2014年10月26日

銭湯に行って来ました その2「ヌーランドさがみ湯」

今日は閉店後に、京急雑色駅から程近い場所にある、

KIMG2147.JPG

KIMG2148.JPG

ヌーランドさがみ湯」という銭湯に行ってきました。

当店アシスタントが、近頃の私の忙しさとそれに伴う疲労感を気遣ってくれ、銭湯への入浴を勧めてくれたので、アシスタントに案内されはるばるやってきました。銭湯へ行くのは一昨年の1月に、「中島湯」に行った以来です。「銭湯に行って来ました」というカテゴリーを開始しておきながら、「その2」は1年9月ぶりになってしまいました^^;

場所は先程も申し上げたように、京急雑色駅から程近い場所なのですが、説明がややこしいのでこちらを五乱いただいたほうがいいです(要するに面倒くさいだけ・・・)

21時ちょっと過ぎくらいにやって来ました、日曜日の夜とあって、驚くほど混んではいませんでした。それでも銭湯としては、賑わってるほうでしょうね。

KIMG2149.JPG

まずはこの券売機で、利用券を購入します。こちらの2階には食事や休憩が出来るスペースがありますが、この場合「全館利用 800円」になってしまいます。今回は入浴のみを考えていたので、

KIMG2150.JPG

「入浴のみ 450円」を2枚購入します。銭湯料金は450円になってから、一応は落ち着いているようです、いつ500円に値上がりするかと心配でしたが・・・。

利用券を購入した直後、券売機のすぐ横に

KIMG2151.JPG

このような張り紙を見つけました。

お知らせ

2階でお食事が出来ます。
フロントで受付後
90分制となります。
※お風呂の2度入は
出来ません!!


何と!、「入浴のみ」の利用券でも、「お風呂は1回上がったら終わり」「90分間のみの利用」という条件で、2階のお食事・休憩スペースを利用できるようです。これは良かったです、入浴後何か食べようかと考えていたものの、食事料金のほかに利用料を取られるため、断念していたので・・・^^

下駄箱に靴を預けて、フロントに向かいます。ここで2階で食事したい旨を伝えると、ラストオーダーは21時半と言うことです、あと20分弱しかない・・・(T_T)

結局ラストオーダー10分前くらいにお風呂から上がって、2階を利用することにしました。とりあえずは当店アシスタントと別れ、男湯に向かいます。これから先、館内の風景写真は撮影できないので、文章のみでの説明となります。

脱衣所は広々していて、ドライヤーは整髪料なども揃っているようです。ロッカーはフロントから鍵を受け取るタイプではなく、最初から鍵が刺さっていて、利用の都度鍵を閉めて利用するタイプです。

浴室は結構広く、天然温泉の黒湯をはじめ、ジャグジーや寝風呂・ジェットバス、狭いながらも露天風呂も用意されています。サウナもありますが時間もなく、入浴のみでは利用できないだろうと思っていたので、中は見ませんでした。

電気風呂以外のお風呂に一通り入ったあと、さっと体などを洗ったりして、浴室を出ます。リンスインシャンプーやボディーソープも備え付けです、どこでもそうなのですが、リンスインシャンプーは使いにくいです・・・。

着替えに時間がかかったので、フロントに着くのが4分くらい遅れてしまい、当店アシスタントが先に待っていました。それでもギリギリセーフ、お会計用のバンドを受け取り、2階へ向かいます。

2階には畳20畳以上はあるであろう、広々したお座敷があり、長テーブルと座部論が置かれています。このご立派な空間を、映像でお見せできないのが残念ですが、さがみ湯のHPでご確認ください。

席に腰掛けると、先程伝えられた通り、いきなりラストオーダーです。ただしドリンクはもう少し後まで、注文できるようなので、とりあえず

KIMG2156.JPG

ラーメン550円と

KIMG2157.JPG

生ビール中(私用)500円・瓶ビール(アシスタント用)500円、あと枝豆(値段忘れ・・・)を注文します。

KIMG2152.JPG

程なくして瓶ビールが登場です、瓶ビールも生中も値段は一緒なんです。瓶ビールは一見、樽生より味が落ちると思われがちですが、実は品質が安定しているので、樽生よりも好まれる場合も多いようです。樽生はサーバーの洗浄具合や品質管理によって、劇的に美味しいときもあれば、缶ビールにも劣るような味の時もありますからね。

KIMG2153.JPG

私の生中が来たところで、乾杯です!。当店アシスタントは既に軽く食事を済ませているので、

KIMG2154.JPG

私だけがラーメンをいただきます、このお味については別ページで^^

入浴と食事合わせて1時間弱の時間でしたが、久しぶりに湯船に浸かることが出来、いい気分転換になりました。たまにはこうやって、ゆっくりお風呂に浸かるのもいいですね、今度はもっと早い時間から色んな銭湯めぐりをしていきたいと思います。


格安料金60分2000円で施術  {  指圧マッサージ サムライ  } 
川崎市 川崎区の 指圧マッサージ サロン



パソコン 川崎 指圧マッサージ サムライ メインHP 川崎 指圧マッサージ サムライ ispotページ



モバイル 川崎 指圧マッサージ サムライ メインHP 川崎 指圧マッサージ サムライ ispotページ



ブログの新作ご確認は、ツイッターが便利です
川崎 指圧マッサージ サムライ パソコン用ツイッター  川崎 指圧マッサージ サムライ モバイル用ツイッター
posted by サムライ斉藤 at 23:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 銭湯に行って来ました

2013年01月30日

銭湯に行って来ました その1「中島湯」

今朝、十数ヶ月ぶりに銭湯に行って来ました、しかも朝の5時からです^^;;;

という事でいきなり今回から、「銭湯に行って来ました」というシリーズを開始します。第1弾はかつて相模原市民だった頃、大変お世話になった「中島湯」です。場所は川崎区中島の、商店街の途中にあります。

今朝4時40分頃、まだ真っ暗で冷え切った中を、タオルだけ持って自転車を濃いで市役所通りを海側に直進します。東田町→榎木町→宮前と続き、歩道橋を2つ越えたあたりで中島に入ります。この歩道橋のある交差点ですが、自転車用の通路がありません。なので、1つ目の歩道橋ではスロープに自転車を乗せて引きずって昇り降りしなければならず、2つ目の歩道橋にいたってはスロープもないので、担いで昇り降りしなければなりません。

そんな山あり谷ありの道のりを進むと、やがて

KIMG0259.JPG

右側にこのような「中盛会通り」と書いたゲートが見えてきます、ここが中島の商店街です。ここを入ってしばらく進むと、右手に

KIMG0260.JPG

このようにご立派な銭湯「中島湯」があります。

玄関をくぐり下駄箱に靴を入れ、鍵を抜きます。では1年2ヶ月ぶりの中島湯(川崎近辺の銭湯も1年2ヶ月ぶりなのですが・・・)へ入店します。

「いらっしゃませぇ」、毎度おなじみ、キンキン声のおばちゃんが番台にいました。券売機で大人入浴券(450円)とサウナ利用券タオルなし(100円)がセットになった「入浴+サウナ(タオルなし) 550円」を購入します。自動販売機の写真を撮るのを忘れてしまいました(T_T)

下駄箱の鍵と利用券を渡すと、代わりにロッカーの鍵とサウナ室の鍵を渡されます。あとは小さい容器に入ったシャンプー・リンス(各30円)を購入します。

さっそく右側の「男湯」に進みます、左側には「女湯」と「休憩所」があります。朝5時まわったばかりなのに、既に7人くらいいます、夜勤明けかご近所の方でしょうか?。いや、もしかするとかつての私のように、家に戻る時間がもったいなくて、銭湯でつかの間のひと時を過ごしているのかもしれません^^;

タオルとシャンプー・リンスを持って、浴室に向かいます。

こちらの銭湯の素晴らしい所は、たったプラス100円でサウナに入れることです(タオル無しの場合)、今時550円でサウナ付きの銭湯はないです。

あとは「半露天風呂」という、一応屋外なんだけど周りが囲まれている浴槽があります。すぐのぼせてしまう方は、こちらのほうが向いているかもしれません、私はいくらでも入っていられそうです。

そして、一応「天然温泉」の「中島温泉(黒湯)」に入れます、もっとも沸かし直しですけどね。ただこちらはそんなに熱くありませんから、最後は普通のお湯に入ったほうがいいです。

こんな極楽空間に1時間半も居座ってしまいました^^、そろそろ帰って開店の準備をしなければなりません。鍵を返すと、「ありがとうございましたぁ」と、再びキンキン声のおばちゃん・・・かと思ったら、オヤジさんに声をかけられます^^;;;

でもやっぱり、お湯に浸かるってのはいいですねえ^^、これからちょくちょく銭湯巡りをしていこうと思います。次回の予定は、やはり相模原市民時代にお世話になった、川崎区藤崎の「ニュー銭湯かまぶろ」です。


格安料金60分2000円で施術  {  指圧マッサージ サムライ  } 
川崎市 川崎区の 指圧マッサージ サロン



パソコン 川崎 指圧マッサージ サムライ メインHP 川崎 指圧マッサージ サムライ ispotページ



モバイル 川崎 指圧マッサージ サムライ メインHP 川崎 指圧マッサージ サムライ ispotページ



ブログの新作ご確認は、ツイッターが便利です
川崎 指圧マッサージ サムライ パソコン用ツイッター  川崎 指圧マッサージ サムライ モバイル用ツイッター
posted by サムライ斉藤 at 23:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 銭湯に行って来ました