2014年03月24日

昔懐かしの中華そばを求めて 番外14「マキタ」

今日は20時台21時台の時間のほとんどに空きが出来たので、先程「澤田屋」まで行って来ました(経緯は「澤田屋」のブログ参照)。まだ時間と胃袋に余力があるので、もう1軒以前から目を付けていた所へ向かいます。

KIMG1285.JPG

澤田屋に向かう途中でも記載した、府中街道と西口大通りの分岐点まで戻ってきます、上の写真は昼間の写真です。左にまがりしばらく行くと、右側に

KIMG0976.JPG

ソリッドスクエアが見えてきます。さらに進むと、同じく右側に

KIMG0977.JPG

ラゾーナ川崎プラザがあり、奥のほうには

KIMG0978.JPG

ミューザ川崎があります。そのまままっすぐ進めば、ミューザ川崎の右側に来ます。ちなみに左側には、JR川崎駅の西口があり、

KIMG0979.JPG

「LOAF(ローフ)」という焼きたてパン店や、

KIMG0980.JPG

「つばめグリル」という洋食屋などがあります。こちらもそのうち^^

KIMG0982.JPG

さて、ミューザ川崎の右隣に来ました、前方が西口大通りです。この通りは、ここからしばらくまっすぐ続き、JR尻手駅手前の尻手交差点まで続きます。この「西口大通り」沿いは、ラーメン店や中華料理店の宝庫です、これから順次制覇していきます。

西口大通りの左側の歩道を、まっすぐ進みます。

KIMG1007.JPG

「らあめん花月」を通り過ぎ、

KIMG1008.JPG

「新洪記」という中華料理店を通り過ぎて、しばらく進んだ所に

KIMG1009.JPG

上の写真のような、「ラーメン」と書いた置き看板があります。さてこちらが、

KIMG1010.JPG

本日2番目の目的地「マキタ」です。上のひさしの下のほうに「マキタ」と書いてあるのですが、身長がある程度高くないと見えません。先程の置き看板が無かったら、ラーメン屋だってわかってもらえないかもしれません。そんなことからこちらのお店は、知る人ぞ知る名店になっているようです。

実はだいぶ前(1年半くらい前)に1度、こちらに来たことがあるのですが、食べログページには夜の営業が17:00〜21:30と書いてあったものの、21時10分頃に行ったら、中にはお客がいるのに既に準備中でした。今の時間は20時57分、もしかするとラストオーダーは21時なのかもしれません。

ではさっそく入ります。

うぉー!?、混んでる・・・!、店内はカウンター数席の狭い空間ですが、席のほとんどが埋まっています。でも何とか空いているようなので、奥の席へ腰掛けます。

「いらっしゃい!」、そこそこお年を召したご主人が、威勢のいい掛け声をかけます。雰囲気としては、あまり物腰低くはないものの、威張りくさったような雰囲気は一切無く、筋金入りのラーメン職人という感じです。こちらのお店はビルの中にありますが、屋台なんかで営業していたら、もの凄くマッチしそうです。

斉藤:今日はまだやってますか?
主人:まだ大丈夫だよ

やれやれ、今回は無事ラーメンにありつけそうです、せっかく来ても「今日は終わったよ!」っていう言葉が出るかと思って心配でした。ではメニューを・・・あれ、カウンターにメニューらしきものはありません。と思ったら、

KIMG1011.JPG

壁にメニューらしきものがが貼ってあります、今回は「醤油ラーメン 普通 700円」にします。すぐ後から入ってきたお客が、「豚骨チャーシュー」とか頼んでいたので、トッピングも追加できるようです。

ご主人お一人でほぼ満席に近いお客を捌くので、やや時間はかかりそうですが、次から次へと先客のラーメンが出来上がっていき、ついに

KIMG1012.JPG

「醤油ラーメンお待ちどう様!」、いかめしいと思っていたご主人の表情が、にやっと変わり、ラーメンがカウンター上に置かれました。「ふぅー、これでひと段落」、そんな心境なのかもしれません。

麺はやや太めのストレート麺で、茹で具合はちょうどよく、食感も比較的よいです。麺の量は、700円にしてはやや少なめですが、太さがあるのでたくさんあるような錯覚にとらわれます。

具はメンマ・玉ねぎ・きくらげ・チャーシュー、そして糸状の海藻類です。メンマは細いながらも、コリコリ感がしっかりしており、薄味で美味しくいただけます。玉ねぎはみじん切りで、切り立てでシャキシャキ感抜群です。きくらげも新鮮で、プリプリしていて歯応えもしっかりしています。チャーシューは豚の角煮を思わせるような、とろけるようなものが1枚・・・いや1個入ってます。

スープはいわゆる豚骨醤油で、これに多少の魚粉がミックスされた、濃厚でまろやかで味わいです。豚骨と言っても、生臭さや豚臭さは一切感じられません、玉ねぎのおかげかと思われますが、秘技があるのかもしれません。私個人としては、クリーミーで好きな味わいです。

ごちそう様でした、豚骨ラーメンをそんなに好まない私でも、比較的すっきり美味しくいただけました。やはり醤油豚骨でありつつ「家系」とは一線を画す、こちらの秘伝の味があるのだと思います。

しかし残念ながら、あっさりラーメンとしては若干かけ離れているため、誠に惜しいながらも、番外編になってしまいました。単なる中華そばブログなら、絶賛すべきところなのですが・・・。でも正直いい味出してます、こちらのご主人も。

帰路を急がないと次の施術時間になってしまうので、お会計を済ませます。

斉藤:ごちそう様でした、こちらは何時までに入れば大丈夫なんですか?
主人:何時までって・・・んー、21時までだね
斉藤:前に来た時はギリギリ間に合わなかったので、今回はよかったですよ
主人:まあ看板でてれば大丈夫だから、また寄ってよ、2種類あるから
斉藤:そうですね、また来ますよ・・・えっ?、2種類って何か?
主人:えっあれ、あと味噌と豚骨とあるから
斉藤:あーーー、そういう事ですね・・・、わかりました
主人:まいどー!

「2種類」って聞いた時、一瞬「天下一品」のような「あっさり」と「こってり」の2種類のスープがあるのかと思ったのですが、味付けの違いでした(^^;;;;;。でもこちらの味噌ラーメンも定評があるようなので、またお伺いしたいです、でも夜は無理かなあ・・・、来れるとしたら昼の部ですね。

大通り沿いにありながら「影の名店」と化した、正統派ラーメン職人のラーメン店、ようやく入店できました。結果こそあっさりラーメンとは行きませんでしたが、いい仕事している粋な一杯が味わえます。

・・・と、モタモタしている場合ではない!、あと15分しかない!!!。自転車を飛ばして、川崎区に戻ります。


格安料金60分2000円で施術  {  指圧マッサージ サムライ  } 
川崎市 川崎区の 指圧マッサージ サロン



パソコン 川崎 指圧マッサージ サムライ メインHP 川崎 指圧マッサージ サムライ ispotページ



モバイル 川崎 指圧マッサージ サムライ メインHP 川崎 指圧マッサージ サムライ ispotページ



ブログの新作ご確認は、ツイッターが便利です
川崎 指圧マッサージ サムライ パソコン用ツイッター  川崎 指圧マッサージ サムライ モバイル用ツイッター
posted by サムライ斉藤 at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 昔懐かしの中華そばを求めて

昔懐かしの中華そばを求めて その93「澤田家」

今日は20時台21時台でキャンセルが出てしまいました、次のご予約は22時からでまだ時間があるので、ここぞとばかりに中華そばブログネタ仕入れに出かけます。

実はこういう時のために、あらかじめお伺いする対象を絞っておきました。3月16日のブログで「中華そばブログのその100はおかべを予定しています」旨の記載をしたところ、これをご覧になった一昨日ご来店のお客さんから、次のような助言がありました。

「おかべもいいけど、こちらのラーメンは斉藤さんの求めるものとは違うような気がします。近くにある澤田屋という所のほうが、もっと近いと思います」

そうお聞きして「澤田屋」の食べログページを見ましたが、ラーメンの写真を見るからに、信頼できる情報です。そんなわけで、お伺いする機会を伺っていました。

20時10分頃、自転車に乗って出発します。旧東海道を大師道方面に進み、

KIMG0965.JPG

大師道まで来たら左に曲がります、こっちに来ると道の名前は、「府中街道」に変わります。京急大師線の踏み切りを渡り、JR線の高架下をくぐると、

KIMG0966.JPG

上の写真のような、府中街道から西口大通りへの分岐点に来ます。左に曲がるとラゾーナなどがある西口大通りに続きますが、今回は直進します。

KIMG1285.JPG

上の写真は、同地点を昼間撮影したものです。この地点の左斜め前には、

KIMG1286.JPG

「興和川崎西口ビル」があり、その左側にはあの「ソリッドスクエア」があります。

さて府中街道を直進すると、しばらくして歩道橋・・・いや「ベストリアンデッキ」が現れます。以前「ドンキホーテ パウかわさき」に向かった時にも記載したのですが、

KIMG0967.JPG

迷路みたいにゴチャゴチャしていて、反対側に渡るのも一苦労です。あと府中街道を進む時、歩道の左側を進んだほうがよいと思います。右側の歩道を進んでいくと、うっかり別の方向に行ってしまう恐れがあります(特に夜は)

KIMG0968.JPG

遠藤町バス停を過ぎたら、大通りの反対側をご覧ください。

KIMG0969.JPG

こちらが今回の目的地「澤田屋」です、近くに歩行者用信号がありますので、反対側に渡れます。

KIMG0970.JPG

店の前まで来ました、脇に自転車を停めて中に入ります。私より僅かに早いタイミングで、男女のカップルが入っていきました。

「いらっしゃいませ、空いているお席へどうぞ!」、若いご主人がそう言って、席を案内します。店内はL字型のカウンター席のみ、先客は2名+先程のカップルです、こちらは券売機は無く後払いです。

とりあえず空いている席に腰掛け、間髪入れずに既に食べログで情報収集済みの、「支那そば醤油 700円」を注文します。

KIMG0971.JPG

KIMG0972.JPG

待っている間に、メニューを一通り見ます。普通のラーメンやつけ麺の他、炒飯や餃子、アルコール類やおつまみなど、最低限度の中華ものなら何でもありのようです。「お子様連れ大歓迎」「ベビーカー入店可」「車椅子入店可」は、お子様同伴の方や肢体不自由な方にはありがたいサービスです。

また飲食店の常識になりつつある「禁煙」も、こちらではしっかり実施されています、まあお子様大歓迎で「喫煙可」はまずいでしょうから^^;

KIMG0974.JPG

あとこのように、使用している原材料の説明などもしっかり記載されています。せっかくなので文章に打ち出します。

水:浄水器システム シーガルフォー(米国製)使用
お米:栃木産こしびかり100%
焼豚:鹿児島県XX プリンシャスポーク(鹿児島黒豚のメス) 沖縄アグー豚のいずれか
   デフォルトで肩ロース・バラそれぞれ1枚ずつ載ります
スープ材料:国内鶏2種 日高昆布 鹿児島枕崎産枯れさば節 鰹節 九州産煮干し

・・・と、随分原材料にこだわりがあります。特に昆布や削り節・煮干しといった、魚介系原材料へのこだわりは、ますます期待できそうです^^ 

KIMG0973.JPG

酢とラー油はカウンターには直接置いていないのか、このような告知書きがあります。あと写真は撮らなかったのですが、箸は普通のもの(洗って再利用出来るもの)と一緒に、割り箸も置いてあります。使い捨てを好むお客に対する配慮なのでしょうが、勿体無いので私は普通の箸を使う事にしました。

まず先に入店したカップルのラーメンが運ばれた後、

KIMG0975.JPG

「支那そば醤油お待ちどう様です!」、来ました来ました!、食べログの写真よりも、断然美味しそうに見えます。運ばれてきた時点で、煮干しの香りが伝わってきます^^

麺は細めのストレートに近い麺で、茹で具合はちょうどよく、プリプリ食感でとてもいい感じです。スープはそんなに濃い目でないのに、麺にしっかりスープが絡んで、美味しくいただけます。

具はメンマ・ネギ・味付け海苔・チャーシューで、ナルトはどうやら「得入り支那そば 1000円」でないと入らないようです。メンマは細めですが、コリコリ食感はしっかりしていて、薄味で食べやすいです。ネギは青々した食感の良い物が、比較的多く入っており、見た目の鮮やかさをいっそう引き立てています。チャーシューは先程の説明書きのように、バラ肉タイプ(写真の一番右側)が1枚と、肩ロースタイプ(写真の左側)のものが2枚入って・・・あれ全部で3枚なんですね。バラ肉タイプは柔らかなまろやかな食感、肩ロースタイプも脂身が適度に乗っていて、どちらもすっきりとした味付けで美味しくいただけます。

スープはこれはもう文句なしの、魚介系鶏ガラあっさり醤油スープです。特に魚介の味わいは、よくありがちな魚粉を放り込んでハイ終わり!ではなく、じっくり煮込んでしっかり出汁をとったものです。脂が比較的浮いており、まろやかさを醸し出しています。出汁がしっかり効いているので塩分も抑え気味で、すっきり美味しくいただけました。

ごちそう様でした、助言いただいた当店ご来店のお客さんには、大変感謝します。

しかし早まったかなあ、もうちょっと待ってその99くらいになったら来店しておけば、記念すべき『昔懐かしの中華そばを求めて その100「澤田屋」』として紹介出来たと思います。とにかく今回の1杯、700円というややお高めなお値段ではあるものの、それに見合うほど上出来な一杯でした。

しかしこれほど原材料にこだわりを持っているラーメン店に、久しぶりにお目にかかりました。こういうタイプのお店って、スープの出来が悪かったりすると、営業予定日でも休みにしてしまったりって事があります。

まあ今回の「澤田屋」は、営業日まで休みにしてしまうことはないようですが、スープが無くなり次第おしまいって事は、あり得るかもしれません。やはり来店は、早いうちがよいでしょうね。今日ももしかすると、そろそろ閉店なのかもしれません、一応お会計の時に、ラストオダーの時間を聞いていこうと思います。

さて先に入店したカップルはまだゆっくり堪能している中(私が早食いなだけなのですが・・・)、大満足でお会計を済ませます。

斉藤:すいません、お会計お願いします
店主:今日はもう終わったんですか?
斉藤:え???(私のセリフが・・・)
店主:あのー、サムライさんですよね?
斉藤:何でそれを?
店主:だいぶ前に近くに住んでいて、以前お伺いしたんですが・・・
斉藤:あーーーー!、開店してまだ間もない頃に来られた・・・それじゃあこの店名も・・・
   とても美味しかったですよ、抜け出して来た甲斐がありましたよ
店主:ありがとうございます
斉藤:こちらは大体、何時ごろまでに入れば間に合うんですか?
店主:まあ21時45分くらいはお受けしますけどね
斉藤:比較的遅くまで大丈夫なんですね、また時間を見つけてお伺いしますよ
店主:またお待ちしております

今回のご主人、当店がオープンしてまだ1ヶ月ちょっとくらいの時にご来店され、その後2回くらいお問い合わせがあったものの、時間が合わずにいた方でした。まさかこの場所で、ラーメン店を営んでおられるとは、思ってもいませんでした。

今回は大当たりでした、今度は「支那そば塩」や「得入り支那そば」なども、味わってみたいものです。

現在の時間は20時45分、頑張ればもう1軒回れます。次は前々から狙いを定めていた、川崎駅西口大通り沿いにある、「マキタ」に向かいます。


格安料金60分2000円で施術  {  指圧マッサージ サムライ  } 
川崎市 川崎区の 指圧マッサージ サロン



パソコン 川崎 指圧マッサージ サムライ メインHP 川崎 指圧マッサージ サムライ ispotページ



モバイル 川崎 指圧マッサージ サムライ メインHP 川崎 指圧マッサージ サムライ ispotページ



ブログの新作ご確認は、ツイッターが便利です
川崎 指圧マッサージ サムライ パソコン用ツイッター  川崎 指圧マッサージ サムライ モバイル用ツイッター
posted by サムライ斉藤 at 23:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 昔懐かしの中華そばを求めて

2014年03月21日

昔懐かしの中華そばを求めて その92「味の店 北京」

今日の夕方、本当は済ませなければならない用事があったのですが、4月1日の定休日でも間に合う事になったので、確保しておいた時間が無駄になってしまいました。

でも無駄にするわけにもいかないので、ここぞとばかりに中華そばブログネタ仕入れに行って来ます。とはいっても、そんなに時間があるわけではないので、比較的近場になってしまいます。

今回お伺いするのは、以前「萬寿」へお伺いする時に偶然見つけた、「味の店 北京」という中華料理店です。場所は市役所通りの左側(競馬場側)の歩道を、ひたすら海側にまっすぐ進んだところにあります。町名で言うと、「藤崎」になるかもしれません。

実はこちらのお店の情報、インターネットには一切ありません。なのである意味、レア?な店になりそうです^^;

KIMG0959.JPG

こちらが今回の目的地、「味の店 北京」です、結構年季が入ってそうです。

KIMG0960.JPG

夜はこの置き看板が、よく目立ちます。「北京」という店名ですが、北京料理店というわけでは無さそうで、ラーメンあり、チャーハンあり、炒め物ありの、いわゆる「何でもあります中華屋」のようです。

時間が無いので自転車を脇に停め、入店します。「こんばんはぁ!」

中ではご主人らしきご年配男性が、電話中でした。「今お客さん来たから、後でね」、そう言って電話を切ったご主人が、今度は「ハイいらっしゃいませ!」と、素早く接客モードに切り替わります。

店内は右側に厨房とカウンター席、左側にお座敷席が2席あります。まだ夜の部が始まって間もないからか、先客はいませんでした。

KIMG0961.JPG

KIMG0962.JPG

壁のメニューを一通り見ます、「ラーメン 500円」「大ラーメン 600円」となっていたので、普通サイズのラーメンを注文します。

ご主人がラーメンを茹でながら、奥のほうで包丁をトントンさせます、恐らくはネギを切っている音と思われます。その場で具材を切るのは好印象です、切ってそのままにしておくと、水分だけでなく旨みまで逃げてしまいます。

それにしても「肉ダンゴ 1400円」「白片肉 700円」って、一体どんな料理なのでしょう?。また、「カレーライス 700円」とあるのですが、「チャーハン 650円」より高いカレーライスって、もしかして自家製なのでしょうか?。あと、「ラーメン」とは別にある「しょうゆラーメン 650円」って、何が違うのでしょう?

このようにこちらのお店には、謎多き部分が多く見られます。これは再訪のためにも、ラーメンの出来がいい事を願います。

KIMG0963.JPG

「ラーメンお待ちどう様です」、さあ出来上がってきました!。見た目はバッチリです、さてお味のほうはいかに?

麺は細縮れ麺で、茹で具合の丁度よいプリプリ食感が、非常に好感が持てます。麺の量は500円のラーメンとしては、妥当な量です。

具はメンマ・ネギ・ナルト・ほうれん草・チャーシューで、ネギはみじん切りのものが、お気持ち程度に入っています。むしろネギよりも、ほうれん草のほうがよく目立ちます。メンマは外側はフニャっとした感じがしましたが、深部にいくにつれコリコリ食感が目立ち、味わいも薄味で美味しくいただけます。チャーシューは脂身控えめなもも肉タイプのものが1枚で、淡白な味わいでいい感じです。

スープは安心の鶏ガラあっさり醤油味で、やや煮干し系の香りがします。塩分控えめで美味しくいただけました。

ごちそう様でした、「味の店」とあって、いい味出してます。これはまたお伺いして、先程の謎のうちのいくつかを、解決させていきたいと思います。

斉藤:お会計お願いします
主人:500円ちょうどいただきます、ありがとうございます
斉藤:こちらは普段は、何時までやっているんですか?
主人:ウチは定休日が月曜日で、あとは夜9時ごろまでやってますよ
斉藤:この前初めてこちらのことがわかりましたよ
主人:ウチはもうだいぶ前から、ここでやってるんですよ
斉藤:美味しかったので、またお伺いします
主人:まあこんな感じのとこですけど、お待ちしています

・・・という具合に、定休日を聞いていないのに、しっかり答えてくれるご主人、意外と抜かりないです。でも21時閉店だとちょっと厳しい、お昼時が狙いかな・・・?


格安料金60分2000円で施術  {  指圧マッサージ サムライ  } 
川崎市 川崎区の 指圧マッサージ サロン



パソコン 川崎 指圧マッサージ サムライ メインHP 川崎 指圧マッサージ サムライ ispotページ



モバイル 川崎 指圧マッサージ サムライ メインHP 川崎 指圧マッサージ サムライ ispotページ



ブログの新作ご確認は、ツイッターが便利です
川崎 指圧マッサージ サムライ パソコン用ツイッター  川崎 指圧マッサージ サムライ モバイル用ツイッター
posted by サムライ斉藤 at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 昔懐かしの中華そばを求めて

2014年03月16日

昔懐かしの中華そばを求めて その91「うそ定居」

今日は閉店が21時40分、日曜日にしては早く終わりました。「南武線鉛線 懐かしのラーメン巡りの旅」第3弾行こうかと思ったのですが、結局自転車に乗って外食に出かけました。

・・・とはいうものの、今回は目的地を決めずに出かけました。行き当たりばったりで良さそうなところがあったら、そこへ入店するつもりです。

旧東海道を八丁畷に向かい、新川通りを海側にまず進み、リサイクルショップの近くの歩道橋の所を左に曲がり、さらに進みます。このルートは「天和」に行った時と同じルートです。

しかし日曜日の夜とあってか、或いはこのルートに目ぼしい店舗がないからなのか、いいところがありません。しまいには

KIMG1166.JPG

美登利」まで来てしまいました(^^;;;;;、もちろん営業終了しています。ここの頑固オヤジは元気でやっているのでしょうか?、お伺いしたいとは思っていても、これだけ距離が離れていると、容易に営業中に抜け出しては来れません。

美登利のところで左に曲がり、産業道路をひたすらまっすぐ進みます。

KIMG1175.JPG

上の首都高速道路は引っ切り無しに自動車が通っていますが、産業道路にはほとんど通りません。当店に来られているお客さんのお話では、もっと海側に「湾岸道路」が出来てから、こっちの通行量が減ったそうです。

産業道路沿いの店舗も、営業終了しているところばかりです。しばらく進んだところに、

KIMG1167.JPG

こじんまりとした佇まいの居酒屋がありました。

KIMG1168.JPG

置き看板を見ると、「ラーメン」そして「カレー南ばん」という単語が見られます。とりあえずは、こちらに入る事にしました。

KIMG1169.JPG

入り口のドアには、「うそ定居」「営業時間 午後5時〜11時」「定休日 火曜日」と書いてあります。「うそ定居」というお店は初めて知りました、もしかすると隠れた穴場かもしれません。ちなみにこのドアは、左右に動かすタイプです^^;

「こんばんはぁ!」、ドアを開けると、そこは踊り場でした^^;。右にゲームセンター、左が「うそ定居」のようです、今度こそ!もう一つのドアも開けます」

店内は大きめのテーブルが2つあるだけの、小さな空間で、奥のほうに厨房があります。奥のほうに、ご年配の女将さんがおりました。

斉藤:今日はまだ営業していますか?
女将:いらっしゃいませ、大丈夫ですよ、お食事ですか?
斉藤:こちらはラーメンの単品ってありますか?
女将:ございますよ、醤油ラーメン・味噌ラーメン・・・・・
斉藤:醤油ラーメンもらえますか
女将:ありがとうございます

店内は閉店間際とあってか、他のお客はいません、私が入店しなければ、もしかすると早閉まいしたのかもしれませんね。

KIMG1170.JPG

おしぼりを持って来てくれ、テレビまで付けてくれました。でも店内には演歌の有線放送が流れているので、ここまで気を遣ってもらわなくてもよかったのですが・・・。

KIMG1171.JPG

麺類は「しょうゆラーメン」「みそラーメン」「博多ラーメン」「長浜ラーメン」「キムチラーメン」がオール500円、「ちゃんぽん」が600円です。この「博多ラーメン」と「長浜ラーメン」の違いって、何なのでしょう?、どちらもとんこつラーメンと認識していましたが・・・。

KIMG1172.JPG

一品料理も豊富です、珍しいものでは「くじら刺し 950円」「くじらベーコン 1200円」などがあります。

KIMG1173.JPG

「ハイ!醤油ラーメンお待ちどう様でした!」、今度は奥で調理をしていたご年配のご主人が、直々に運んできてくれました。と思ったらすぐにいなくなり、今度はお冷やが運ばれてきました。このパターン、一昨日うかがった「三鶴」にそっくりなんですけど・・・。

麺は細いストレート麺で、柔らかめですがしっかりした食感があります。表現するなら、そうめんの麺をラーメンにしたような感じですかね、新潟の「くらた」というラーメン店の麺に、よく似ています。

具はメンマ・ネギ・ゆで卵・コーンで、チャーシューは残念ながらないようです、まあ私はあまりこだわりませんが・・・。それよりも、ゆで卵がナルトだったらって事を悔やみます。メンマは薄味で、コリコリ感抜群です。ネギは一般的な太いものではなく、万能ネギと思われます、青々して食感がいいです。ゆで卵は単なる「茹でただけ」で、味付けはありません。

スープは安心できる、鶏ガラベースのあっさり醤油味で、特別修飾するような味わいは感じられませんが、すっきり美味しくいただけます。

ごちそう様でした、川崎の奥地で味わう至福の一杯、最高ですね。でもこのお店がある池上新町は、川崎市街地よりも海側ですから、川崎駅周辺のほうがよっぽど「奥地」になるんですけどね^^;

斉藤:ごちそう様でした、入り口の看板にあった「カレー南ばん」って、カレーライスなんですか?
女将:あれは「カレーうどん」ですね、ルーを手作りしたものを、うどんにかけるんですよ
斉藤:ほほう!、こちらは普通のカレーライスってないんですか?
女将:ありますよ、カレーライスも同じルーです
斉藤:それは凄い!、今度また食べに来ますよ
女将:ありがとうございます、お気をつけて

とんだ収穫でした、わかっていればカレーも一緒に頼んでおいたのに・・・。まあ近々またお伺いするでしょう、黄色いカレー第3弾も目前かもしれません^^

「うそ定居」を後にして、再び産業道路を大師方面に進みます。しばらくすると、

KIMG1176.JPG

富士見通りにぶち当たります、左にあるのは「リンカーハット」です。このまま殿町まで進んで、「ラーメンミート」で中華そばネタ仕入れといきたかったのですが、今日は日曜日で定休日、残念ながら左に曲がって川崎駅方面に向かいます。

KIMG1177.JPG

しばらく進むと、「中華居酒屋 としちゃんの台所」なる店舗を発見、でももう閉店しているようです。一応チェックしておきます、こちらの脇の道を曲がってしばらく行くと、昨日お伺いした「萬寿」という中華料理店があります。

KIMG1178.JPG

結局他に目ぼしい場所が見つからないまま、15号線に来てしまいました、今日は諦めて帰宅します。明日あさっては帰省なので、水曜日からまた探訪再開です。

さて、中華そばブログ(昔懐かしの中華そばを求めて)も、本編はおかげさまで91回を迎えました(その53「東山食堂」が未完ですが・・・)。記念すべき「その100」は、巷で影ながら話題になっているらしい、「おかべ」を予定しています。でももっと凄そうなところがあったら、変わるかもしれませんが・・・。


格安料金60分2000円で施術  {  指圧マッサージ サムライ  } 
川崎市 川崎区の 指圧マッサージ サロン



パソコン 川崎 指圧マッサージ サムライ メインHP 川崎 指圧マッサージ サムライ ispotページ



モバイル 川崎 指圧マッサージ サムライ メインHP 川崎 指圧マッサージ サムライ ispotページ



ブログの新作ご確認は、ツイッターが便利です
川崎 指圧マッサージ サムライ パソコン用ツイッター  川崎 指圧マッサージ サムライ モバイル用ツイッター
posted by サムライ斉藤 at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 昔懐かしの中華そばを求めて

2014年03月15日

昔懐かしの中華そばを求めて その90「萬寿」

今日は土曜日なのですが、11時台のよくご来店されるお客さんが、体調不良で来れなくなってしまいました。そのため、11時20分〜13時が丸々空いてしまいました。ここぞとばかり、普段行けないちょっと遠出の外食といきます。

今回のお目当て先は、川崎区観音にある「萬寿」という中華料理店です。昨年5月に「東山食堂」に行った帰りに偶然見つけ、何度か訪問を試みたのですが、10ヶ月経っても未だ行かずじまいになっています。今年の2月11日に正確な場所を把握したので、今度はスムーズに行けると思います。

まずは市役所通りをひたすら海側に進み、15号線も競馬場も超え、名称が「富士見通り」に変わってもまだ進みます。この間には自転車では難がある歩道橋が2箇所あるので、私は途中までは大師道経由で行きます。

KIMG0912.JPG

大通りの左側の歩道を進んでいた場合、「吉忠工務所」、その奥にセブンイレブンのあるところまで来たら、右に曲がって大通りの右側に移ります。別にここで曲がる深い意味はないのですが、

KIMG0913.JPG

曲がった先の「よってこや」というラーメン店(写真の右側)と、「山一」というそば店(写真左端)の間の道を奥に行ったところには、「わかさ」というレア?な中華店があるのです。今回は時間が無いので行けませんが、そのうち^^

KIMG0922.JPG

「山一」を通り過ぎます、ここにも中華そばがあるんですよ、そのうち^^

KIMG0921.JPG

しばらく行った「しょう吉」も通り過ぎます、ここもそのうち^^

KIMG0919.JPG

そしてこの「鹿島園」というお茶屋のところで右に曲がります、300〜400メートルはあるでしょうか?、前進したところに

KIMG0914.JPG

今回のお目当ての場所「萬寿」があります、インターネットに詳細な情報が出るのは、今回が初めてかもしれません。でも以前存在した「川崎DEラーメン」というサイトには、恐らく載ってたでしょう、何故消えてしまったのでしょう・・・?

「萬寿」の隣には美容院があるのですが、

KIMG0915.JPG

「カット3900円より」、高ぇーーー!。郊外店では決して高くはないのでしょうが、「ハピア」や「バニラヘアー」を知ってしまった今、もうカットで2000円以上は出せません^^;

・・・美容室はいいとして、時間がなくなるので入店します。

「いらっしゃいませぇ♪」、40代後半〜50代くらいの男性の、低音で軽快な語りで出迎えられます。店内は左側がカウンター、右側がテーブル席です。先客はカウンターに2名、テーブルに1名です、でもカウンターの1名は食べ終えています。

KIMG0916.JPG

KIMG0917.JPG

上のメニューを見ると、「ラーメン 450円」です。せっかくここまで来て、ラーメン1杯もなあって思ったのですが、餃子などを頼むと余計二時間がかかってしまうので、「ラーメン大盛り」にしました。

店内は外観とは裏腹に、木のぬくもりを感じさせるカウンターやメニュー表など、清潔感のある落ち着いたレイアウトです。ご主人の服装は今風のラーメン屋っぽくはなく、昔ながらの白い帽子と白衣ですが、話し口調が軽快で堅っ苦しを感じさせません。

最近のラーメン店はやたら流行り?のTシャツ&バンダナにして、「ウチはイケてるんだぜぇ!」と訴えつつ、料金を釣り上げる手法が取られているような気がしてなりません。「シンプル イズ ベスト!」、これがやっぱり一番ですね。

KIMG0918.JPG

「ラーメン大盛り♪、お待ちどう様でーす♪」、おおっ、またしても軽快なノリと共に、ラーメン大盛り(450円+大盛り100円)が登場です!。写真は撮り損ねましたが、間髪いれずに「お冷やですー♪」と、お冷やが置かれます。

麺は細くやや縮れた麺で、やや堅茹でで食感は非常によいです。麺の量はかなり入っているので、普通盛でも多めではないかと思います。気のせいでしょうか?、麺自体にうっすらと塩味を感じます、スープが付着した塩味とは明らかに違うものです。こんな食感は初めてですが、麺自体を美味しくいただけていい感じです。あくまでも憶測の域を出ませんが、麺自体に塩が練り込んであるか、或いは茹で汁自体が塩辛いのかもしれません。

具はメンマ・ネギ・ナルト・ワカメ・岩のり・チャーシューで、岩のりのような食感のものは、もしかすると焼き海苔がふやけたものなのかもしれません。メンマは歯応えがもうひと息というところですが、塩加減や味わいは結構いいです。ネギはまだ切り立てのようで、新鮮で歯応えがあります。チャーシューは小ぶりなものが1枚入っていて、味わいはごく普通です。

スープは鶏ガラベースのあっさり醤油で、こってり感はそれほどないものの、出汁がよく効いていてすっきり美味しくいただけます。やや塩加減が強いか?とも感じましたが、飲み口には影響しません。

ごちそう様でしたー♪、最高の1杯でございました♪

お会計をする時に、「ごちそう様でした」というのをうっかり「ありがとうございました」と言ってしまいました。するとご主人から、「いいえいいえ♪、こちらこそありがとうございました♪」と、またしても軽快なノリで返答が来ました。

以前お電話で伺った情報では、こちらのお店は夜21時で閉まってしまう(ラストオーダーは確か20時って言ってたような・・・)のが残念です。先程お話した「わかさ」も20時閉店なんです、早く営業を終えるところへ行くには、営業時間に抜け出すか、定休日を川崎で過ごすしかないので、今度はいつ来れることでしょう・・・。

今回のような軽快なノリで、今後もご活躍いただければと思います。


格安料金60分2000円で施術  {  指圧マッサージ サムライ  } 
川崎市 川崎区の 指圧マッサージ サロン



パソコン 川崎 指圧マッサージ サムライ メインHP 川崎 指圧マッサージ サムライ ispotページ



モバイル 川崎 指圧マッサージ サムライ メインHP 川崎 指圧マッサージ サムライ ispotページ



ブログの新作ご確認は、ツイッターが便利です
川崎 指圧マッサージ サムライ パソコン用ツイッター  川崎 指圧マッサージ サムライ モバイル用ツイッター
posted by サムライ斉藤 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 昔懐かしの中華そばを求めて

2014年03月14日

昔懐かしの中華そばを求めて その89「三鶴」

今日は閉店後、自宅で軽−く1杯やった後、外食に出かけています。先程

KIMG0880.JPG

珍味閣」へお伺いして、今度は次の目的地である、「三鶴」という中華料理店に向かいます。実は珍味閣に足を運ぶ前に、こちらに立ち寄って営業時間を聞いてきました、深夜2時までやっているそうです(食べログページには、日曜日は24時まで営業、定休日は火曜と書いてありました)

KIMG0886.JPG

珍味閣の右側の細い道を、新川通り側に向かってまっすぐ進みます。逆に新川通り側から向かう場合は、さいか屋から新川通りを海側へ進み、いさご通り(旧東海道)を突っ切ってすぐの、

KIMG0900.JPG

オリジン弁当とデイリーヤマザキの間の道を、市電通りに向かって進みます。

この旧東海道と平行して走る細い道沿いには、

KIMG0898.JPG

KIMG0899.JPG

当店からもっとも近い場所にある銭湯、「政の湯」があります。そういえば昨年初めから突如開始した、「銭湯へ行って来ました!」シリーズは、その1の「中島湯」から1年以上も頓挫したままですね(^^;;;;;

KIMG0888.JPG

そしてこんなお店もあったりします・・・未成年の方もご覧になってるかもしれず、教育上宜しくないので詳細は割愛します。でもそんなこと言っていたら、居酒屋もパチンコ屋も載せられなくなってしまいますが・・・。

そんな細い小道の、ちょうど新川通り側と市電通り側の真ん中くらいのところに、

KIMG0879.JPG

本日2軒目の目的地、「三鶴」があります。このネオン管(光ファイバーかな?)で表示された「中華料理 三鶴」が目印です。実は食べログで以前からこちらの存在は知ってたのですが、つい最近まで店の位置を把握できずにいました。旧東海道より2本3本奥の道を探していたのが原因です。

さっそく中に入ると、「いらっしゃいませ!」、先程営業時間を伺ったこちらのご年配の女将さんが、奥まで案内してくれます。

店内は奥までずーっと広く、手前にまずテーブル席(確か・・・)、それを過ぎると左側に流線型のカウンター席があり、さらに奥に大人数用のテーブル席があります。私は1名なのに、何故か奥の大人数用のテーブル席まで案内されました。カウンター席はがら空きなのですが(^^;;;;;、特別サービスでしょうか^^;

金曜日の夜からか、テーブル席は多くが埋まっていました、先程も申し上げましたが、カウンター席はがら空きです^^;

席に座ってまっていると、女将さんがメニューと共に、

KIMG0891.JPG

「これ本日のオススメですので・・・」と、おすすめメニューの黒板ごと持って来てくれました(^^;;;;;。これじゃあ、「ラーメン」だけ頼んで帰りづらい・・・、やりますな女将さん。

KIMG0895.JPG

KIMG0896.JPG

さっそくメニューを見ます、手書きですね。

KIMG0890.JPG

麺類のところを見ると、他の麺類がすべて「900(円)」のところ、「香麺」というものだけが「500(円)」になっています。これを見て直感で、これが中華そばに相当するものだ!と思いました。

KIMG0889.JPG

「焼き餃子 (4ヶ) 440(円)」があったので、「香麺」と一緒に頼みました。女将さんがいなくなったと思ったら、すぐに戻ってきて

KIMG0892.JPG

おしぼりと箸を置いていってくれました。ここで気付いたのが、箸の下に「箸受け」があります。中華料理店で箸受けを出してもらったのは、恐らく初めてです。

それにしても金曜の夜とは言え、こんな判りにくい場所にある中華屋で、これだけ賑わっているというのは凄いですね。昨年お伺いした「成喜」のように、地域の顔になっているのかもしれません。

5分くらいして、

KIMG0897.JPG

「ハイ大変お待たせいたしました」、さっきまでカウンターでデーンと構えていたはずの、こちらのご年配のご主人が、直々に運んできてくれました。そして向こうに行ったと思ったら、すぐに戻ってきて

KIMG0893.JPG

「お冷やこちらに置いておきますね」、おおっまたしても直々に、お冷やまでいただきました。隣にあるのが、先程お話した「箸受け」です。

まずは1つ110円相当の焼き餃子から、熱いうちに1つだけいただきます。「萬福大飯店」のジャンボ餃子ほど大きくはないものの、ボリューム感あって焼き加減のいい餃子には、白菜と挽肉がぎっしり詰まっています。ニンニクはそれほど効いていないので、ニンニクが苦手な方でも、比較的抵抗なくいただけると思います。

さて、肝心な「香麺」のほうもいただきます。

麺は細縮れ麺で、プリプリ食感で好感が持てます。麺の量は500円にしては、比較的多いのですが、ただ・・・。

具はネギ・・・だけなんですねえ・・・、麺の量が多いのは、「香麺」がいわゆる「素ラーメン」に相当するものだからかと思います。

スープは鶏ガラベースのあっさり醤油味で、塩加減が控えめな代わりに油が適度に浮いており、ややこってりして美味しくいただけます。

ごちそう様でした、「香麺」の具がネギだけに対する「そりゃないぜ!」感は僅かに残ったものの、ラーメンも餃子も味わいは抜群でした。「香麺」に関しても、他の麺類がすべて900円な事を考えると、単にコストパフォーマンスが低い結果、「素ラーメン」が500円ということなんだと思います。

味わいのよさは、この混み具合を見ればうなずけます。でも麺類にせめて「チャーシュー麺」に相当するものがあれば、これを基準に再審判?を下せるのですが・・・。

それにしても、麺類の中のサンダーラーメン・・・じゃなくて、「サンラータンメン」って一体どんなものなんでしょう?。今回存分にもてなしてもらった?事だし、深夜2時までやっていていつでも来やすいので、再訪候補に入れておこうと思います。


格安料金60分2000円で施術  {  指圧マッサージ サムライ  } 
川崎市 川崎区の 指圧マッサージ サロン



パソコン 川崎 指圧マッサージ サムライ メインHP 川崎 指圧マッサージ サムライ ispotページ



モバイル 川崎 指圧マッサージ サムライ メインHP 川崎 指圧マッサージ サムライ ispotページ



ブログの新作ご確認は、ツイッターが便利です
川崎 指圧マッサージ サムライ パソコン用ツイッター  川崎 指圧マッサージ サムライ モバイル用ツイッター
posted by サムライ斉藤 at 23:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 昔懐かしの中華そばを求めて

昔懐かしの中華そばを求めて その88「珍味閣」

今日は22時半頃に閉店を迎えました。先日いただいた

KIMG0877.JPG

がんこ餅」をおつまみに、やはり別の方から昨日いただいた、「薫り華やぐエビス」の残り1本をいただきました^^

冷蔵庫の中にはまだビールはたくさんあるのですが、今日も500ml缶1本に留めます。今日はこれから、2週間ぶりに中華そばブログネタの仕入れに出かけます。あっでも番外編ネタは、1週間前に仕入れていました(まだ未公開^^;)

今日は以前「アサヒ屋」や「ラーメン勇」にお伺いしたときにも話が出ている、「珍味閣」という中華料理店に向かいます。一番最初にこちらを知ったのは、アサヒ屋を訪れるちょっと前ですから、約1年経っての訪問になります。

行き先はアサヒ屋のブログのほうをご覧いただくと、わかりやすいと思いますが、単に旧東海道を八丁畷方面に進み、市電通りで左折するだけです。今日はアルコールを摂取しているので、歩いて目的地に向かいます。まあこういうのも、いい運動になります。

KIMG0880.JPG

こちらです、前に1回足を運んだ時は定休日(毎週木曜日)で、結局隣の「ラーメン勇」だけで終わってしまいました。中々うまい具合にタイミングが合わなかったのですが、こちらは24時まで営業しているので、来ようと思えばいつでも来れたはずです^^;

KIMG0881.JPG

298円の小皿メニューが豊富のようです、でも肝心な液体のほうはいかがかな?。そんな心配はいいとして、中に入ります。

「いらっしゃいませ」、男性店員が出迎えて、カウンター席に誘導します。店内は入り口左側にカウンター席、右側と奥のほうにテーブル席があります。金曜日の夜だけあって、恐らくは2次会(もしかすると1次会)の宴会客が、数グループ見受けられます。

さてメニューを・・・って思ったら、メニューが見当たらない・・・、よく調べたら

KIMG0882.JPG

カウンターの隅のほうに、まとめて置いてありました(^^;;;;;、閉店間際だから片付けたのでしょうか?

KIMG0883.JPG

お冷やとビニール入りのおしぼりが来ました、いいですねえこのセット。ここで「ラーメン 500円」を注文します。それにしても、今晩は天気が崩れるような事を言っていたのに、綺麗に晴れています。もし土砂降りだったりしたら、こんなに混んでなかったのかもしれないですね。

宴会客が次々と帰っていき、店内には数名のお客だけとなりました。閉店間際に自分1人だけがいつまでも居座るってのも、どうも落ち着かないので、どうか残りのお客がしばらく居座ってくれますように・・・^^;

KIMG0885.JPG

心配をよそに、4分くらいでラーメンが登場です!。野菜が高騰している中、緑色が際立っていいですねえ^^

麺は細くやや縮れていて、茹で具合はちょうどよく食感もよいです。麺の量は500円のラーメンとしては、妥当な量があると思います。

麺はメンマ・ネギ・チンゲン菜・チャーシューで、ネギはお気持ち程度しか入っていません。その代わりチンゲン菜の量は、比較的多く入っています、味付けはされていないようですが・・・。チャーシューは薄く小ぶりなものが1枚入っており、香辛料で味付けされているものの、薄味で美味しくいただけます。メンマはやや濃い目の味付けかと思いましたが、塩加減はちょうどよく、コリコリ感も適度にあり悪くはありません。

スープはあっさり鶏ガラ醤油味で、出汁が比較的効いていて塩加減は抑え目、割りとすっきりいただけます。

ごちそう様でした、具にやや隔たりはあるものの(ネギがもうちょっと欲しかった・・・)、あっさりラーメンとしては上出来です。本当は餃子も注文したかったのですが、別なところを訪問したかったので、今回はラーメンだけとなりました。

ワンコイン(500円)を支払って、店を出ます。残りのお客はどうやら、閉店まで付き合うようです。

今度は次の目的地、「三鶴」という中華料理店に向かいます。


格安料金60分2000円で施術  {  指圧マッサージ サムライ  } 
川崎市 川崎区の 指圧マッサージ サロン



パソコン 川崎 指圧マッサージ サムライ メインHP 川崎 指圧マッサージ サムライ ispotページ



モバイル 川崎 指圧マッサージ サムライ メインHP 川崎 指圧マッサージ サムライ ispotページ



ブログの新作ご確認は、ツイッターが便利です
川崎 指圧マッサージ サムライ パソコン用ツイッター  川崎 指圧マッサージ サムライ モバイル用ツイッター
posted by サムライ斉藤 at 23:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 昔懐かしの中華そばを求めて

2014年03月04日

昔懐かしの中華そばを求めて 番外13「磯丸水産 京急川崎店」

昨日ご来店のお客さんから、

KIMG0862.JPG

磯丸水産」の3号店オープン告知のチラシをいただきました。先月の24日にその事を把握しており、再訪問を考えていたので、ちょうどよかったです。昨日は行けなかったので、今日の閉店後にさっそく行って来ます。

KIMG0863.JPG

ちなみに「生ビール最初の1杯が10円!」なんてのもあります^^、でもあくまでも中華そばブログネタのためです。

KIMG0865.JPG

さてオープンしたという場所にやって来ました、華やかに営業しています。「枯れ木に華を咲かせましょう」とばかりに、今まで今ひとつパッとしなかった(ような気がする・・・)この辺の雰囲気を、一気に明るくしたようです。

さっそく中に入ると、「いーらーーっシャーーいまーーーせえぇぇぇぇぇぇぇ!」と威勢のいい掛け声で出迎えられます。店内はテーブル席・カウンター席混合で、右奥に細長くカウンター席があります。その一番端のカウンター席に案内され、おしぼりを受け取ります。

まずは先程お話した1杯目10円の生ビール、そして

KIMG0864.JPG

この「まぐろの2種盛り 498円」と、「つぶ貝の刺身 5xx円」を注文します。しばらくすると、

KIMG0867.JPG

生ビールとお通しが運ばれてきました。ビールの銘柄は忘れてしまいました、今回あまり重要ではなかったので(嘘です^^;)

KIMG0866.JPG

それにしても、お通しが何ともショボイ・・・、乾きもののオンパレードです(^^;;;;;。まあ今まで「えびせん」だの「ポテトチップス」だの「プリッツ」というようなお通しに、幾度となく遭遇してきたので、それほど驚きはしませんが・・・。内容はチーズたらと韓国のり、串に刺さっているのは酢だこのようで、私が嫌いな「イカ(T_T)」が入ってなかっただけまだマシです。

しばらく生ものの登場がなかったので、ショボ・・・バラエティーに富んだお通しをおつまみに、生ビールをいただきます。「これが1杯10円の生ビールなんだなあ」と思いながら、豪快にゴクゴクいっていると、

KIMG0868.JPG

お待ちかねの生もの登場です!。右がまぐろ種盛り、左がつぶ貝の刺身です。魚介専門店だけあって、どちらも新鮮です。まあ量はそこそこです、写真ではボリューム満点に見えますが、大根のツマという盛り土がしっかりしてありますから(^^;;;;;

せっかく生ものが来たので、生ビールをもう1杯もらいます、通常価格は490円です。同時に今回の主役「鳥ラーメン 590円」を、今のうちに頼んでおきます。

KIMG0869.JPG

大根のツマも貴重な栄養源ですから、残さずにしっかりと平らげます。こちらに飲食(特に飲酒)に来る方は、大抵食べずに残していくんでしょうね、これ食べとくと翌日の胃もたれが軽減されるのに・・・。

KIMG0871.JPG

一通りなくなった頃、「鳥ラーメン」が登場です!。ご丁寧に茶碗まで添えられてきましたが、これ使うほどの量はないのですが・・・。

麺は細ストレート麺で、やや堅い茹で上がりで食感はよく、私好みでした。ただ590円のラーメンとしては、麺の量はそれほど多くはありません。

具はネギと鶏もも肉の2本柱、ネギは切りたてのものが入っていて食感がよく、鶏もも肉も淡白な味付けで、美味しくいただけました。

KIMG0872.JPG

スープは上の写真をご覧いただくとお分かりのように、鶏ガラベースのスープではあるものの白濁しており、白湯麺のスープに近い味わいです。鶏の出汁の風味がしっかり出た、クリームシチューのような味わいのスープで、最後の一滴まで美味しくいただけました。

今回の鳥ラーメン、鳥貴族の「とり白湯めん」に匹敵するほど、上出来な一品でした。ただ「懐かしの中華そば」のスープとしては別物になってしまうため、惜しい気持ちをこらえつつ、番外編とさせていただきました。

KIMG0873.JPG

ごちそう様でした、伝票を持ってカウンターへ向かいます。お会計は全部で25xx円で、ショボ・・・バラエティーに富んだお通しは、何と!399円ですってよぉ(T_T)

お通しに関しては、今回当ブログ史上最高の「そりゃないぜ!」度を達成したものの、魚介系のお食事に関しては、やはりいい品揃っています。今後はこちらは私にとって、海鮮丼をいただく場となることでしょう。

KIMG0874.JPG

さっそくサービス券をいただきました、丼物のサービスはランチのみなんですが・・・、時間を見つけてまた来ますかねえ^^


格安料金60分2000円で施術  {  指圧マッサージ サムライ  } 
川崎市 川崎区の 指圧マッサージ サロン



パソコン 川崎 指圧マッサージ サムライ メインHP 川崎 指圧マッサージ サムライ ispotページ



モバイル 川崎 指圧マッサージ サムライ メインHP 川崎 指圧マッサージ サムライ ispotページ



ブログの新作ご確認は、ツイッターが便利です
川崎 指圧マッサージ サムライ パソコン用ツイッター  川崎 指圧マッサージ サムライ モバイル用ツイッター
posted by サムライ斉藤 at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 昔懐かしの中華そばを求めて

2014年02月27日

昔懐かしの中華そばを求めて その87「金華園」(矢向)

今日は「南武線鉛線 懐かしのラーメン巡りの旅」第2弾として、夕方の17時・18時台に時間を作って、外食に出かけます。今回こうやって、わざわざ夕方に時間を作って外食するなんて、当ブログ始まって以来ではないかと思います。

こんな未だかつてない事をしてまで向う先は、JR南武線「矢向駅」に程近い場所にある、「金華園」という中華料理店です。以前矢向駅近くの「志楽の湯」でバイトしてた頃、時々お伺いして「タンメン」などを注文していました。

こちらは特別何が凄い物やメニューがあるわけでもない、ただの中華料理店です。矢向駅近辺には他にも6〜7件の中華料理店(ラーメン店含む)がありますが、今回の「金華園」はその中でも、もっとも「昔からある中華屋」的なオーラを発していたため、他の店舗よりもよく利用していました。

KIMG0839.JPG

17時ちょっと前にJR川崎駅まで来ました、一番混雑しそうな時間帯ですが、並ばずにキップを購入できました。電車もすぐに発車したので、意外と早く矢向駅に着けます。

KIMG0841.JPG

7分くらいで矢向駅に到着です、ちなみに今日は雨降りです。

意外と早く着いたので、矢向駅近辺の散策を手短に・・・。

KIMG0840.JPG

昔から矢向駅前にドーンと構えている、「やおまさ」という八百屋は、未だ健在でした。ご主人らしき方が、威勢のいい声で客引きをしています。残念ながら昔からあった魚屋は、3年位前に、ドラッグストアに変わってしまいました。こういう光景って、今じゃ中々見れなくなりましたね、尻手駅の近くの「尻手銀座」内の八百屋でも、以前お目にかかれましたが。

KIMG0854.JPG

マクドナルドの隣にある「福楽園」という中華料理店です、最初この名前を見た時、「失楽園」と混同してしまいました(^^;;;;;。食べログページには情報はなかったのですが、こちらは23時過ぎまでやっています、ここもそのうち^^

KIMG0855.JPG

「福楽園」から少し奥に行った所に、「房屋」という中華風居酒屋的なお店があります、でもここはまだ1度も行った事がありません。24時までやっているようなので、ここもそのうち^^

KIMG0856.JPG

向かいには、いつも大して混んでもいないのに営業を続ける、「オリンピア」というパチンコ店があります。ここもそのうち・・・・・・いやいやいや、時間は大切にしないとダメです。

KIMG0842.JPG

再び駅前のバス通りまで戻ってきて、右手に「福のから」という唐揚げ専門店が、いつの間にか出来ていました。こういうタイプの唐揚げ店って、最近増えているのでしょうか、時々見かけます。

KIMG0843.JPG

踏み切りの方へ向かいます、右手には和菓子チェーン店「亀屋万年堂」が、その奥には以前お伺いした「おいしいラーメン 幸心」があります。では踏み切りを超えて、駅裏に向かいます。

KIMG0844.JPG

踏み切りを渡ってすぐのところには「スパーシーキッチン」という、インドネパール料理店と居酒屋が合体したようなお店があります。以前は別名の単なるカレー店でしかなかったのですが、3年位前に今の営業形態に変えると共に、看板もこのド派手なものにしてから、目立つわ目立つわ・・・。最初この看板を見た時、「アジアン居酒屋」が屋号かと勘違いしていたくらいです^^;

KIMG0845.JPG

おっ!、「麦とホップ 樽詰」が199円、これは近いうちに訪問しなければ!

KIMG0853.JPG

もうちょっといったところに、「絶の味」というラーメン店があります。以前は「柳麺」というあっさり系ラーメンの店があったのですが、いつの間にかこの家系ラーメン店に変わってしまいました。

この「絶の味」のある所をさらに奥に進むと、

KIMG0846.JPG

右手にこのような中華料理店があります、こちらが今回の目的地「金華園」です。お昼の営業は14時で終わってしまい、夕方は17時からなので、今回こうやって夕方にやって来たのです。時間がないので、早速中に入ります。

「いらっしゃいませ」、中から声が聞こえます、こちらはご年配のご夫婦で営業されています。

KIMG0847.JPG

店内はあまり広くはなく、このようなテーブル席が数席あるだけです。カウンターも一応はあるようですが、狭くてあまり機能していないようです。夜の部の開店直後とあって、まだ先客はいないようです。この調子だと、あまり待たなくても出てきそうでよかったです。

KIMG0848.JPG

KIMG0849.JPG

メニューはご覧の通り、驚くほど激安でも激高でもなく、ごく普通の料金設定です。女将さんがお冷やを持ってきてくれたので、「ラーメン 550円」と、せっかくはるばる来たので「餃子 450円」も注文します。実はこちらで普通の醤油ラーメンを頼むのは、今回が初めてです。今まではタンメンとかチャーハンばかりだったので、どんな出来なのかが期待されます。

3分くらい過ぎた頃から、続々と来客がありました、紙一重で順番待ちになるところでした。こちらは夜は比較的賑わっているので、やはり訪問するならお昼がベストですね。

KIMG0852.JPG

こちらでは市販品のラー油ではなく、手作りラー油のようです。底のほうに唐辛子が溜まっているので、お好きな方はすくって利用します。私は液体部分だけを使い、固形分は入れません。

KIMG0850.JPG

「はいラーメンです」、おおっ!まずはラーメンから登場です。隣の小皿は、餃子用の醤油入れです。

麺は普通の太さのやや縮れた麺で、若干柔らかめですが太さがあるので、食感は悪くはないです。麺の量は550円のラーメンとしては、妥当な量だと思います、ガッツリ系には物足りないかもしれないですが・・・。

具はメンマ・ネギ・ナルト・チャーシューで、基本的な懐かしの中華そば具材は、すべて揃っています。メンマは歯応えが今ひとつにも感じますが、味わいはよいです。ネギは輪切りのものが普通に入っていて、食感はいいです。チャーシューは脂身が比較的多く、広めのものが1枚入っており、淡白な味わいで美味しくいただけます。

スープはいわゆる鶏ガラあっさり醤油味で、隠し味に生姜が使われているようで、すっきり美味しくいただけます。

KIMG0851.JPG

ラーメンがスープだけになった頃、餃子が登場です!。黒焦げすぎず、焼き不足もなく、ちょうどいい焼き具合です。こちらの餃子は結構ニンニクが利いていて、ひき肉の割合も比較的よいです。恐らくは皮も自家製と思われ、しっかりした厚みがあります。熱々なのですが、異常なほど肉汁が出てくるわけではないので、食べる際にはそれほど支障をきたしません。

ごちそう様でした、1年10ヶ月ぶりくらいに訪問した今回の「金華園」、未だ私の期待に大きく応えてくれました。周りに「日高屋」が出来、「松屋」が出来、競合店が多くなって大変でしょうが、これからもご活躍を願っております。

今回の「金華園」、営業時間が20時までと早く閉まってしまうため、次はいつ来れるかわかりません。でも「矢向」は私にとっては、長く関わってきた憩いの場でもあるので、また時間を見つけてはこちらにお伺いしたいと思います。

雨足が強くなり、時間も残り少なくなったので、急いで帰ります。とりあえずは、「スパイシーキッチン」、近々お伺いします!


格安料金60分2000円で施術  {  指圧マッサージ サムライ  } 
川崎市 川崎区の 指圧マッサージ サロン



パソコン 川崎 指圧マッサージ サムライ メインHP 川崎 指圧マッサージ サムライ ispotページ



モバイル 川崎 指圧マッサージ サムライ メインHP 川崎 指圧マッサージ サムライ ispotページ



ブログの新作ご確認は、ツイッターが便利です
川崎 指圧マッサージ サムライ パソコン用ツイッター  川崎 指圧マッサージ サムライ モバイル用ツイッター
posted by サムライ斉藤 at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 昔懐かしの中華そばを求めて

2014年02月23日

昔懐かしの中華そばを求めて その85「加賀屋支店」

今日朝イチでご来店のお客さんから、「京浜東北線が脱線した」というニュースをお伺いしました。

詳しいことがわからないうちに、お昼にご予約のお客さんから電話がありました。例の脱線事故の影響で電車が動かず、向かえなくなったそうです。どうやら京浜東北線は、まったく動いていないようです。

そのため、12時から1時間半くらいの空き時間が出来ました、こうなったらもう外食しかありません(どういう理屈でしょう^^;)。向かうは以前から目を付けておきながら、伺う機会を何度も逃していた、渡田の「加賀屋支店」という大衆食堂です。

12時ちょっと過ぎに、自転車に乗って出かけます。新川通りの右側の歩道を海側にまっすぐ進み、15号線を突っ切って「スーパー五光」を過ぎた次の道を右に曲がってしばらく進んだところに、

KIMG0815.JPG

今回の目的地である、「加賀屋支店」があります。「支店」というくらいですから、どこかに本店があるのでしょうか?、調べた限り川崎区内にはないようです。

KIMG0816.JPG

置き看板に記載の料理名を見る限り、大衆食堂というよりは、れっきとした中華料理店ですね。「チャンポンメン」を扱っているところって、結構貴重です。まあ今回はあくまでも、「中華そば」に留めますが・・・。ではさっそく入店!

「いらっしゃいませ!」、若い女性店員が出迎えです。・・・と思ったら、私服じゃないですか、どうやら帰りの時間のようです。奥から50代後半くらいであろう、こちらの女将さんらしき方が出てきて、お冷やを持ってきました。

KIMG0812.JPG

KIMG0813.JPG

メニューを一通り見た後、「ラーメン 500円」を注文します。「カツライス 750円」というメニューがありますが、残念ながらカレーライス類はないようです。

店内はお昼時だというのに、ご年配の女性が1名だけです。女将さんがその女性に「日曜日だってのに、こんなの初めてだよ」と嘆くと、女性が冗談交じりに「みんな電車が脱線したのでも見に行ったのかねえ・・・」と返していました。

しかし「日曜日なのに閑散」の理由はもう1つありました、奥にあるテレビでマラソンを中継しています。そう、今日は東京マラソンがあったんです、こちらも少なからず影響しているかもしれません。経済効果を上げる目論見も少なからずある東京マラソンも、一方で飲食店の客足を遠ざけてしまっていますね。

KIMG0814.JPG

東京マラソンを適当に見ている間に、ラーメンが登場です!。食べログに掲載の写真と同じく、鮮やかな見た目です。

麺は細縮れ麺で、茹で具合は丁度よく食感がいいです。麺がスープを適度に保持しており、美味しくいただけます。

具はメンマ・ネギ・ナルト・ほうれん草・チャーシューで、完璧なキャスティングです。メンマは適度な歯応えがあり、味付けも濃すぎずいい感じです。チャーシューは脂身が適度にあり、淡白な味付けで美味しくいただけます。ネギの食感もよく、ほうれん草もお気持ち程度ながら、彩やかさを引き立てています。

スープは鶏ガラあっさり醤油味で、やや塩分が強めかな?とも思いましたが、比較的すっきり美味しくいただけます。

ごちそう様でした、これぞ懐かしの中華そば!といえる、見事な逸品でした。今日は運悪くマラソンの影響(もしかすると脱線の影響・・・?)を受けてしまいましたが、来週からはきっとまた賑わいますよ^^

それにしても先程の若い女性店員、お昼時に終了って、もしかしてお客の入り具合が影響したのでしょうか?、いや単に午前だけだったのかもしれませんが・・・。

・・・そんな事を思っていると、数名のお客さんが来店です、どうやら脱線現場から戻って来られた・・・って事はないでしょうが・・・。

お会計を済ませ店を出ます、また1つ発見した、昔ながらの大衆食堂的中華料理店でした。これからも、大手外食チェーン店に負けることなく、ご活躍を応援しております。


[ 追記 ]

結局京浜東北線は、丸1日不通だったようです。原因は23日の夜中に、工事用車両と回送車両が衝突したようです。死者が出なかっただけ、不幸中の幸いですね。


格安料金60分2000円で施術  {  指圧マッサージ サムライ  } 
川崎市 川崎区の 指圧マッサージ サロン



パソコン 川崎 指圧マッサージ サムライ メインHP 川崎 指圧マッサージ サムライ ispotページ



モバイル 川崎 指圧マッサージ サムライ メインHP 川崎 指圧マッサージ サムライ ispotページ



ブログの新作ご確認は、ツイッターが便利です
川崎 指圧マッサージ サムライ パソコン用ツイッター  川崎 指圧マッサージ サムライ モバイル用ツイッター
posted by サムライ斉藤 at 23:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 昔懐かしの中華そばを求めて