは無いようです。

餃子を食べた後でラーメンの残りのスープを飲むと、スープがいっそうマイルドに感じます。ラー油の香辛料と醤油の塩分で味覚が変化して、スープ内の塩分を感じにくくなっているからかと思います。

ごちそう様でした、無難に美味しくいただけました。ラーメンの具のパターンと言い、器がひと回り小さい事と言い、先程の「新駒」のラーメンと、似たような感じでした。でもスープは鶏と豚で、ベースになっているものが違いますが・・・。

お会計は1100円です、1000円以内に収まれば、なお良かったと思います。まあ特別に来店する場所なので、気にしない気にしない♪

「ありがとうございます、ぜひまたいらしてください」、女将さんに見送られて店を出ます。ホント、落ち着く空間でした、今度こちらにいつ来れるかは分かりませんが、何かの機会にまた当ブログに登場していただこうと思います。

あっ!?しまったぁ!、川崎駅西口にある「金華楼」との関係をお伺いするのを、うっかり忘れてました(T_T)


格安料金60分2000円で施術  {  指圧マッサージ サムライ  } 
川崎市 川崎区の 指圧マッサージ サロン



パソコン 川崎 指圧マッサージ サムライ メインHP 川崎 指圧マッサージ サムライ ispotページ



モバイル 川崎 指圧マッサージ サムライ メインHP 川崎 指圧マッサージ サムライ ispotページ



ブログの新作ご確認は、ツイッターが便利です
川崎 指圧マッサージ サムライ パソコン用ツイッター  川崎 指圧マッサージ サムライ モバイル用ツイッター
posted by サムライ斉藤 at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 昔懐かしの中華そばを求めて

昔懐かしの中華そばを求めて その107「新駒」(川崎区桜本)

今日は定休日ですが、日中は諸々の仕事で返上してしまい、出かけるのは16時過ぎになってしまいました。まあ自営業なんて、こうやって定休日を潰して溜まった仕事を片付けるなんて、「宿命」みたいなものですから・・・。

今日は朝ご飯こそしっかり食べたものの、お昼はBIG魚肉ソーセージ1本だけだったので、早く食事にありつきたい気分です。

今日これから向かうのは、先日足を運んだものの、整体屋(グリーングリーン)とたこ焼き屋(うさぎ屋、HPなし・・・)の紹介に終わってしまった、「桜本商店街」です。

先日と同じように、新川通りを浜町方面にしばらく進んだ後、「ビックリリサイクル」というリサイクルショックで左に曲がり、ひたすら前進するルートをとります。

KIMG1703.JPG

途中の歩道橋の脇にかつてあった、「おかあさん」という名前の居酒屋跡に、新店舗の「うまや」(また居酒屋^^;)がオープンするようです。

KIMG1704.JPG

開店は明後日のようで、「開店激安価格」で「生ビール 450円 → 280円」「ハイボール 350円 → 180円」「サワー類 320円 → 160円」だそうです。期限は今月末・・・、来てみようかなあ^^。でもここでアルコール摂取するには、自転車を引きずって帰るか、いっそ歩きで来るしかないし・・・、やっぱりダメか・・・(T_T)

さて、新装開店の居酒屋を脇目に前進を続け、

KIMG1705.JPG

17時ちょっと前に、5日ぶりに「桜本商店街」に着きました。今日は入り口脇のうさぎ屋は、定休日のようです。

KIMG1706.JPG

それにしても、前回来た時も思ったのですが、うさぎ屋の前にある「さくらもと九福神」って何なんでしょう???。「七福神」の毘沙門天・弁財天・布袋・大黒天・福禄寿・恵比寿・寿老人と、あとお二方は・・・。ネットで調べた所、他に「上向き小僧」「福招き猫」が加わるようです^^;

さて「七福神」も「九福神」も「福神漬」もいいとして、桜本商店街の正面ゲートをくぐり、まっすぐ奥に進みます。左手にある「グリーングリーン」を過ぎて、少し進んだ右手に、

KIMG1707.JPG

前回行き損ねた「新駒」という、準レア?級の中華料理店があります。時間は17時ちょっと過ぎ、恐らくは夜の部の開店直後と思われます。

ちなみに「新駒」をさらに奥に進むと、

KIMG1711.JPG

「ライフ」というスーパーがあり、商店街は終わってしまいます。そんなに店舗数も多くないので、意外にあっけないです・・・。

KIMG1708.JPG

店頭のショーケース内には、食品サンプルが並んでいます。こうやって立体感ある物体で訴えられると、購買意欲が高まる・・・と私は考えていますが、この手ってもう古いのかもしれませんね・・・。

この準レア?級の「新駒」、この店構えといい、前世代的な食品サンプルといい、頑固一徹のオヤジが営業しているような予感がします。ではでは、さっそく入ってみましょう。

中に入ると、入り口から左側にはカウンター席数席と厨房、右側にはテーブル席が3席(確か・・・)あります。

しかしそのうち、テーブル席の一番入り口側以外には、私物?が置いてあります。またカウンター席も、椅子は空いているものの、上の台には私物が放置してあります。もちろん、先客はまだいません。

「いらっしゃいませ!、空いている所へどうぞ」、厨房側から頑固オヤジ・・・じゃない!・・・やや恰幅のいい女性が、そう促します。とはいえ、この状況では否応なしに、一番入り口側のテーブル席に座るしかありません^^;

そんな訳でテーブル席に腰掛け、

KIMG1709.JPG

メニューを拝見すると、「ラーメン」は600円です。「タンメン」は700円で100円しか違わないので、本当はこっちがいいのですが、今回は中華そばブログネタ仕入れなので、予定通り「ラーメン」を注文します。

しかし面白いメニューが、いくつかあります。

「目玉焼き 450円」「玉子焼 550円」って、いわゆる卵をポトッと落として焼いたり、器でかき混ぜて焼いたりしたものなのでしょうか?。いずれにしても、中華料理屋としては珍しいメニューです。

また「タンワンメン 800円」って、いったいどんな料理なのでしょう?。すぐ上には「ワンタンメン 700円」、その2つ上には「タンメン 700円」がありますが、この両者が合体したもの???

あと「豚肉の唐揚げ 1600円」ってのが、何とも興味をそそります。モモ肉ならともかく、ロースやバラは脂身を多く含んでいるので、揚げ油は専用のものになりそうです・・・。

・・・そんな想像をしながらメニューを見ていると、入り口の扉が開いて、中から買い物袋を持った女性が入ってきました。無言で入ってきたので、こちらの店員かと思われます。「頑固オヤジ」ところか、女性2名で営業している飲食店でした(^^;;;;;

写真は撮りませんでしたが、座っているテーブル席の脇には、大きな水槽が置いてあります。熱帯魚や金魚などを買うための物と思われますが、中は空っぽで、やや古びています。店内のレイアウトには、あまり力を入れてないようですね^^;

KIMG1710.JPG

「ラーメンです、お待たせしました!」、5分くらいで登場です!、いい感じですね。でも器の大きさが、一般的なラーメン店の器に比べて、やや小さく感じます。

麺は細縮れ麺で、茹で具合は若干柔らかめなものの、許容範囲です。麺の量は、600円のラーメンとしては、やや少なめに感じます。

具はメンマ・ネギ・ナルト・ワカメ・チャーシューで、昔懐かしの中華そば的要素は、全部揃っています。メンマはやや気合い不足な食感に感じたものの、甘みや塩分は抑え目な、薄味な味付けです。ネギとワカメは、お気持ち程度しか入っていません。ナルトは写真でもお分かりのように、やや大きくて厚みのあるものが入っていて、食感もまあまあです。チャーシューは脂身の少ないモモ肉タイプで、味わいは淡白な味付けでいいのですが、噛み応え抜群過ぎる(要するに堅め・・・)かもしれません(私は悪く思いませんが・・・)

スープは豚っぽい香りがしてきたので、豚出汁ベースで鶏ガラなども加わっているのかと思われます。最初塩加減が少し強いかなあ?とも思ったのですが、実際は醤油の味わいとバランスが取れていて、すっきりいただけます。

ごちそう様でした、特別感動する部分こそ無かったものの、「頑固オヤジ」の作るラーメンを思わせるような?、質素な一杯でした。欲を言わせてもらうならば、もうちょい「緑」が欲しかったのと、お値段があと50円据え置きだったら、なお良かったと思います。

今回の「新駒」、こんなにレア?な割には、ネット上に情報が無いのは残念です。もっといい「発見」をするべく、今度は「スタミナ焼きライス 950円」を注文して、レポートしたいと思います。そのついでに、手前の「グリーングリーン」で、数年ぶりに60分くらいのコースを受けて帰ろうかとも思っています(逆!、逆!・・・^^;)

さて「新駒」を後にして、「桜本商店街」の入り口ゲートまで戻り、今度は「金華樓」という中華料理店に向かいます。


格安料金60分2000円で施術  {  指圧マッサージ サムライ  } 
川崎市 川崎区の 指圧マッサージ サロン



パソコン 川崎 指圧マッサージ サムライ メインHP 川崎 指圧マッサージ サムライ ispotページ



モバイル 川崎 指圧マッサージ サムライ メインHP 川崎 指圧マッサージ サムライ ispotページ



ブログの新作ご確認は、ツイッターが便利です
川崎 指圧マッサージ サムライ パソコン用ツイッター  川崎 指圧マッサージ サムライ モバイル用ツイッター続きを読む
posted by サムライ斉藤 at 23:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 昔懐かしの中華そばを求めて

2014年05月01日

昔懐かしの中華そばを求めて 番外19「やきとりセンター 川崎リパーク店」

今日は閉店後、雨の中を昨日に引き続き「やきとりセンター 川崎リパーク店」に行って来ます。

KIMG1273.JPG

昨日頼み損ねた「焼き鳥屋さんの鶏ラーメン(赤・白) 380円 」を、中華そばブログネタとして仕入れたいと思ったので、本当はもうちょっと後にしようと思ったものの、2日続けての来店となりました。

KIMG1264.JPG

JR川崎駅東口から真左の、「タワーリパーク」までやって来て、地下に降り、

KIMG1265.JPG

さっそく入店します。

「いらっしゃいませ!」「1名です」「こちらへお願いします」、今日は入り口から左側の、カウンター席に案内されました。

KIMG1272.JPG

さっそく「クリアアサヒ」を・・・と思ったのですが、今日はまずビールを頼んでみようと思い、

KIMG1268.JPG

「アサヒ スーパードライ」を注文しました。まあまあの泡ッぷりですが、クリアアサヒ500mlに対して、スーパードライは380ml、120mlの差をどう考えるかは、人それぞれ違うと思います。私はアルコール度数が同じならば、容量重視でいくほうなので、余程「スーパードライが飲みたい!」という衝動でもなければ、クリアアサヒを頼んでしまう事でしょう・・・^^;

KIMG1271.JPG

おつまみは「チョレギサラダ 280円」を注文しておきました、にんにく風味のドレッシングが、たくさんの野菜と合っていて、見事な逸品です。

KIMG1269.JPG

メニューを見ていると、「ド真ん中大串」なるものがありました。パクリ・・・参考元の「鳥貴族」でお馴染み「貴族焼」を意識していると思われますが、これも注文してみました。

KIMG1278.JPG

何と!、「アタリが出たら、もうひと皿」だそうです。昔棒アイスであった、「当たりが出たら、もう1本!」みたいなのですね。思い起こせば私が子供の頃、当たり付きのアイスキャンディーとかが、やたらと出回ったものです、凄いものでは「最高5本当たり付き」なるものもありましたっけ。しかしその後、「子供の射幸心を煽る」という理由から景品表示法で規制がかかり、3本だとか5本だとかの当たりは無くなってしまいましたが・・・。

KIMG1274.JPG

2杯目のドリンクは、「クリアアサヒ」を注文しました、やはり私はこれがいいです^^

KIMG1275.JPG

そして「ど真ん中大串」の「大串ねぎ間焼き 塩」が登場です。大きさ的には「貴族焼」と互角、味わいもほぼ互角ってとこですね。

ここでそろそろ、「焼き鳥屋さんの鶏ラーメン」の「白」を注文しておきます。これから調理にかかれば、飲み終えた頃にちょうど来ると思います。

KIMG1276.JPG

メニューには「フォアグラ串」なるものもありますが、「フォアグラ=脂肪肝」を連想してしまう私は、食べる事で自分が脂肪肝になるような気がして、どうもフォアグラって食べる気になりません。それ以前に、レバーを好んで食べないってのもあるのですが・・・。

KIMG1277.JPG

先程の「ど真ん中大串」の竹ひごです、残念ながら「ハズレ」でした(T_T)、まああんまり期待はしてなかったのですが・・・。

KIMG1279.JPG

食べ物も飲み物もなくなった頃、グッドタイミングで「焼き鳥屋さんの鶏ラーメン 白」が来ました!。ご丁寧にオタマみたいなレンゲまでありますが、これを使うほどの量でもないでしょう・・・。

KIMG1280.JPG

麺は細いやや縮れた麺で、茹で具合はちょうどいいのですが、食感はインスタントラーメンレベルです。麺の量は380円にしては、鳥貴族の「とり白湯麺 280円」よりもやや少なく感じます。

具は鶏肉とネギの他に、僅かながらですが「ザーサイ」が入っています。ネギは比較的多くは言っていますが、鶏肉はお気持ち程度です。

KIMG1281.JPG

スープは鶏ガラベースの白湯スープで、ご覧の通り「白湯スープ」とはいうものの、やや透き通った見た目で、意外とすっきりといただけます。いい言い方をすれば、あっさり美味しくいただけるという感じですが、渋い言い方をするとしたら、白湯スープとしての濃厚さにかけるというところです。ただメニューにはどこにも「白湯麺」とは書いてなく、あくまで「鶏ラーメン」なので、上出来なスープなんだと思います。

ごちそう様でした、一長一短があって微妙な心境ですが、あっさり度は高かったです。刺激がもっと欲しい方は、ピリ辛入りの「赤」を注文したほうがいいでしょう。

今回オマケして本編へ・・・と思ったのですが、あまりむやみに本編入りをしていると、中華そばブログの信頼度?が落ちてしまいます。そのため、やむを得ず番外編となりました。

今回お伺いした「やきとりセンター」、2日連続で楽しませてもらいました。鳥貴族での「居眠り騒動」で、中々足が運びづらい状況だったので、ちょうど良かったです。

また時間が合って気が向いたら、時々お伺いしたいと思います。


格安料金60分2000円で施術  {  指圧マッサージ サムライ  } 
川崎市 川崎区の 指圧マッサージ サロン



パソコン 川崎 指圧マッサージ サムライ メインHP 川崎 指圧マッサージ サムライ ispotページ



モバイル 川崎 指圧マッサージ サムライ メインHP 川崎 指圧マッサージ サムライ ispotページ



ブログの新作ご確認は、ツイッターが便利です
川崎 指圧マッサージ サムライ パソコン用ツイッター  川崎 指圧マッサージ サムライ モバイル用ツイッター
posted by サムライ斉藤 at 23:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 昔懐かしの中華そばを求めて

2014年04月24日

昔懐かしの中華そばを求めて その106「長崎屋」

今日はお昼に2時間くらいの時間を確保したので、これから「長崎屋」まで行って来ます。

・・・とはいっても、あのショッピングセンターの「長崎屋」ではありません(川崎にはそもそもないです・・・)。今日お伺いするのは、川崎区の京急大師線「産業道路駅」近くにある、長崎ちゃんぽんの専門店です。

余談ですが、ショッピングセンターの「長崎屋」、あの「ドンキホーテ」の傘下になってしまったんですね(^^;;;;;。かつて相模原市民だった頃に、時々利用していた「長崎屋町田店」も、「メガドンキホーテ」なるものに変わっているようです^^;。そうなると、駅前にあった「ドンキホーテ町田店」の立場は、一体どうなってしまうのでしょう?

しかしどうせなら、「ダイソーギガ町田」や「ソフマップギガストア町田」に対抗して、もっと上位を行く「ギガドンキホーテ」みたいなネーミングにして欲しかったですね。

さて、町田やドンキホーテの話はいいとして、さっそく11時半くらいに、自転車に乗って出かけます。次の施術は13時45分に開始なので、急いでいかなければです。

まず旧東海道を東京方面に進み、大師道との交差点を

KIMG1455.JPG

右に曲がったら、あとはしばらく前身あるのみです。

KIMG1457.JPG

イトーヨーカドーを過ぎた辺りから、歩道の改修工事をやっているようで、自転車での進行にやや支障を来たします。それでもクネクネやりながら、何とか進むと

KIMG1459.JPG

左手に「川崎大師駅」が見えてきます。前方には

KIMG1460.JPG

商店街の門があり、大師道そのものは左にカーブして、踏み切りを渡る形となります。今回は前進して、商店街の門をくぐっていきます。

KIMG1461.JPG

しばらく進むと、「本通商店街」の門が現れるので、さらに前進します。道路の両脇には色んな店舗があって、時間があればいくつか撮影していきたかったのですが、今日は時間が逼迫しているので断念しました。今度来る機会があれば、この辺をゆっくりと散策したいものです・・・。

KIMG1462.JPG

本通商店街の門をくぐってしばらく行くと、前方に産業道路と、その上を走る首都高の高架が見えてきます。前進して信号を渡り、産業度悪露を越えたら左に曲がります。ちなみに産業道路を越えないで左に進み、

KIMG1463.JPG

踏み切りにぶつかったら左に曲がると、産業道路駅があります。

産業道路を越えて左へしばらく進むと、

KIMG1465.JPG

待望の「長崎屋」が見えてきます。隣には

KIMG1466.JPG

「ラーメンハウス横浜」なる店舗がありますが、やってませんね^^;

KIMG1467.JPG

店頭にはメニューが掲示してあるのですが、お値段が書いてません^^;、まあ入ってみましょう。
 
「いらっしゃいませぇ!」、カウンターの奥から、小柄なご年配の女将さんが声をかけます。店内は入り口から見て、左側がカウンター席、右側がテーブル席です。カウンター席はがら空きですが、テーブル席は男性2名の先客がおります。

KIMG1468.JPG

カウンター席のど真ん中に腰掛け、メニューを見ます。なるとど、やはり長崎ちゃんぽんが一押しのようで、左上に特別枠?が設けられています。でも今回はあくまで、あっさり中華そばが目的ですから、涙を飲んで関東風醤油味の「ラーメン 480円」を注文します。

待っている間、さらにメニューを見ていると、左下の部分に「札幌風」という部分があり、その下に「醤油ラーメン 580円」とあります。さっき頼んだ「ラーメン」と、一体何が違うのでしょう???

斉藤:ここに「札幌風 醤油ラーメン」ってのがあるんですが、普通のラーメンとどこが違うんですか?
女将:札幌風のほうは、普通のラーメンにもやしが入るんですよ
斉藤:そうなんですか
女将:分かりづらくて申し訳ございません
斉藤:あっ!?いやいや、別にどちらでもよかったんですよ^^;
女将:そうですか・・・

あーーーあ、単に違いを聞いただけなのに、勘違いして注文してしまったかと思われてしまいました(^^;;;;;。何かこちらのほうが、申し訳ない気分です・・・。

それにしてもこちらの女将さん、随分と腰が低いように感じました・・・。まあ客に対して(特に一見に)、無愛想で「ほらよっ!」て感じで品物を出すような、オバタリアン女将よりはよっぽどいいのですが・・・。

KIMG1469.JPG

「ラーメンです、お待たせいたしました」、おおっ!、待望の長崎ちゃんぽん屋のラーメンが登場です。パッと見た感じ、長崎ちゃんぽんと関連性のある部分は、全くありません。ではさっそくいただきます^^

麺は細縮れ麺で、茹で具合はやや堅め(私基準)で、プリプリ食感とまではいかないものの、食感は結構よいです。麺の量は、480円にしては比較的多いです。

具はメンマ・ネギ・ナルト・わかめ・チャーシューで、昔懐かしの中華そばとしては、パーフェクトなキャスティングです。メンマは味付けが薄口でよかったのですが、歯応えがもうひと息欲しい所です。ネギは薄めにカットされており、お気持ち程度ですがシャキシャキしてよいです。チャーシューはモモ肉のようですが、味は淡白ですっきりしており、美味しくいただけます。

スープは恐らくは鶏豚混合で、醤油の味わいが強いですが、塩分は控えめですっきりいただけます。油の浮きがうっすら目立ち、ややこってりした味わいです。、

ごちそう様でした、長崎ちゃんぽんとは全く違う、あっさり醤油ラーメンを堪能できました。ここは恐らく、何を頼んでもそれなりに美味しい事が期待できます。

しかしやっぱり、「長崎ちゃんぽんがウリの店」で「醤油ラーメン」だけしか頼まない事に加え、先程の腰の低い一件も相まって、このまま帰る事に後ろめたさ?を感じます。

そんな訳で、当ブログ始まって以来の、同日に同店舗で、中華そばブログの本編に加え、番外編もご紹介させていただきます。

斉藤:すみません、長崎ちゃんぽんももらえますか?
女将:えっ!?、あ・・・はい、ありがとうございます

さてそれでは、「昔懐かしの中華そばを求めて 番外18「長崎屋」」にバトンタッチします。


格安料金60分2000円で施術  {  指圧マッサージ サムライ  } 
川崎市 川崎区の 指圧マッサージ サロン



パソコン 川崎 指圧マッサージ サムライ メインHP 川崎 指圧マッサージ サムライ ispotページ



モバイル 川崎 指圧マッサージ サムライ メインHP 川崎 指圧マッサージ サムライ ispotページ



ブログの新作ご確認は、ツイッターが便利です
川崎 指圧マッサージ サムライ パソコン用ツイッター  川崎 指圧マッサージ サムライ モバイル用ツイッター
posted by サムライ斉藤 at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 昔懐かしの中華そばを求めて

2014年04月22日

昔懐かしの中華そばを求めて その105「海王」

今日の閉店後、雨の中を繁華街まで出かけて行きました。今日は冷蔵庫の中にちゃんと、炊き置きのご飯があったのですが、何か外食をしたい気分だったので、またしても無駄遣いに走ってしまいました^^;

実は18日のブログでも申し上げたように、4月1日に「昔懐かしの中華そばを求めて その100」を迎えて以来、中華そばブログのペ−スが失速しているので、今晩もネタ仕入れです。

雨の中を旧東海道を繁華街方面にまっすぐ進んで、市役所通りを突っ切ったすぐ先を左に曲がり、

KIMG1479.JPG

「たちばな通り」を進みます。

KIMG1480.JPG

カレーのココイチ(CoCo壱番屋)のある十字路まで来たら、右に曲がってしばらく進むと、左手に

KIMG1482.JPG

今回の目的地「海王」があります。

こちらのお店の存在は、かなり前から知っていましたが、パッと見た感じで「敷居が高そう」な雰囲気をかもし出していたので(私はそう感じた・・・)、中々入店できずにいました。今回は意を決して、潜入レポートもかねての入店です。

ちなみに、話は先程の十字路に戻りますが、先程の写真にも写ってた

KIMG1481.JPG

グレートジャーマンクック」というビアレストランみたいな所、本場ドイツのビールが多数取り揃えてあるようです。ここもそのうち^^

さて、話は「海王」に戻りますが、

KIMG1483.JPG

営業時間は17時から翌朝5時までで、オールナイト専門の中華料理店です。でも食べログページには、ランチの時間帯の営業時間も書いてあったのですが・・・、夜だけになったのかもしれませんね。

KIMG1484.JPG

正面を奥に進むと、このように意外とひっそりとした入り口がありますので、さっそく入店します。

「いらっしゃいませ!」、カウンター奥のご主人らしき男性と、ホールの使用人らしき男性店員が、声をかけます。店内は入り口から見て、右手にカウンター席、左手にテーブル席があります。先客は、カウンターに腰掛けている男性1名で、ご主人と話し込んでいるので常連かと思われます。

店員:お飲み物はどうされますか?
斉藤:先に食べ物を頼んで、出来上がってきてから注文します
店員:分かりました

今回はアルコール摂取を最小限に抑えて、中華料理+ラーメンに徹したいと思います。まあ本音を言えば、単にこういうところって飲み物が高いから、最小限度に抑えておくだけです^^;

KIMG1485.JPG

「炒青菜(青菜炒め)」なんてものがあります、野菜料理は「青」とか「緑」とか付くと、購買欲をそそられますね(私だけかな・・・?)。そんなわけで、まずはこれを注文します。

KIMG1486.JPG

そして「肉絲湯麺(豚細切りつゆそば)」、これがもっともあっさりラーメンに近そうです。これをアルコール摂取の最中に、注文したいと思います。

店内の雰囲気は、中華料理店というよりも、バーに近いような感じです。ただメニューを一通り見ると、その辺にある一般的な中華料理店と料金設定は似ていて、決して「敷居が高い」という感じはありません。これくらいなら、料理2品+飲み物2〜3杯(ビールは無理・・・)でも、2000円〜2500円くらいで収まるかもしれません。

KIMG1488.JPG

「青菜炒めです、どうぞ」、店員が運んできてくれます。筍(たけのこ)と豚肉の茶色に負けず、野菜の「青(緑)」も鮮やかです^^

KIMG1487.JPG

ここで「生ビール 500円」を注文します、程なくして

KIMG1489.JPG

「アサヒスーパードライ」が登場です。やっぱり中華料理店って、スーパードライが多いですね、私は「黒ラベル」とかもあって良さそうかと思いますが・・・。

青菜炒めは、恐らく「水菜」と思われる菜物と、筍・豚肉・しめじ(エリンギ?)が入っています。味付けはとろみがかったやや甘めの、醤油ベースのタレに、魚から取ったと思われる出汁を合わせたスープで和えられています。

KIMG1490.JPG

アルコールを抑えるとか言っておきながら、「ウーロンハイ 350円」を注文してしまいました。これがまた焼酎濃い!、お得感はあるかもしれませんが、これはおつまみないときついわ・・・^^;

ウーロンハイと同時に、「豚細切りつゆそば」も注文しておきました。今回の1品、果たして本編に入ることが出来るでしょうか?。でも青菜炒めのスープを味わっていて、何かいい予感がしてきます。

KIMG1491.JPG

これが先ほど記載した魚系のスープです、鯛(たい)のような味わいです。よく煮魚なんかをした時の、残り汁のようなまろやかさで、生臭さや油っぽさは感じられません。このスープだけでも美味しくいただけそうです、・・・なので一緒に出てきたスプーンで、すくっていただきました^^;。濃い目のウーロンハイには、ぴったりで良かったです。

KIMG1492.JPG

「豚細切りつゆそばです、どうぞ」、待望の品?が運ばれてきました。こちらは「青(緑)」は乏しいですが、スープはやや半透明の薄茶色で、先程の魚系の香りがうっすらとしてきます。

麺は細いストレート麺で、茹で具合はちょうどよく、食感もプリプリ感とまではいかないものの、弾力性が適度で良好です。麺の量は750円のラーメンとしては、妥当とまではいかないものの、それなりに入っています。

具は豚肉の細切り・筍・しめじ(エリンギ?)が入っていて、先程の「青菜炒め」から青菜を抜いたものと一緒です。昔懐かしの中華そばを思わせる具材は、見られないのですが、とろみの付いたまろやかな味付けは、後述するスープにはよく合っています。

KIMG1493.JPG

スープは恐らくは豚骨ベースと思われるものに、「青菜炒め」と同様に魚系のだし汁が加わり、まろやかな味わいです。油の浮きはそれほど多くは無いですが、出汁が効いているので、塩味が抑え気味割には、しっかりした味わいです。

KIMG1494.JPG

スープの底には、このように魚肉の小片と思われるものと、生姜が見受けられます。この生姜を使うことで、生臭さを抑えていたんですね、そうじゃないと豚も魚も、時間と共に臭みが出やすいですから。

中華料理店は今までたくさん行きましたが、「魚」で出汁を取っているところって、中々お目にかかれませんでした。でも意外と合うんですよねえ、魚(特に硬骨魚類)の油はDHAEPAといった、不飽和脂肪酸を多く含んだものが多いですから、身体にも抵抗が少ないんだろうと思います。

ごちそう様でした、意外にリラックスして、美味しい料理を堪能できる空間でした。飲食だけならともかく、晩酌を兼ねての来店だとしても、決して「敷居が高い」わけではなさそうです。入り口の電光看板が、やたら豪勢に見えるので、錯覚を起こしてしまうんでしょうね。

お会計は2200円でした、潜入取材料としては、安く抑えられたほうです。朝5時まで営業して、一応「年中無休」と食べログページにはありましたから、夜ならいつでもいける場所で重宝しそうです。

さて、雨の降りがちょっと強くなってきたので、早めに引き上げるとします。


格安料金60分2000円で施術  {  指圧マッサージ サムライ  } 
川崎市 川崎区の 指圧マッサージ サロン



パソコン 川崎 指圧マッサージ サムライ メインHP 川崎 指圧マッサージ サムライ ispotページ



モバイル 川崎 指圧マッサージ サムライ メインHP 川崎 指圧マッサージ サムライ ispotページ



ブログの新作ご確認は、ツイッターが便利です
川崎 指圧マッサージ サムライ パソコン用ツイッター  川崎 指圧マッサージ サムライ モバイル用ツイッター
posted by サムライ斉藤 at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 昔懐かしの中華そばを求めて

2014年04月18日

昔懐かしの中華そばを求めて その104「茶思味 (ジャスミン」

今日は雨です。

雨は関係ないとは思いますが、19時台のご予約がキャンセルになりました。次の施術は21時なので、ちょっと出かけて夕食を摂る事にしました。近頃中華そばブログのペ−スが落ちているので、今日は久しぶりにネタ仕入れに行って来ます。

旧東海道を川崎駅方面に進み、「お菓子の東照(現在は別の場所に移転してシャッター下りてます^^;)」の所を左に曲がります。「aa(ミンミン)」「宮本町整骨院」「紅葉亭」「ゴールドフィッシュ」と通過して、ゴールドフィッシュのある十字路の次の十字路を右に曲がります。

KIMG1435.JPG

しばらく進むと右手に、このような小洒落た飲食店があります、実はここは中華料理店(台湾料理店)なんです。

KIMG1436.JPG

上の看板には、「Taiwan Bistro」「台湾家庭料理」「ジャスミン」と書いてあります。その下には漢字で、「茶思味」と書いてあります、こちらは当て字ですね。

こちらの店舗の存在は、前々から把握はしていたのですが、中々足を運ぶ機会がありませんでした。今日も最初は、こちらに足を運ぶつもりはなく、自転車で桜本商店街まで向かうつもりでしたが、雨の降りが強まってきたので断念し、「ジャスミン」にやって来ました。

自転車を脇に停め、さっそく入店します。

「いらっしゃいませ!」、女性店員が出迎えてくれ、奥のテーブル席まで案内されます。店内は手前に小さなテーブル席とカウンター席、奥に大き目のテーブル席という構造です。カウンター席があるのに、ご丁寧にテーブル席まで案内されました^^:

KIMG1440.JPG

「おしぼりとお水です、どうぞ」、さっそくおしぼりとお冷やが来ました。この2点が自動的に出てくると、私は「いいね!」を押したくなります・・・ってフェイスブックじゃないんだから・・・^^;

KIMG1437.JPG

KIMG1438.JPG

麺類のメニューを見ますが、どれも「米粉」を使った麺のようです。昔懐かしの中華そばにもっとも近そうなのって言ったら・・・

KIMG1439.JPG

この「台湾担仔麺(たいわんたんつーめん) 780円」かもしれません。説明書きがゴチャゴチャ書いてあるので、面倒くさいながらも文章として以下に打ち出します。

「台湾定番のラーメンです。スープに豚のそぼろ肉と海老、香菜などがトッピングされています。台湾語で「食巧不食飽」(飽きずに美味しく食べて)を念頭に、食べ飽きない量に調整された、手頃な麺料理です。」

・・・なるほど・・・、何となく分かったような、何となくピーン!と来ないような・・・^^;

ちなみに「担仔麺」とは、ウィキペディアによれば、屋台で出される小ぶりの汁入り麺の事らしいです。昔の台湾(台南あたり)で、台風の時期に漁が出来ない漁民が、なけなしの食材で作って凌いだ麺料理らしいです。

・・・なるほど・・・、何となく分かったような、何となくピーン!と来ないような・・・^^;

KIMG1442.JPG

「台湾担仔麺です、お待たせしました!」、「担仔麺」について悩んでいる?ところで、お待ちかねのモノが登場です!

写真をご覧になっただけだと、「おおっ、山盛り!」と思われるかもしれませんが、器が小さいんです(^^;;;;;。小さな器に麺・具材・スープを、無理やり詰め込んだという感じがしますが、これで「食べ飽きない量に調節」した事をアピールしているのかもしれません。

写真だけでは中々伝わらないでしょうから、さっそくいただいてみます^^

麺は中太のストレート麺で、茹で具合はちょうどよく食感もいいです。

KIMG1443.JPG

「米粉」とありましたが、見た目も食感・味わいも、小麦粉の麺とそれほど変わらないです。恐らくはオール米粉ではなく、繋ぎとして小麦粉などが使われていると思われますが、これで米粉の率が高い(或いはオール米粉)のであれば、上出来な米粉麺と言えるでしょう。麺の量は780円のラーメンとしては、やや少なく感じるが、「飽きの来ない量」に調節しているのかもしれません^^;

具はもやし・ニラ・豚挽き肉はすぐに分かりました、写真では他の具材にやや隠されていますが、海老が1つ入っています。あとキャベツみたいな物がちょこちょこっと入っているので、これが「香菜」なのかもしれません。もやしはシャキシャキして食感がよく、ニラはお気持ち程度ですが比較的青々して新鮮です。豚挽肉は薄味で味付けしたものが、後述するスープとマッチして、美味しくいただけます。

KIMG1444.JPG

スープは上の写真をご覧になると、決してあっさりとはいかなそうに思われるかもしれませんが、実際口にしてみると、これが意外とあっさりして抵抗なく美味しくいただけます。豚骨ベースと思われるややこってりしたスープですが、巷のいわゆる「とんこつ」のようなドロドロ感は無く、八角が効いているのですっきりといただけます。

「八角」は臭み消しには絶大な効果を発揮しますが、「福満楼」の時にも申し上げたように、好き嫌いが分かれるので、合わないととことん合わない恐れがあります。私は嫌味っぽく「これでもか!」と乱用していなければ、まったく気になりません。

ごちそう様でした、「食べ飽きない量」に調節されているようなので、程よく空腹感を抑えられ、あっさり美味しくいただけました。まあ780円のお値段とあって、「手頃な麺料理」ってわけにはいきませんが・・・、「台湾料理」を味わえると言う点では妥当なのかもしれません。

こちらは22時まで営業していて、ランチ営業もしているようです。恐らくはランチセットなども用意してあると思われるので、お昼の時間帯のほうが、よりお手軽に台湾料理を堪能できるかもしれません。

ただこちらのお店、結構分かりづらい場所にあります。先程の道順で進めば恐らくは大丈夫と思われますが、他のルートから来た場合、迷われてしまうかもしれません。


格安料金60分2000円で施術  {  指圧マッサージ サムライ  } 
川崎市 川崎区の 指圧マッサージ サロン



パソコン 川崎 指圧マッサージ サムライ メインHP 川崎 指圧マッサージ サムライ ispotページ



モバイル 川崎 指圧マッサージ サムライ メインHP 川崎 指圧マッサージ サムライ ispotページ



ブログの新作ご確認は、ツイッターが便利です
川崎 指圧マッサージ サムライ パソコン用ツイッター  川崎 指圧マッサージ サムライ モバイル用ツイッター
posted by サムライ斉藤 at 23:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 昔懐かしの中華そばを求めて

2014年04月11日

昔懐かしの中華そばを求めて 番外17「つけ麺 玉 赤備」

ーーーーーーーーーーーーーー お詫び ーーーーーーーーーーーーーーー

今回のブログは、実際は4月11日(金)の出来事ですが、ブログの日付が長い間「4月10日」で公開されていました。



今日は営業を14時半で終了し、これから実家のある新潟へ向かいます。今晩はかつての仲間と、約1年半ぶりに飲み会があるので、まず新潟市内まで向かいます。今晩中、恐らく最終電車で実家に向かいます。

さて川崎駅に向かう前に、どこかで腹ごしらえをしていきたいと思います。せっかくなので、中華そばブログネタとして候補に上げておきながら、すっかり放ったらかしになっていた、「つけめん玉 赤備」にしようと思います。

KIMG1335.JPG

こちらです、場所は銀柳街のアーケードの中、向いには日高屋があります。だいぶ前(2年半くらい前?)に入店した事があるのですが、すっかり忘れてしまいました^^;

KIMG1336.JPG

さっそく入店して、左側にある券売機で「中華そば 680円」の食券購入です。こちらは店名の如く、つけ麺を売りにしているところなので、中華そばも恐らくは「つけ麺そのまま中華そば化計画」の予感がします。でも入って食してみない事には真相がわかりませんから、気を抜かずにチェックしたいと思います。

KIMG1337.JPG

目の前には「チャーカツ丼 500円」なるメニューがあります、恐らくはチャーシューをとんかつのように揚げたものが、ご飯の上に乗っていると思われます。これってラーメンを頼まなくても、単品で頼めるのでしょうか?

KIMG1338.JPG

目の前にはさらに、セルフサービスのお冷やが用意されています。でも氷が完全に溶けてしまっていて、触るとぬるさが伝わってきます。まあ私は、特にお冷は必要ないのでいいのですが・・・。

KIMG1339.JPG

5分ほどして、中華そばが登場です!

ネギの新鮮さ、チャーシューの脂具合、メンマの色合い・・・まではいい感じでしたが、スープは一目見ただけで「あっさりじゃない」のが分かり、やはり「つけ麺屋の中華そば」という感じがしました。

麺は細いストレート麺で、茹で具合は比較的ちょうどよく、コシのある食感で印象はいいです。手打ち麺ではないとは思いますが、手打ち麺のような食感です。ただ麺の量は、680円にしてはそんなに多くはありません。

具はメンマ・ネギ・ナルト・焼き海苔・チャーシューと、懐かしの中華そばの要素をすべて含んでいます。メンマはスープより薄味で、コリコリ感もよく美味しくいただけます。ネギも先程申し上げたように新鮮そうで、長ネギだけかと思ったら玉ねぎのみじん切りも入っています。チャーシューも薄味で、脂身適度で美味しくいただけます。

スープは豚骨醤油をベースにしているようですが、つけ麺屋のスープで比較的お馴染み?の、魚粉投入しました系の、粉々しい食感です。魚粉そのもののものなのか、甘みが結構あり、その上塩加減も比較的強いので、魚介の味わいよりもしょっぱさのほうが目立ちます。

このままではスープ完飲できない!、究極の切り札として

KIMG1338.JPG

先程の「ぬるい水」の出番です!。これを適量スープに注ぎ、よくかき混ぜた後で飲みます。

うーん、マイルド!、これならOKです。しかしかなりぬるい(T_T)、でも塩分糖分過多でギブ(降参)するよりマシか・・・。

ごちそう様でした、荒技?を用いましたが、無事完食しました^^;

今回の中華そば、健康の事を考えれば、あと4分の1くらいは薄味にしても良さそうです。まあ人それぞれ、好みは違いますから、これでも「薄すぎる!」と思われる方もいるかもしれませんが・・・。もしかすると目の前の「ぬるい水」は、こんな時のための調節アイテムとしての役割も、担っているのかもしれませんね(^^;;;;;

今度機会があれば、さっきの「ちゃーカツ丼」を食べに来たいです。でも荒技?を使ってしまった手前、店員から「冷やかし客」とマークされている?かもしれませんから、ほとぼりが冷めてからにしようと思います^^;

荒技?は使ったものの、まだ喉の渇きが癒えないので、

KIMG1340.JPG

パチンコ「CITY」の脇の自販機で、ウーロン茶購入です。これで無事回復しました・・・ってちょっと大げさですね・・・。

KIMG1341.JPG

まだ「150円」のままなので、消費税増税による値上げはされていないようです。今度は120円物が130円に、150円物が160円に上がってしまうようです。これからは自販機使わないで、ドラッグストアーに入ったほうがいいかもしれません。

さて無事?食事も終わった事だし、川崎駅に行き、一路新潟市を目指します。


格安料金60分2000円で施術  {  指圧マッサージ サムライ  } 
川崎市 川崎区の 指圧マッサージ サロン



パソコン 川崎 指圧マッサージ サムライ メインHP 川崎 指圧マッサージ サムライ ispotページ



モバイル 川崎 指圧マッサージ サムライ メインHP 川崎 指圧マッサージ サムライ ispotページ



ブログの新作ご確認は、ツイッターが便利です
川崎 指圧マッサージ サムライ パソコン用ツイッター  川崎 指圧マッサージ サムライ モバイル用ツイッター
posted by サムライ斉藤 at 23:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 昔懐かしの中華そばを求めて

2014年04月09日

昔懐かしの中華そばを求めて 番外16「鳥貴族」(京急川崎)

今日は閉店後、「鳥貴族」にやって来ました。

KIMG1504.JPG

前回お伺いしたとき、消費税増税による値上げがあるというのを聞いていたのですが、上の看板は昔のまま「280円」になっています。どうやらこちらは消費税分だけの値上げだけで、価格自体は変わりがないようです、偉い!?

感心しつつ入店します、「いらっしゃいませぇぇぇぇぇぇぇぇ!」、いつもながらの活気に迎えられ、特等席?(一人がけのカウンター席^^;)に案内されます。

店員:いらっしゃいませ、おしぼりです
斉藤:ありがとうございます、ええーっと・・・、まずは淡麗生の・・・
店員:申し訳ございません、淡麗生が終わっちゃって、4月から「金麦」になったんですよ
斉藤:そうなんですか(こりゃいいや^^)、それじゃあ金麦と、とりあえず「シーザーサラダ」で
店員:ただ今お持ちします

どうやら4月からメニューが一新したようで、今までメインに頼んでいた「キリン淡麗生 大ジョッキ」の代わりに、「サントリー金麦 大ジョッキ」に変わったようです。私はどちらかというと、金麦のほうを好むので、むしろありがたいです。

今回は頼まなかったですが、「キャベツ盛り」もまだ健在でした。ただ残念な事に、前回まであった「チキンタレカツ丼」は無くなってしまいました(T_T)。あと「煮玉子醤油ラーメン」も無くなりました、秋のメニュー一新で、また復活するのでしょうか?

KIMG1127.JPG

金麦が来ました、以前同様に大ジョッキで入っているので、飲み応え抜群です。グラスにはしっかりと「樽生」と記載されています、こちらはサーバーの手入れが行き届いているようで、いつもクオリティー高い泡っぷりです。

KIMG1128.JPG

シーザーサラダも登場です、以前同様に半熟玉子がトロっと乗ったタイプですが、私としてはこちらは、当初のようなゆで卵の細かいのに戻して欲しいです。

KIMG1129.JPG

「トリキの唐揚げ」もまだまだ健在でした、やはりここへ来たらこれか

KIMG1134.JPG

この「貴族焼」を頼まないとダメでしょう、ちなみに写真は「貴族焼 モモ塩」です。でも本当は

KIMG1131.JPG

この「茹で鶏ねぎ塩」を頼みたかったのですが、売り切れでした^^;

KIMG1130.JPG

気分よく金麦のお代わりをもらいます、今日の胃腸は絶好調?なので、ビール(系飲料・・・)がすすみます。とは言っても、大ジョッキ2杯をいただくと、結構満腹に近くなります。これ以上飲むと、今回の目的である中華そばブログネタ仕入れに支障をきたす?ので、ここら辺で「とり白湯めん」を注文しておきます。

実は今回は、最初から「番外編」になる事とわかってのご紹介です。一番最初に来店した時、「次回でご紹介」といいつつ、放ったらかしになっていたため、今回改めてご紹介です。

KIMG1132.JPG

「とり白湯めんです、お待ちどう様です」、これが今回の主役、「とり白湯めん」です!

麺は細縮れ麺で、茹で具合はちょうど良く食感もいいです。麺の量も280円なりに入っていますが、いわゆるスーパーなどで売っている生麺ですから、原価はそれほどかかってないと思います。

具は鶏もも肉とキャベツ・ネギで、キャベツがある程度入っているのは、健康面でもありがたいです。鶏もも肉も脂分が少ないので、ヘルシーな組み合わせだと思います。

KIMG1133.JPG

スープはご覧の通り、クリーム色の白濁した仕上がりです。鶏出汁が割りと効いていて、鶏版とんこつスープといったところでしょうか?。非常にクリーミーで、クリームシチューのような味わいが楽しめます。

ごちそう様でした、「とり白湯めん」は完全に定番メニューとなっただけあって、飲酒後にも比較的すっきりいただける逸品です。

お会計を済ませます、これだけ頼んでも2000円いかないんだから、なんちゃって好景気の今の時代にはありがたいです。

今度は今回お目にかかれなかった、「茹で鶏ねぎ塩」を頼んでみたいと思います。あと、あの「山崎(ウイスキー)」も、初めて味わってみたいです。


格安料金60分2000円で施術  {  指圧マッサージ サムライ  } 
川崎市 川崎区の 指圧マッサージ サロン



パソコン 川崎 指圧マッサージ サムライ メインHP 川崎 指圧マッサージ サムライ ispotページ



モバイル 川崎 指圧マッサージ サムライ メインHP 川崎 指圧マッサージ サムライ ispotページ



ブログの新作ご確認は、ツイッターが便利です
川崎 指圧マッサージ サムライ パソコン用ツイッター  川崎 指圧マッサージ サムライ モバイル用ツイッター
posted by サムライ斉藤 at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 昔懐かしの中華そばを求めて

2014年04月07日

昔懐かしの中華そばを求めて その103「元祖ニュータンタンメン本舗 京町店」

今日は12時から13時50分まで、ランチタイムの時間を確保しました。

今回向かうのは、一昨年の6月に、「ふつうのタンタン麺とは違うタンタン麺」を食べに行ったきりの、京町にある「元祖ニュータンタンメン本舗 京町店」です。この頃のブログを読み直してみると、既にこの頃からラーメン解説のスタイルが、「麺は・・・」「具は・・・」「スープは・・・」という、今のスタイルだったんですね。

今回はこのタンタン麺が売りのラーメン店で、敢えて「普通の醤油ラーメン」を頼んでみようと思います。タンタン麺屋で醤油ラーメンって、何か嫌がらせ的?に思われるかもしれませんが、メニューにはちゃんとあるので、頼んではいけないことはありません。むしろ、「隠れた逸品」かもしれません。

ラーメン飲食後に「明志屋」にも寄っていこうと思います、今日のルートは久々に、15号線経由で向かいます。とりあえず15号線に出て、鶴見方面にまっすぐ向かいます。南部支線の高架をくぐったらすぐ左に曲がり、しばらく進むと右側に

KIMG1310.JPG

このような建物があります。こちらが今回の目的地、「元祖ニュータンタンメン本舗 京町店」です、自転車を停めて中に入ります。

入店すると、お昼時とあって結構混んでそうです。店員に「待ちますか?」と尋ねると、「大丈夫です、すぐ座れますよ!」と伝えられます。よかった、ここまで来てダメだと、何とも悲しいので・・・^^;

カウンター席に腰掛けると、間髪入れずに「醤油ラーメン 600円」を注文します。以前は550円でしたから、こちらも消費税増税の影響による値上げのようです。

KIMG1312.JPG

お冷とおしぼりが来ました。タンタン麺を食べた時は、まさに「命の水」でしたが、今回はそれほど重要でもないと思います。でもどうですかねえ・・・、タンタン麺屋の醤油ラーメン、もしかして辛かったり、ニンニクが効いてたりして^^;

当店にご来店のお客さんからお聞きしたお話では、今回の「元祖ニュータンタンメン本舗」、元々は焼き肉屋だって話ですね。どういう経緯で、ラーメン店に変わっていったのでしょう?。サイドメニューがメインになってしまったっていう、よくあるパターンですかねえ・・・。

色々と勝手な想像をしているうちに、

KIMG1313.JPG

醤油ラーメンが登場です!。コーンが目立つ一方、「辛そう」と思わせるような赤みがかった見た目は、まったくありません。悲しい事に、せっかくのナルトがレンゲの下敷きになってます(^^;;;;;。これから撮影の時は、レンゲを撤去する習慣をつけないとです。

麺は細いほとんどストレート麺で、茹で具合はちょうどよく食感は比較的よいです。麺の量は多くもなく少なくもなく、値段相応です。

具はメンマ・ネギ・ナルト・チャーシュー・ワカメ・コーンで、昔懐かしの中華そばの要素が、すべて揃っています。これだけの具材の種類にも関わらず、コーンまで入っているのはとても珍しいです。メンマはコリコリ食感で歯応えがよく、味付けもメンマ本来の味わいを引き出すような薄味で、とてもよい出来です。チャーシューは脂身が適度のものが2枚入っていて、すっきりした味付けで美味しくいただけます。

スープは鶏ガラベースのあっさり醤油味で、タンタン麺屋のラーメンを思わせるような、辛い味付けやニンニク効いてます!はまったくありません。塩分も控えめで、すっきり美味しくいただけます。

ごちそう様でした、予想はしてましたが、「タンタン麺が美味けりゃ、普通のラーメンも美味い」が当てはまるお店でした。

ここまではるばる、足を運んだ甲斐がありました。今度は久しぶりに、あの辛ーいタンタン麺を、また食べに来たいですね。

さて今度は、明志に寄って帰ります。


格安料金60分2000円で施術  {  指圧マッサージ サムライ  } 
川崎市 川崎区の 指圧マッサージ サロン



パソコン 川崎 指圧マッサージ サムライ メインHP 川崎 指圧マッサージ サムライ ispotページ



モバイル 川崎 指圧マッサージ サムライ メインHP 川崎 指圧マッサージ サムライ ispotページ



ブログの新作ご確認は、ツイッターが便利です
川崎 指圧マッサージ サムライ パソコン用ツイッター  川崎 指圧マッサージ サムライ モバイル用ツイッター
posted by サムライ斉藤 at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 昔懐かしの中華そばを求めて